こいはるを巡り、とむとダイチが大ゲンカ「こんなムカつくと思わなかった」 『ドラ恋』act.6

9月22日(日)14時0分 AbemaTIMES

 AbemaTVにて9月21日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』のact.7が放送され、ひとりの女性を巡る俳優陣の真剣バトルに注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 りょう&かおるが主役を勝ち取り、ふたりがドラマ撮影の準備をしているなか、ダイチは第1話でキスシーンを演じ、それ以降、想いを寄せ続けているこいはるを呼び出した。

 ダイチは、こいはるに「いま伝えとかないと、最後の告白まで伝えるタイミングないんじゃないかなって思って」「ドラマの1話とったときからずっとはるちゃんだけのことを思ってて。俺の想いは最後まで変わらないと思う」と最初から最後までこいはるを想い続けることを宣言。中間告白でダイチではなく、とむを指名したこいはるは、複雑そうな表情でダイチの想いを受け止めた。

 その後、モニター前に戻ったダイチをとむが呼び出し、ふたりは外へ。とむは「みんなでモニター見てるときにやるのは違くない?ルールにのっとってやるべきだし…」と、ダイチがこいはるを呼び出したことを非難。

 ダイチが「でもさ、時間って限られてるじゃん」と言い返すと、食い気味に「それ自分のせいでしょ?」とライバル心をむき出しにした。

 さらに、ふたりの言い争いはヒートアップ。ダイチが「逆の立場だったらとむもやってると思うけどな」と言うと、とむは「こんなムカつくと思わなかった。俺は本気だから」と宣言。ダイチも「俺もね」と火花を散らした。

 こいはるを巡って俳優同士が本気でぶつかり合う姿を見たスタジオメンバーは驚愕。「こんなことがあったなんて」「ふたりの言ってることがわかるな」「そんだけ真剣に恋してんや」と圧倒されたようだった。
 

■番組情報
『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.7
番組情報:https://abema.tv/video/episode/90-1300_s1_p7

AbemaTIMES

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ