月5万円以上は貯めたい!共働き子なし家庭の貯蓄プラン

9月21日(月)12時20分 All About

DINKSの家計は夫婦それぞれで月3万円の貯蓄も難しくないはず。できれば月収の10~15%、ボーナスは50%貯蓄が目標です。貯蓄を最もしやすい時期なので、1年の貯蓄額を決めて目標を達成できるようがんばりましょう。

写真を拡大

できれば夫婦それぞれ3万円ずつの貯蓄を考えて!

手取り月収が多くなる、共働きで子どもがいないDINKSの家庭では、3万円の貯蓄をするのは難しくないと思います。

そのため、DINKS家庭では、「貯蓄の最低ライン」を3万円と考えたいものです。

実際にDINKS家庭では、手取り月収の15%程度の貯蓄ができている家庭も少なくありません。

すでに、毎月3万円の貯蓄ができているとしても、3万円という金額に満足せずに、2人の手取り月収の合計額の10〜15%を先取り貯蓄するように心がけましょう。

DINKSの家計バランス

月3万円よりも多い貯金を目指したい共働き家庭
DINKSの家計バランスの例です。

子どもをもつ前の共働きの時期は、貯蓄を最も増やしやすいとき

また、ボーナスが出ている家庭では、ボーナスの30〜50%を貯蓄に回したいもの。ボーナスからも住宅ローンの返済をしている場合は、20〜40%程度が貯蓄の目標額です。

子どもをもつ前の共働きの時期は、貯蓄を最も増やしやすいとき。1年間の貯蓄目標額を決めて、月々プラスボーナスで貯める金額を逆算してみるのも、おすすめです。

各自のおこづかいの管理が甘くなりがちなので注意!

DINKSのライフスタイルで気をつけたいのは、生活費を夫、妻のそれぞれが出し合う家計管理のパターン。生活費をきちんと負担していると、責任を果たしていることに安心してしまい、各自のこづかいの管理が甘くなるケースがあるからです。

できれば、2人分の収入を合算した状態で、夫婦のどちらかが家計のやりくりをしたいもの。

被服費や交際費なども、こづかいの中で購入するのではなく、きちんと費目として立てて、家計費として管理するのがおすすめ。こづかいや被服費、交際費などの支出が透明化すると、年間貯蓄を増やしやすいという効果も生まれるはずです。

そのいっぽうで、身軽なDINKSの場合、レジャーなどを楽しみやすい時期でもあります。お子さんが生まれると、旅行先なども制限されますので、10〜15%の貯蓄がキープできている家庭では、旅行などのレジャーも思う存分楽しむことをおすすめします。

取材・文:西山美紀/監修:畠中雅子(ファイナンシャル・プランナー)
(文:All About 編集部)

All About

「共働き」をもっと詳しく

「共働き」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ