間違いなく不幸になる恋愛とは…?

9月17日(日)21時15分 All About

これをすれば、間違いなく恋愛で不幸になれます。つまりそれを知っていると幸せになる方法もわかるということです。

写真を拡大

不幸になる方法を伝授!

恋愛で不幸になる人には、必ず理由があります。そこには、本人は気付かずにやってしまっている、嫌われる言動もあるものです。

ここでは、そんな“恋を壊す要素”をいっぱい詰め込んだ「恋愛で不幸になれる方法」を10個紹介します。この方法を知ることで、むしろ幸せになれる恋愛も分かってきますよ!

方法1:過去を引きずり、いつまでも失った恋にこだわり続けましょう

新しい恋のチャンスがあっても、わざと過去の恋愛を思い出し、以前好きだった相手と今の相手を比べましょう。

月日と共に元恋人の記憶が良いように書き換えられていることにも気付かないようにして、「やっぱりあの人の方がよかったな」と思うようにするのです。そうすると、今の恋に興味を持たなくなれるでしょう。

過去に元恋人とうまくいかなかった事実を棚に上げ、まるで「今からでも元カレ(元カノ)とやり直せるのでは?」と勘違いしてしまうほどの未熟な判断力で妄想に浸っていると、もれなく現実逃避ができます。これからも、「現実」よりも「妄想」を、そして「今」よりも「過去」を大切にし続けましょう!

方法2:初デートでは相手の値踏みをたっぷりしましょう

初デートの時は、「年収はどれくらいか」「長男か、次男か」「マザコンではないか」「趣味で浪費していないか」「過去の恋愛を通して、相手になにか欠点がないか」など、根掘り葉掘り聞いて、さまざまなことをチェックしましょう。

大抵、そんなことをしていたら相手は気付き、気分が滅入ってくるので、きっとそのデートを失敗させることができます。

「自分は相手を幸せにできる存在なのか?(相手にとってメリットのある存在なのか)」なんてことは、考えてはいけません。
ただただ「相手が自分を幸せにしてくれる人なのかどうか」「付き合ったら、得かどうか」を知るために、相手をたくさん値踏みしましょう。おそらく、精神的に成熟したイイ男ほど、逃げ出すでしょう。

方法3:恋人のどんなミスも許さないようにしましょう

恋人がミスをしたら、絶対に許してはいけません。遅刻をしたり、LINEメッセージの返信が遅れたりといった些細なことでも、烈火のごとく怒りましょう。

そして、1週間経っても、1カ月たっても、相手の過去のミスを指摘し、ずっと根に持ち続けて、ネチネチと怒り続けましょう。その際、感情的になって、声を荒げて言えば言うほど、相手の機嫌を悪くすることができます。

さらに、高度なテクニックがあります。それは、相手のミスをその場で注意しないで、わざと1週間ほど後になってから、「実はあのとき、こうしてほしかったのに!」と文句を言うことです。今更、改善しようがないタイミングで言うのがポイントです。恋人にモヤモヤした気持ちを抱かせ、不愉快にさせることができるでしょう。

方法4:「別れる」を口癖にして、たまに音信不通を心がけましょう

口癖は「別れる」を心がけ、相手が気に入らない行動をとったときには欠かさず、「そんなことをするなら、別れる!」と挑発しましょう。相手が慌てて、機嫌を取ってくるのを楽しむのです。

また、突然の音信不通を心がけましょう。その際、LINEもブロックし、電話も着信拒否にするのです。2人の関係がうまくいっているタイミングにやると、より効果的でしょう。それによって、相手を動揺させ、天国から地獄に突き落とすのです。

これらのことを頻繁に繰り返していくうちに、恋人のあなたのことを安心して愛せなくなってきます。精神的にも消耗してくるでしょう。関係をどんどん悪化させるのに、効果的ですよ。

方法5:束縛&監視しまくりましょう

起きてから寝るまでの間、最低でも3時間起きに、お互いが何をしているのかを報告し合うことを強要しましょう。また、恋人が自分以外の人と会っている時は必ず写真を撮って、メールやLINEで証拠を送らせましょう。

また恋人のスケジュールの独占を心がけましょう。「この日は、友達と遊ぶ予定がある」と言われたときは、「私よりも友達を優先するのね」と意地悪を言ってあげるといいでしょう。その結果、恋人は一緒にいる時間をさらに作らなくなってきますよ。

方法6:自分の存在価値を、恋人に委ねましょう

自分で自分の存在価値を認められなくても、恋人に委ねて誤魔化しましょう。恋人が自分にしてくれることで、自分は「愛される価値のある人間なんだ」と実感するのです。

「デートではどこに連れて行ってくれるのか」「毎日、自分に連絡をくれるのか」「素敵なプレゼントをくれるのか」など全てが、恋人のあなたへの評価であり、自分の存在価値なのだと勘違いをしましょう。

逆に、恋人が自分の望むようなことをしてくれなかったら、相手の愛情を疑い、しっかり怒りましょう。もれなくあなたの評価を下げることができます。

方法7:依存しまくって、恋人に頼って生きていきましょう

「人生の楽しみは、恋人が提供してくれるもの」だと思って、委ねましょう。一緒にいたいのに、相手が仕事で忙しい時は、「つまらない!」と言って、怒りましょう。さらに、恋人が仕事で疲れていても、そんなことはお構いなしに、「このまま会えないなら、他に恋人作るよ!」と嫉妬させてやりましょう。

恋こそが、人生のすべてになって、自分の将来、仕事、趣味などに興味を持たないで、恋人がいなくなっては生きていけないような人になることをオススメします。もれなく重い女性(男性)になれます。

方法8:自分の欲望に素直になって、自分を信じている人も裏切りましょう

恋人がいようが、好きな人ができたら、その人のところに突き進みましょう。「信じている人を裏切ったって、幸せになるためなら多少の犠牲は仕方ない。バレなきゃ、相手にとっては、浮気していないのも同然だ」と、自分勝手な考えを持論にしましょう。

もし恋人に浮気を疑われたときは、面倒な嘘をつかないで、さっさと白状しましょう。自分が相手を騙し続けている方が良心が痛みますしね。だから、相手の気持ちなんて気にしないで、正直に話して、スッキリしましょう。

場合によっては、恋人は心に大きなダメージを受け、人間不信になるかもしれませんが、自分のせいで不幸になったとしても、気にしないでいきましょう。そうしたら、間違いなく、相手に恨まれることができます。

方法9:保身のための嘘をたくさんつきましょう

恋を壊すには、信頼関係を壊すのが一番です。小さな嘘から大きな嘘まで恋人につきまくりましょう。その場限りのバレやすい嘘の方が、より効果があります。

例えば、本当はおごられたいだけなのに、デートで「お財布を忘れた」と言ったり、友達に合コンに誘われたら、恋人には「今日は体調が悪いから、デートに行けない」とドタキャンをしたり、30歳以上であれば、年齢をサバ読んだりするのもいいでしょう。恋人が信じてくれなくなったら、チャンスです。恋が壊れるまで、もう一歩ですよ!

方法10:恋人から「愛されること」ばかり求めましょう

「相手よりも自分の方が愛してしまったら、負け」だという、幼稚な恋愛観を持ちましょう。自分が愛することなんて考えずに、相手に愛されることばかりを求めるのです。

恋人に「彼女(彼)に愛されている」なんて、安心感や安らぎを与えてはいけません。いつも不安にさせ、相手から愛を注いでもらうことばかりを求めましょう。その結果、だんだん相手が精神的にも疲れてくるので、遅かれ早かれ「別れたい」と言ってくるでしょう。

これで、あなたも恋人も不幸に!

ここで紹介した10個の方法をすれば、間違いなく、あなたも恋人も不幸になれます。忠実にやればやるほど、精神的に不安定な日々を過ごすことができるでしょう。

逆に、もし恋愛で幸せになりたい場合は、ここで紹介したことは決してしてはいけません。相手をきちんと愛し、幸せにすることを考え、関係を大事に育てていきましょうね。
(文:ひかり )

All About

この記事が気に入ったらいいね!しよう

不幸をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ