具だくさん炊き込みごはん、決め手はベビースター チキンのうまみがたまらない

9月19日(木)18時30分 J-CASTニュース

ベビースターラーメンを入れて炊き込みごはんの素

写真を拡大

調味料メーカー・イチビキ(愛知県名古屋市)は、おやつカンパニー(三重県津市)とのコラボ商品「ベビースターラーメンを入れて炊き込みごはんの素」を2019年9月30日に数量限定で発売する。

担当者のお勧め「追いベビー」とは



スナック菓子「ベビースターラーメン」は2019年、発売60周年を迎えた。これを記念した企画「サンクス60thプロモーション」の中で、販売元のおやつカンパニーは新しい食べ方「ベビースター炊き込みごはん」を提案した。


出汁のかわりにベビースターラーメンを使用するレシピで、食卓で活用しやすいため、好評を得たという。



イチビキが発売する「ベビースターラーメンを入れて炊き込みごはんの素」は鶏肉、油揚げ、にんじん、たけのこ、ごぼう、こんにゃく、きくらげ、焼津産カツオ節と日高産昆布のあわせ出汁が入った炊き込みごはんの素に、ベビースターラーメンをセットした商品。炊飯器にコメ2合、水400ミリリットルと一緒に入れて炊くだけで調理できる。


同社の広報担当者によると、炊きあがったときにベビースターラーメンのチキン味とマッチするように具材や調味料を配合したとの話だ。


そのまま食べてもよいが、ベビースターラーメンを炊きこみごはんにのせて食べる「追いベビー」がお勧めの食べ方だという。


(9月20日12時54分追記)内容を一部修正しました。

J-CASTニュース

「ベビースター」をもっと詳しく

「ベビースター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ