西野未姫に恋の予感!?セリフを飛ばした相手役を励ます姿に称賛の声

9月22日(日)12時0分 AbemaTIMES

 9月21日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』のact.7AbemaTV)が放送され、元AKB48西野未姫と俳優の西川俊介の恋模様に注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 合宿でのペア決めにより、ミキとめぐとシュンスケは3人ペアを組むことに。これまでのルールだと、シュンスケがどちらかひとりの女性を選び、オーディションを受けることになるが、今回は全員参加のドラマのため、シュンスケはミキとめぐ、それぞれとふたりでオーディションを受けることとなった。

 しかし、シュンスケはミキとのオーディションでまさかのミス。途中でセリフが飛んでしまい、そのあともセリフを噛んでしまうなど、まったく実力を発揮できなかった。

 落ち込むシュンスケを見たミキは、ふたりっきりになると「次頑張ろう」「せっかく演技良くなったのに次に繋がらなくなっちゃうから。悔しいと思うけど、今はとりあえず、自分のなかで切り替えて」と励まし。

 シュンスケは「優しいな、お前」「まじ頭あがんねぇわ、ミキ」とミキの優しさに感激。その後のインタビューでは「ミキちゃんとペア組んで、主演とって、ありがとうって伝えたいですね」と目に涙を浮かべた。

 シュンスケとミキのやりとりにスタジオメンバーは絶賛。「頑張れシュンスケ!」「いまの鳥肌、ふたりの会話」「すごいよかった」「ドラマみたいだった」とふたりのことを応援した。
 

■番組情報
『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.7
番組情報:https://abema.tv/video/episode/90-1300_s1_p7

AbemaTIMES

「西野未姫」をもっと詳しく

「西野未姫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ