「かわいい嫉妬」と「ガチでめんどい嫉妬」の違いとは?

9月15日(日)21時30分 yummy!

たとえどれだけ彼氏を信じていたとしても、心の奥からふつふつと湧き上がってくる「嫉妬心」を抑えることは難しいことです。
もちろん嫉妬は愛情の一つでもあるので、無理やり押し殺す必要はありません。しかし、だからといって感情のままに嫉妬をしてしまえば、彼氏から「面倒な女」の烙印を押されてしまうことがあるので、要注意。
そこで今回は「『かわいい嫉妬』と『ガチでめんどい嫉妬』の違いとは?」をご紹介したいと思います。

マジになりすぎない


男性が理想とする「かわいい嫉妬」というのは、言い方を変えれば「軽い嫉妬」です。女性が笑顔で一言「私以外の女の子を見ちゃダメだよ」と、言うだけで充分なんです。それ以上の嫉妬は求めていません。
だからこそ、真顔のマジモードで「私以外の女の子を見たら、許さないから」と言われれば、ドン引きしますし、ガチでめんどいと思われてしまいます。
女性はマジモードで嫉妬することで彼氏に愛情表現をしようとしてしまいがちですが、男性にしてみれば女性のマジモードほど恐ろしいものはないので、眉間にシワをよせるくらいマジになって嫉妬するようなことがないよう、気をつけましょう。

疑いよりも愛を伝える


嫉妬をするとき、恐らく心のどこかに、「自分以外の女を見ているのではないか……」という彼に対する疑いの気持ちが隠れているはず。しかし、彼に一番伝えたいことは、彼氏のことが本当に好きだという気持ちですよね?
だからこそ、彼氏に嫉妬するときは、疑いの言葉の何倍も多く、愛の言葉を伝えてください。「かわいい嫉妬」は、疑いよりも愛を強く伝えられる嫉妬です。その反対に、愛よりも疑いをより強く伝えようとしてしまう嫉妬は「ガチでめんどい嫉妬」になってしまいます。
私以外に好きな女はいないよね? という言葉で彼を責め立てるのではなく、あなたのことが大好き。という言葉をたくさん聞いた方が彼氏も嬉しいはずです。

かわいい女性を演じられるか


「かわいい嫉妬」ができる女性はたとえ嫉妬をするときであっても、「彼氏にかわいいと思われたい」という気持ちを忘れていません。だからこそ、柔らかい言い方をしたり、ちょっとおどけてみたり、微笑んでみたり。
まるで、片思いの男性を落とすときと同じような態度で嫉妬をすることができれば、男性は間違いなく「かわいい嫉妬」だと感じるはず。
つまり、「かわいい嫉妬」をするためには、ほんの少し自分がかわいい女を演じる必要があるということです。間違っても、犯人を見つけ出す探偵のように鋭い目つきをしてはいけません。
「かわいい嫉妬」というのはその言葉通り、女性のかわいい表情やかわいい言い方で決まるといっても過言ではありません。

まとめ


いかがでしたか? 女性にとって嫉妬は「醜い感情」に思えるかもしれませんが、そんなことは決してありません。
大切なのは、自分の嫉妬心を上手にコントロールすることです。上手にコントロールすることができれば、嫉妬することで彼とあなたの関係が今以上に近づくはずです。
あなたに嫉妬されることが彼氏の喜びになるように、嫉妬をするときこそ、可愛い女性を演じてみてくださいね。
(遠矢晶子/ライター)

yummy!

「嫉妬」をもっと詳しく

「嫉妬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ