感染症リスクも… 我が子に他人の母乳を与えた託児所に母親が激怒

9月19日(木)9時1分 しらべぇ

母乳(paylessimages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「姑が胸を丸出しにして、出るはずもない母乳をウチの子に与えようとしてドン引きした」「ママ友がウチの子に無断で母乳をあげようとして困った」という話をよく聞く。

「生理的に受け付けない」という心理的要素も関係する場合が多いに違いないが、健康面を気にしているママも増えている。


■託児所がおかしたミス

米ミズーリ州で暮らすある女性が、託児所に赤ちゃんを迎えに行き腰を抜かした。

というのもその時この施設で働くスタッフが女性の息子に哺乳瓶で「ミルク」を飲ませていたというのだが、それはよその赤ちゃんの哺乳瓶で、息子用に特別に用意してあったものではなかったというのだ。


関連記事:「母乳を飲みたい」男性が24%いることが判明 理由:栄養への興味、原点回帰など

■体調を崩した赤ちゃん

この赤ちゃんは早産だったといい、たびたびお腹を壊すなど体調面の心配もあったことから、「特別な粉ミルクを飲ませてきた」とのこと。

それを施設側に伝え哺乳瓶や粉ミルクも一緒に託していたことから「これはどういうことか」と確認したところ、それは別の赤ちゃんの母親が託児所に預けてあった母乳であると判明。その後に女性の赤ちゃんはやはり体調を崩し、しばらく嘔吐するなどして苦しんだという。

■母乳の主が判明

「息子は誰の母乳を飲んだのか」と不安を募らせた女性は、Facebookに詳細を書き込み情報をかき集めることに。

体調が万全とは言えぬ息子が喫煙者、もしくは酒に酔った女性の母乳を飲んだのではないかとずいぶん心配した同女性は、「施設側に対する怒りも大きかった」と明かしている。

その後ほどなくして母乳の主が判明。「あれは確かに私の母乳よ」「だから安心して」と女性に連絡してきたという。


■施設の対応は…

その後、施設側はこの女性、そして母乳の主など同件に関わる全ての人に謝罪した。

この母親が神経質なのか、施設側の対応が甘いのか、それともその両方なのかと意見は様々だが、母乳による感染症リスクは確かにあり、他人の体調まで細かく知ることは一緒に病院に行き詳しく検査を受けてもらわぬ限りは不可能。

施設の対応には確かに問題があったと言えそうだ。


・合わせて読みたい→乳児を抱いたまま取っ組み合い 自分勝手な鬼母が緊急逮捕


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原



しらべぇ

「託児所」をもっと詳しく

「託児所」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ