軽井沢銀座商店街で食べ歩きしてきた!濃厚ジェラートやホクホクのコロッケが幸せ

9月17日(日)12時0分 えん食べ

リビスコのジェラート

人気の観光地のひとつ、軽井沢。大きなショッピングモールや、歴史ある教会など魅力的なスポットがたくさんありますよね。

そんな軽井沢でグルメ旅をするなら忘れちゃいけないのが、軽井沢銀座商店街。カフェやお土産屋、ベーカリーなど様々なショップが軒を連ねる“グルメロード”で食べ歩きしてきました!

濃厚ジェラート
1軒目は、旧軽井沢テニスコート通りにあるジェラート店「リビスコ」。ショーケースには新鮮な素材から作られた豊富なフレーバーが揃います。悩んだ末「白雪かぼちゃ&川上村いちご」と「オブセ牛乳&黄金桃」を注文。価格は各550円。



どのフレーバーも素材の味がめちゃくちゃ濃厚!皮ごと練り込んでいるというかぼちゃは、ほっこりする甘さが印象的。なめらかな口あたりの中に、かぼちゃらしい繊維感が残っているのも高ポイントです。



オブセ牛乳は、牧場で飲む牛乳のようにフレッシュ!コク深いのに後味は驚くほどさっぱり。後キレの良い甘さで、いくらでも食べられそうでした。



ほっこり栗ぜんざい
続いては古民家風の外観が目を引く「ちもと総本店」。本当はここのお団子を食べたかったのですが、この日は終わってしまっていたので「栗ぜんざい」を注文。価格は864円。



ほどよく粒感の残った小豆をたっぷりまとわせたお餅が美味。時折、大粒の栗に出会えます。温かく風味豊かなぜんざいがジェラートで冷えた身体に染み渡る〜(この時の気温16度でした)。





できたてコロッケ
ひとつひとつ手作りにこだわる「軽井沢のころっけやさん」。注文を受けてから揚げるので、熱々のコロッケを楽しめます。



一番人気の「ポテトコロッケ」(168円)をハフハフしながら頬張ると、衣はサクッ、中はホックホク。じゃがいも本来の甘みが口いっぱいに広がります。できたてってなんでこんなに美味しいんでしょうね。



「特製メンチ」(228円)はジューシーな旨みが最高!肉の臭みは全くありません。あふれ出る肉汁を香ばしい衣が受け止めてくれて幸せ。



絶品そば
ここまでいろいろ食べてきましたが、長野に来たらそばを食べずには帰れません。ということで締めは「石挽蕎麦 小石川」の「濃厚うにつけそば」。価格は1,480円。



ほんのり磯の香りが感じられるつゆに、香り高いそばと炙られたうにを絡めて食べる幸せたるや…。濃厚なうに風味に負けない、そば独特の香ばしさが鼻に抜けていきます。途中でわさびを加えたり、レモンを絞ったりすることで味に変化が生まれるのも◎。そば湯までおいしくいただきました。



お腹も心も満たされる、軽井沢銀座商店街での食べ歩き。ほかにも心惹かれるお店がたくさんありました。途中で買ったお土産も後日紹介する予定なのでお楽しみに!

えん食べ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

軽井沢をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ