仕事ができない、出世しなそうな男性と結婚したら苦労するでしょうか(35歳・営業事務)

9月23日(水)22時5分 All About

お悩み:出世しなさそうな男性と結婚していいものか、悩んでいます

おそらく仕事ができない、出世しないタイプの彼と付き合っている。私に対しては優しい彼ではあるものの、将来結婚相手としてはどうなんだろうか……という不安がある女性のお悩みです。

あめこさん(35歳、営業事務)のお悩み

私の彼氏はおそらく、仕事ができない、出世しないタイプだと思います。仕事しているところを見たわけではないので、あくまで彼の話をふまえての予想です。

彼は、上の人にも遠慮なく言いたいことを言うそうです。たまに生意気だと言われることもあるようで、なんとなく様子が想像できます。ものすごく有能であれば、それでも許されるのかもしれませんが、そういう訳でもなさそうです。

実際、同期の中には昇進している人がちらほらいるそうですが、彼は平社員です。

私に対しては優しい彼なので、楽しく付き合っています。ただ、この先結婚して家庭を持つことを考えると不安になります。単なるイメージなのですが、仕事ができる人のほうが、よき夫・よき父になれる気がするんです。

それとも、仕事とプライベートにおける能力は、また別物なのでしょうか。このモヤモヤをどう解決したらいいか、アドバイスいただけると幸いです。

回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理” をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評! ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

アドバイス1:仕事の能力と人間力の高さは比例しない

まず、大前提として理解していただきたいのは、仕事ができることと人間性は比例しないということです。

なぜなら、サイコパスが大企業の社長や政治家になっていたり、人格否定まじりの暴言を部下に吐くようなパワハラ上司が世の中に存在したりするからです。

それから、仕事はできる人の元に舞い込むものといわれています。ということは、舞い込んだ分だけ忙しくなりますよね。つまり、その分だけ家庭をかえりみる時間が少なくなるというわけです。

もちろん、世の中には仕事ができて常に忙しくしているのに、家庭もちゃんと大事にする男性が存在しますが、厳しい現実としてこういったケースは稀です。多くの場合、仕事に大きく偏ってしまい、家庭は二の次という男性がほとんどなんですね。

アドバイス2:忙しすぎない人のほうが家庭にパワーを向けられる

なぜその傾向が強くなってしまうのかというと、「仕事だからしょうがない」という大義名分と甘えなんです。

ようは、多くの男性が口に出さないだけでパートナーに対し、「仕事だしわかってくれるだろう」「自分が家計を支えているわけだし」と思っていて、多少家庭をかえりみない時間があるのは仕方がないことだと考えているんですね。

しかも、仕事が忙しくなるにつれて精神的余裕もなくなります。そうなると、家族に対して優しくすることも難しくなってしまうんですよ。単純に、人間はいっぱいいっぱいのとき、誰かに優しくしきれないという原理です。

なので僕の見解としては、仕事が忙しすぎない男性のほうが、家族と向き合い穏やかに過ごす時間が増えていいのではないか?と思うのですが、あめこさんがどういう家庭を築きたいかという部分のほうが大切だと思います。

ある程度収入的にゆとりある生活をしたいのであれば、共働きをしたり、彼に仕事ができる側の人間になってもらったりしないといけません。

とくにそういった生活を望まれていないのであれば、別に今のままの彼でも構わないのではないでしょうか。

アドバイス3:お互いの価値観について、腹を割って話し合うべき

あと、彼自身が仕事をどのように考えているかを知ることも大切ですね。出世したいのか、それとも興味がないのか、やる気はあるのかないのか、といった部分です。

もし、出世に興味がなくやる気がないのであれば、今の仕事でできる側の人間になってもらうことは、彼の意向に沿わないですよね。

以上の点を踏まえて、あめこさんが築きたい家庭像と、彼の仕事に対する価値観の部分を、腹を割って話し合うことも大切ですよ。

日本の夫婦の離婚原因は「価値観の相違」「性格の不一致」が一番多いといわれていますが、この根本をたどると、話し合わなさすぎることが原因なんです。価値観も性格も完全に一致することなんてありませんから、どこまでいっても話し合いを通じてすり合わせていくしか方法がないんですね。

アドバイス4:見極めるべきは彼の「人として」の部分

それから僕個人の意見として、仕事の出来不出来よりも大切なことがあるので、この部分についてお話させていただきます。

それは、「人として」の部分なんです。

彼が、「人の気持ちがわかる」「素直」「正直」な人間だとしたら、結婚してもうまくいきやすいのではないでしょうか。

まず、人の気持ちがわからない人はパートナーの気持ちもわからないです。

そして、素直じゃなかったら物事を真摯に受け止めることもできないし、偏見が強くなり視野の狭い人間になります。

さらに、正直じゃないと大小問わず嘘が増えていきます。

幸せな結婚生活を送るためには、もちろんある程度の世帯収入はあったほうがいいです。ですが、それよりも大事なのは今お話しした3点なんですよね。

誰もがうらやむような裕福な暮らしをしているのに、どこか幸せそうじゃない奥さんが多く存在するのは、旦那さんにこの3点が足りないからなんですよ。

アドバイス5:「2人が幸せであるかどうか」が何より重要

それと、これも重要ですが、彼に対して「ないものねだり」をしていないかも考えてみてください。

たしかに仕事ができる男性は魅力的です。同期の人が出世しているなんて話を聞くと、「なんでうちの彼氏は」とつい思ってしまうのは、ある意味しょうがないと思います。

ですが、普段の彼は優しく、楽しく付き合われているということなので、今一度そういった部分に目を向けてみてはいかがでしょうか。

「仕事ができる旦那さん」というと聞こえはいいですが、それよりも大切なのって、「2人が幸せであるかどうか」ですよ。
(文:All About 編集部)

All About

「出世」をもっと詳しく

「出世」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ