相手によって会話内容を変える? 「おじさんに流行はわからないから」の声も

9月16日(月)11時1分 しらべぇ

会話(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

どのような内容を取り上げるかによって、会話が弾むかどうかは変わってくる。相手によって、会話内容を変えている人も多いのではないだろうか。


■7割が相手によって会話内容を変える

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、「会話について」の調査を実施。

話す相手に寄って会話内容を変えるグラフ

「話す相手によって会話内容を変える」と答えた人は、全体で70.0%と高い割合だった。


関連記事:おしゃべりなコミュ障って?よくしゃべる人の自宅反省会

■10代も会話内容に気を遣う

性年代別では、10代でも7割を超える高い割合になっているのが印象的だ。

話す相手に寄って会話内容を変える性年代別グラフ

若い世代は、年上の人たちとの会話で気を遣っているようである。

「おじさんやおばさんに自分が気に入っている音楽の話とかしても、絶対に通じない。だから自分からは、そんな話をしないようにしている」(10代・女性)

■言葉を選びすぎても楽しくない

一方で人と会話するときに、言葉を選びすぎることに抵抗を感じている人もいる。

「人に対して気を遣うことは重要だけど、あまりに言葉を選びすぎて楽しい会話ができなくなるのは本末転倒だと思う。


だから僕はできるだけ好きなことを話すし、周囲の人たちも気にせずにいろいろと話してほしい。そのおかげで、自分の興味の幅も広がるかもしれないから」(20代・男性)


■好きなことばかり話しているのに気づいていない

今回の調査では、7割の人が話す相手によって会話内容を変えると答えている。しかしながら気づかないうちに、自分の好きなことを話している人が多いとの指摘も。

「相手に合わせて会話の内容を考えるのは、コミュニケーションの基本だと思う。それなのに、意外とできていない人が多い。


自分の好きなことをただひたすら話して、それで満足してしまっている人とか。さらには、会話の内容を相手に合わせていないことに気づいていない人も多い気がする」(40代・男性)


コミュニケーションが上手な人は、自然に会話を相手に合わせられるのだろう。


・合わせて読みたい→12星座ランキング! 会話が続かないとき笑って誤魔化す星座は…


(文/しらべぇ編集部・ニャック



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年8月9日〜2019年8月14日

対象:全国10代〜60代の男女1,653名(有効回答数)

しらべぇ

「おじさん」をもっと詳しく

「おじさん」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ