テオ・ヤンセン展覧会in沖縄開催! 人工生命体"ストランドビースト"を砂浜で

9月17日(日)7時0分 マイナビニュース

テオ・ヤンセン沖縄展覧会実行委員会は10月3日〜11月11日、「テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017」を、沖縄県県立博物館・美術館(沖縄県那覇市)にて開催する。

同展は、「進化人工生命体=ストランドビースト」を生み出したテオ・ヤンセンの作品展。現代のレオナルド・ダ・ビンチと称されるアーティスト、テオ・ヤンセンが創造するストランドビーストを、単なる美術展ではなく、生命論や物づくりなどの科学的な視点や、自然との調和や造形美などの 芸術的観点から観覧できるという。さらに沖縄の地域特性を踏まえながら、 子どもたちの夢や想像力を育み、未来を創造するきっかけに寄与する、としている。

テオ・ヤンセンはオランダを拠点に活躍し、国際的に高い評価を受けている現代アーティスト。彼が創造したストランドビーストたちは、海岸に吹く風を動力にして、自ら砂浜を歩くことができ、今でも進化し続けている。

沖縄初開催となる同展では、新作を含め15作品程度の美術館展示と、砂浜や各所でのデモンステーション走行「リ・アニメーション走行」、アーティスト本人のサイン会や講演会を予定。この生命体がどのように生みだされ、動き出すことになったのかビーストたちの進化の過程をはじめ、実際に動く姿を観覧することができる。

今回は目玉である新作ビーストはもちろん、旧作ビーストの中でも人気の高い大型ビースト(全長12m)などを展示。日本初上陸の新品「アニマリス・ブルハス・プリムス」や、現実世界へ飛び出した最初のビースト「アニマリス・ヴァルガリス」(パネル展示)、上部に突き出ているのは風を受けるための背びれで、木材やスチールの身体を持つ巨大な歩行ビースト「アニマリス・リノセロス・トランスポルト」(ミニサイズで展示)を展示する。

ほかにも、推進の効率化へとどこまでも進化した「アニマリス・ユメラス」(同展リ・アニメーション作品)、過去最大級の双胴体ストランドビースト「アニマリス・シアメシス」(同展リ・アニメーション作品)などが登場する。また、構想時のラフスケッチや、動きの秘密が分かる模型など、約50点も紹介する。

開催日時は10月3日〜11月11日9時〜18時(入館は17時30分まで)。金・土曜日は 9時〜20時(入館は19時30分まで)。会場は沖縄県立博物館・美術館(沖縄県那覇市おもろまち)。観覧料(税込)は、大人/1,200円(前売り1,000円)、高校生・大学生/800円(前売り700円)、小中学生/600円(前売り500円)。

マイナビニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

沖縄をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ