妊娠時から夫婦でワークライフバランス…東京都が「みらい手帳」

1月29日(木)15時15分 リセマム

パパとママが描く みらい手帳

写真を拡大

東京都は1月28日、夫婦でワークライフバランスを考えるための啓発冊子「パパとママが描く みらい手帳」を作成したと発表した。パソコンやスマートフォンに対応したWeb版も2月6日から公開するという。

 仕事と家庭を両立させるためのワークライフバランスの重要性について夫婦で共有し、出産後の家事・育児に男性が積極的に参画するための意識啓発を図ろうと、東京ウィメンズプラザが作成した。

 夫婦で子育てに励む生態を持つペンギンのイラストを採用。ペンギンのキャラクター「みらいちゃん」が、ワークライフバランスなどについてわかりやすく解説する内容となっている。

 視覚的に内容を理解できるように4コマ漫画も掲載。夫婦で話し合いながら記載できるワークシートも複数あり、長く使えるように工夫したという。

 冊子は、平成27年4月から都内の区市町村において母子健康手帳と一緒に妊娠時に配布。子どもが生まれる前から、夫婦でワークライフバランスについて考えるための後押しとする。

 スマートフォンに対応したWeb版も作成し、2月6日(金)午後2時から東京ウィメンズプラザのホームページに掲載する予定。

リセマム

妊娠をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ