オダギリジョーの身体に何が起きているのか? 会見で語った「健康診断の結果」 業界に沸き起こる不安の声

9月15日(日)7時0分 TABLO

人気俳優のオダギリジョーさん(43)が会見で話した「ある一言」にファンから心配の声が寄せられています。

オダギリさんは9月9日、今月13日から全国公開される長編監督デビュー映画『ある船頭の話』について、東京・千代田区の日本外国特派員協会にて海外メディアとの質疑応答会見に臨みました。

その際、オダギリさんは映画監督に挑戦した理由について、

「いくら作りたいと思っても、俳優の立場を利用して甘えて撮るのはいいことじゃないと思っていた」

と、俳優ならではの葛藤があったことを吐露。しかし、それでも腰を上げた理由について「詳しくは話せない」としながら「健康診断の結果があまり良くなくて。大げさな話、残された自分の時間を改めて考えて、やっぱり映画が撮りたいと思った」と明かしたのです。

この意味深な一言について、ネットではザワつきの声が続出。「どういうことなのか気になる」「今すぐどうってことではないけれど数値とかが良くなくて自分の身体を整える必要があるとか。それで色々と考えるきっかけになったと受け止めたい」「ショック受けてる。『健康診断の数値が良くなりました!』という報告を待ってる」「まだ43歳だから無理しないで」といったファンからの心配の声が寄せられています。

オダギリさんは10月より12年ぶりに過去の代表作的なドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)の続編・『時効警察はじめました』(テレビ朝日系)で主演することが話題に。この作品は現在でもカルト的な人気を誇っており、ファンからは喜びの声が上がっていました。それだけに、重篤な病気に罹っているとは考えられない気もしますが…。

「オダギリさんは俳優業に監督業と仕事もノリに乗っているし、プライベートでも女優の香椎由宇さんと2人のお子さんと円満な家庭を築くなど、公私共に幸せなはず。とはいえ、2015年にまだ小さい次男を病気で亡くすという辛い経験をされているオダギリさんが、何の考えもなく自身の身体の不調を公の場で打ち明けることはしないでしょうから、関係者間ではオダギリさんの体調を心配する声が上がっています」(芸能事務所勤務)

唯一無二のオーラをまとう個性派俳優・オダギリさん。自分や家族、ファンのためにも、まずは健康第一で体を大事にしてほしいものです。(文◎小池ロンポワン)

TABLO

「会見」をもっと詳しく

「会見」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ