かわいいOLが豹変!異色サンリオ『アグレッシブ烈子』に爆笑

9月16日(月)15時50分 女性自身

家の中で楽しめるエンタメや流行を本誌記者が体験する“おこもりエンタメ”のコーナー。今回は記者イチ押しのアニメ『アグレッシブ烈子』をご紹介します!



■Netflixオリジナルアニメシリーズ『アグレッシブ烈子』シーズン1〜2独占配信中



主人公の烈子はレッサーパンダ、上司は豚、同僚はフェネックと、動物を擬人化したこのアニメは、商社で働く25歳さそり座A型独身の烈子の日常が描かれます。



典型的な真面目キャラの烈子が、上司のハラスメントや新人社員の理不尽な態度などに耐え、ストレスマックスになると向かうのがトイレか激安カラオケボックス。そこでファンシーな烈子の表情が一変。歌詞が聞き取れないほどのデスボイスで(歌詞字幕が出ます)メタルを歌い、ストレスを発散させるのです。



ふだんとの表情の落差、デスボイス、ヘヴィメタルの組み合わせがサンリオの異色キャラと話題を呼んでいます。世界各国のメディアでも取り上げられ、海外でも共感を呼んでいるとのこと。



1話各約15分×10話。シーズン1は烈子に起こるトラブルをリアルに感じながらも、ほぼうなっているシャウトシーンに笑い、気軽に見進めることができますが、シーズン2はお見合いを勧めてくる母親の言葉などが見ている側の身に刺さってくる生々しさで、ヘヴィさが加わった感じです。デスボイス登場率も控えめかも。



恋に決着をつけた烈子がシーズン3でどんなデスボイスを聞かせてくれるのか、すでに楽しみで仕方ありません。

女性自身

「サンリオ」をもっと詳しく

「サンリオ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ