「俺には、お前しかいない」落ちこんでいる彼を癒やす彼女のセリフとは?

9月17日(日)7時0分 ハウコレ



彼氏が落ち込んでいたら、できる限り力になってあげたいものですよね。そこで今回は、彼氏がまた元気になれるセリフをご紹介。


男性心理を理解すれば、弱っている彼を上手にいたわることも可能!大好きな彼を支えてあげられる「できる彼女」になっちゃいましょう!


■●「○○の考えていることが、聞けたら嬉しいよ」

明らかに落ち込んでいるのに、彼は自分からなかなか話してくれない、という場合も多いですよね。「聞いてほしい・共有したい」と考える傾向がある女性に比べ、話男性はプライドもあるので、なかなか話さない、話しにくいというケースが多いのです。


それでも、誰かに聞いてもらえば、元気がでるもの。「元気ないけどどうしたの?」という漠然とした聞き方では、「別に・・・」となりかねませんので、「悪いことも、いいことも、○○の思っていることが知りたい」という気持ちを伝えるようにしましょう。


「元気なさそうだけど、何があったか、よかったら聞かせてくれない?」といった感じで、話を聞きたいという姿勢をとれば、彼の肩の荷も降りやすくなるはずです。


■●「がんばってるの、見てるよ」

評価してもらうことが力になるときってありますよね。ここでのポイントは、「男としての魅力」を絡めること。「あなたの彼女だから」見ている、知っている、嬉しいなどに加えて、信頼・尊敬・頼れるなど、男性的魅力も併せて伝えてあげましょう。


もし、仕事や勉強、そのほかの活動で、普段聞いていることがあるなら、「ホントがんばってるな〜って思うよ」といった感じで、一番近くにいるからこそ、見ていることや気がついていることを伝えてあげましょう。


そのうえで、信頼していること、頼れる男性だと感じていると伝えれば、彼もホッとできるはずです。


■●「まじめな人と一緒でよかった」

悩んでしまうのは、彼がまじめな証拠。いい加減な人ならそれほど深く悩むまずに自分に都合のいいように解釈したり、利己的な言動をしたりするのではないでしょうか?


もちろん、悩んでいることや、落ち込んでいることをよかったとはいえばませんが、そうやって、まじめに考えられる人と一緒にいてよかった、安心できるといった形なら伝えられるはず。


落ち込んでしまう理由はさまざまですが、もっといい結果にしたいという気持ちがあるからこそ!彼のそんなまじめな部分に魅力を感じていると伝えてあげれば、彼自身も少し楽になれるはずですよ。


■●「ずっと一緒にいたい」

落ち込んでいるときは、失敗していることや悩んでいることばかりに意識がいってしまい、視野が狭くなっていることも少なくありません。そんなときは、彼女として一番近くにいる自分にも目を向けてもらうセリフも効果的です。


落ち込んでいる原因があなたとは別のところにあっても、「こんな自分でも、ずっと一緒にいたいと思ってくれるんだ」と感じてもらえれば、元気が出るはず。なにもできない、どうすれば・・・というときには、「ずっと一緒にいたい」と話をして、彼が必要な人であることを伝えてあげましょう。


■●おわりに

彼氏が落ち込んでいるときには、全部話すよう無理強いしたり、事情も知らないで「元気出して!」と励ますのは控えたほうが賢明。そのうえで、力になりたいことや、普段頑張っていることを認めてあげるのが最適です。


一緒にいたいという素直な気持ちと、彼のいい部分を素直に伝えれば、きっと彼の力になれるはずですよ!(織留有沙/ライター)


(ハウコレ編集部)
(あかねぴ@akanepi0426/モデル)

(かしゅかしゅ@cashe_cashe2525/撮影)

ハウコレ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

彼女をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ