ネットスーパー「クックパッドマート」がサービス開始へ 小売店と通販の共存となるか?

9月14日(金)8時58分 STANDBY


クックパッドは、生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」を9月中に都内の一部で開始すると発表した。

「クックパッドマート」は、スマートフォン向けアプリで利用できる生鮮食品ネットスーパー。街の精肉店や鮮魚店、ベーカリーなどの商品を購入することができる。購入した商品は、「なんでも酒やカクヤス」「ドラッグストア スマイル」「ツルハドラッグ」「カラオケの鉄人」「Y2T STAND」の一部店舗に配送され、利用者はその店舗で受け取ることができる。送料は無料で1品から利用可能だ。

また、クックパッドに掲載されているレシピに紐付いた食材セットなども購入可能。作りたい料理をクックパッドで調べて、必要な食材をアプリ上で一括注文するということもできる。

たとえば最寄り駅から家までの帰り道に受け取り店舗があれば、出先で食材を注文し、帰り際に受け取るなどといったことも可能。通常のネットスーパーのように、商品が配達されるのを家で待機する必要もなく、さらには買い物をする時間の短縮にもつながるというわけだ。

まずは東京都の渋谷区、世田谷区、目黒区でサービス開始となる「クックパッドマート」。SNSでは、「新しい試みでわくわくする」「近所に精肉店がないから利用したい」などと興味を示すネットユーザーも多い。しかし一方で、受け取り店舗が限定されているということで「コンビニと組んで欲しい」などといった声もあった。

近年、ネット通販の普及によって街の小売店が打撃を受けているといわれているが、「クックパッドマート」の場合、街の小売店の商品をアプリを介して販売するため、むしろ小売店支援の側面も強い。ネット通販と小売店の共存を実現するサービスとしても、注目が集まりそうだ。
(小浦大生)

■関連リンク
・クックパッドマート – 毎日が楽しみになる、食材店。
https://cookpad-mart.com/

STANDBY

「クックパッド」をもっと詳しく

「クックパッド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ