買い物中に感じた男女差別に共感の声 ディーラーへ話を聞くと…

9月16日(月)7時21分 しらべぇ

ディーラー(Greentellect_Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「若者の車離れ」というワードをよく耳にするものの、車は依然として我々の生活になくてはならない存在だ。女性向け掲示板『ガールズちゃんねる』では、ある女性がディーラーで受けた対応内容に注目が集まっている。


■露骨すぎる態度

車の買い替えを考え、近くのディーラーに1人で向かったトピック主。店内にいた男性の営業員からは挨拶もなく、何とも感じの悪い対応を受けてしまう。

「どうせ女1人じゃ決められない冷やかしだろ」という態度がヒシヒシと伝わってきたため一度は引き返すが、同店に後日電話した際に対応してくれた人物が感じの良い人だった模様。

その後はトントン拍子で話が進んで車を購入したトピック主を見て、感じの悪かった営業員は「しまった! 本当に買う気だったのか」と驚きの表情を浮かべていたという。


関連記事:高齢者に「荷物を運んでほしい」と声をかけられ… その後の反応に驚き

■「考えが甘すぎる」と指摘の声

「女性蔑視ではないか」と疑問を投げかけるトピック主に対し、ネット上では…

「デキるディーラーは奥さんが財布の紐を握ってることを知ってるから、女性にこそ積極的に営業トークをかけてくるはず。その営業員は考えが甘かったね」


「私もディーラーで車買うときに、お店側が夫としか話す気ない感じがして不快な思いをしました」


「ディーラーだけでなく、住宅展示場に女性1人で行くとスルーされることが多い…」


といった声が多数寄せられた。どうやらディーラーで差別的な対応を受けた経験がある女性は、少なくないようだ。


■性別で見る車の買い方

実際、ディーラー側は男女ごとに接客をどのように変えているのだろうか。しらべぇ編集部では大手車メーカーに務めるSさん(40代男性)に、話を聞いてみた。

Sさん:私たちからすると、単身でご来店された女性客を無下に扱うことは考えられません。むしろ女性こそ「一番車を買ってもらいたい」お客様なのです。


男性の場合は車の性能や他社製品との「比較」が購入の決め手となるかたが多いですが、女性は私どもを「信頼」して購入を決めてくださるケースが多いです。「他の店を見てから決める」という男性が多い中、即決で購入されるかたが多いのも女性客の特徴です。


そのため、女性客にはとくに親身になって誠実な営業を心がけているのだという。「不景気」と嘆かれ続けている日本経済だが、景気回復のカギは女性たちに委ねられているのかもしれない。


・合わせて読みたい→高齢者が運転する車がコンビニに衝突 目撃者「踏み間違いでは」


(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ



しらべぇ

「男女差別」をもっと詳しく

「男女差別」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ