【星座別】寂しがり屋ランキング

9月24日(月)11時0分 yummy!

寂しさを強く感じる人は一生、独身で健やかに過ごすことは難しいでしょう。
秋は人肌恋しい季節……もうすでに寂しさを感じている人もいるでしょう。
そこで寂しさ屋を星座別にランキング形式にしました。
もし上位にランクインしているのであれば、将来の設計図に結婚とは言いませんが、ともに過ごせるパートナーを加えみるのもいいかもしれません。

第1位 蟹座(6/22-7/22)


一人では生きていけないのが蟹座であり、寂しがり屋の性格は、他の星座よりダントツでしょう。
自分よりも他人のために生きることを選択する運命を背負っているため、自然とパートナーを見つけている場合が多く、生涯独身ということはほとんどありません。
直感力も高く、接しているうちに心に響くようなことがあれば、職業や年齢などは気にせず、アプローチしてみてください。
寂しさを他のもので埋めようとして、仕事や趣味に没頭しようとする人もいますが、性格が素直なだけにうまくいかないでしょう。
自分にうそはつけないタイプだということは、ここで説明するまでもなく、もう十分にわかっているはずです。

第2位 乙女座(8/23-9/22)


人生のテーマが結婚と言っても過言ではない乙女座の人もまた、かなりの寂しがり屋でしょう。
社会性に富み、状況に応じた役割を理解できるため、生涯のパートナーに選ばれやすいのも特徴です。
愛情も深く、理性的に問題解決に時間を費やせるため、強がらなければ、簡単にパートナーを見つけることがでるでしょう。
寂しさが強くなってくると焦りが出てくるため、ペットや趣味などで代用しようとしますが、一時しのぎでしかなく、いずれ現実に負けて精神的な不調に悩まされるでしょう。
生涯独身に関する情報などに惑わされたりせず、孤独に対する強さが自分にはないことを理解してください。

第3位 天秤座(9/23-10/23)


心のバランスが崩れることを怖がるのが天秤座ですので、寂しがり屋であることには間違いありません。
寂しがり屋でありながら、心をなかなか開かないタイプなので、そのあたりがやっかいなところです。
コミュニケーション能力は高いので印象は良く、周囲からのアプローチも多いでしょう。
寂しさをごまかすために、いろいろと模索しますが、意欲そのものが失われてしまうので、結局は中途半端で終わってしまうはすです。
敷居を高くせず、心に響く人がいればその心に従いましょう。

第4位 牡羊座(3/21-4/19)


誰か一緒にいることを好むのが牡羊座ですので、寂しがり屋の度合いは、かなり高いといえるでしょう。
積極的な性格のため、自分からアプローチすることが多く、失敗してもめげずに次を求めます。
飽きやすい性格なので、むしろ寂しさを感じるのは、別れのあとであり、そうならないように工夫することが大切です。

第5位 牡牛座(4/20-5/20)


身も心も満たされることを強く望むのが牡牛座のため、寂しがり屋な面は強いと言えるでしょう。
社会へ適応性が抜群のため、たいてい収入面はクリアできているので、シングルでいることは少ないはずです。
精神的にもそれほど強くないので、物欲でそれを誤魔化すのは無理だと考えてください。

第6位 蠍座(10/24-11/22)


相手への依存心が強いのが蠍座なので、寂しがり屋の面があるのは確かでしょう。
依存心と独占欲から、好きな人には従順なため、一度付き合い始めると、結婚まで行くことが多いはずです。
一つのことに没頭すると、恋愛やパートナーを忘れてしまうので、その部分に気をつける必要があります。

第7位 双子座(5/21-6/21)


コミュニケーションが得意なのが双子座なので、パートナーに困ることはなく、寂しささいなまれることは少ないでしょう。
生涯独身でも友人や恋人には恵まれ、楽しい人生を歩める星座でもあります。

第8位 射手座(11/23-12/21)


各地を飛び回り、コミュニケーションを広げていくのが射手座のため、寂しさを感じることはほとんどないでしょう。
恋愛はしても結婚はしない、という人も多く、生涯独身でも楽しく過ごせるはずです。

第9位 魚座(2/19-3/20)


寂しいという言葉こそ口にすることはありますが、魚座の場合、言動と行動がともなっていないでしょう。
寂しいという言葉がむなしいという言葉に置き換えられる場合がほとんどであり、本人は気づいていなくても、周囲は納得できているはずです。

第10位 獅子座(7/23-8/22)


人生の目的に応じてパートナーの選ぶため、寂しがり屋からはかけ離れているでしょう。
寂しさを感じないわけではないですが、日頃の行いを見ている限り、人生を謳歌しているようにしか見えないはずです。

第11位 水瓶座(1/20-2/18)


寂しければパートナーを見つければいい…と考えるのが水瓶座のため、寂しがり屋とは言い難いでしょう。
必要な時にパートナー作り、嫌になったら別れるというスタンスで生きているので、生涯独身でも問題はないはずです。

第12位 山羊座(12/22-1/19)


深刻に考えないのが山羊座の性格のため、寂しがり屋からはほど遠い存在といえるでしょう。
パートナーを求めること自体を面倒だと感じてしまうこともあるため、仕事に趣味にと生涯独身で生きられるタイプです。
(Wicca/ライター)

yummy!

「星座」をもっと詳しく

「星座」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ