住宅街の隠れた人気店で絶品チャーハンを堪能!「若奴食堂 中央店(甲府)」【連載】印南敦史の「キになる食堂」(3)

9月25日(金)12時0分 FINDERS

印南敦史

作家、書評家

1962年東京生まれ。 広告代理店勤務時代に音楽ライターとなり、 音楽雑誌の編集長を経て独立。一般誌を中心に活動したのち、2012年8月より書評を書き始める。現在は「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「ニューズウィーク日本版」「マイナビニュース」「サライ.JP」「ニュースクランチ」など複数のメディアに、月間40本以上の書評を寄稿。
著書は新刊『読書に学んだライフハック』(サンガ)。他にも『書評の仕事』(ワニブックスplus新書)、『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』 (星海社新書)など著書多数。

8年間気になっていた「あのMV」に出てくる食堂へ

山梨県の一宮町(現・笛吹市)を拠点とする、stillichimiya(スティルイチミヤ)という5人組ヒップホップ・グループがいる。ソロとしても活躍する田我流が所属していることでも有名だ。

グループとはいえ自由度は高く、同じラッパーのBig Benも2012年にソロ・アルバム『my music』をリリースしている。ここに収められている“いったりきたりBLUES”は名曲で、ゆるさが心地よいMVは、おそらく何百回も観たと思う。

前置きが長くなったが、今回訪れた食堂は、このMVがきっかけで知った店なのである。

甲府駅から約2キロ、車で数分の距離にある「若奴食堂 中央店」がそれ。“いったりきたりBLUES”のMV中Big Benがこの店でチャーハンを食べるシーンが挟まれているので、ずっと気になっていたのだ。

そこで、甲府に用事のあった夏の終わりのある日、せっかくなのでこの店を探索してみることにしたのだった。

なにしろ8年間もそのMVを観続けてきたので、若奴食堂に関するイメージもどんどん膨らんでいった。映像で観る限り昭和感の漂う渋い店なのだが、駅近くの路地あたりで、周囲の店舗とうまく共存しているのだろうと勝手に思っていたのである。

ところがカーナビに住所を入れて進むと、景色がどんどん寂しくなってくる。最寄りのJR金手駅(甲府駅の隣)からも車で数分と遠くないことは間違いないのだが、周辺は思っていた以上に店が少ないのだ。当然、人通りもほとんどない。

「え……ここ……?」

カーナビの誘導が終了し、MVでしか見たことのなかった店が目の前に現れた時、少しばかり戸惑ってしまった。周囲の店舗と共存どころか、まわりに店などなかったからだ。

どちらかといえば、住宅地の中に突如として食堂が現れたというような印象。外見的にはあまり活気がなく、はたしてここにお客さんが訪れるのだろうかという気持ちすら湧いてくる。

ちなみに到着したのは平日の午前11時半近く。お昼時にはやや早いので、なおさら閑散としていそうではあるな……などと失礼きわまりないことを考えながら、車を店舗横の駐車場に入れることにした。

ところが、そこでまた意外な光景を目にしたのだ。意外と広めの駐車場にはすでに、5台近くの車が停まっていたのである。たまたま出る車があったから入れたものの、これはちょっと予想外だった。

ともかく車を停め、改めて表に回ってみる。

次ページ:いい意味で“普通”ではない、王道スタイルのチャーハン。アクセントの大きめチャーシューも最高

---

いい意味で“普通”ではない、王道スタイルのチャーハン。アクセントの大きめチャーシューも最高

年季の入った外観は、“いったりきたりBLUES”のMVとまったく変わらない。「やっと来られた」と感慨深くもなったが、考えてみればあれから8年経っているのだ。なのにまったく変わっていないというのは、考えてみればすごい。まるで時間が止まっているみたいだ。

とはいえ、こういう雰囲気は大好きなのである。期待感を胸に抱えたまま、アルミサッシの引き戸を開けた。

店内は意外に広く、中央に4人がけテーブルが4卓ほどつながっている。向き合う形で、かなりの人数がそこに座れるわけだ。加えて左側にもテーブル席が3つあり、右側は座敷席。厨房は、正面奥にあるようだ。

駐車場の状況から推測できたとおり、ほとんどの席は埋まっていた。場所的にも時間的にも予想外だったが、それだけ地域に根付いた店なのだろう。

中央の4人がけテーブルの列の手前部分が空いていたので、MVでBig Benが座っていた席の正面に座る。カメラが座っていた位置だ。なるほど、ここでチャーハンを食べていたんだな、となんだかうれしくなってくる。

テーブルはきれいに片づけられていて、お冷やを入れるグラスと冷えたおしぼりが用意されている。おしぼり(凍っていた)で手を拭きながら、お店のきれいなお姉さんに「チャーハンをください」と注文。ついでに、「ずっと来たかったんです」と、東京から来た旨を伝えた。

「なぜここに?」という感じで意外そうではあったが、「そうなんですか、ありがとうございます」と答えてくださった反応はとても自然で、話しかけてみてよかったと感じた。

待っている間、正面の壁いっぱいに貼られた手書きのメニューを眺める。「今日のランチ」は、たれホルモンに春雨サラダか。お、「ママさんの煮物」なんてのもあるぞ。

「本日のサービス」がハムカツというあたりにも惹かれるなぁ。それどころか、目玉焼き、マグロ納豆、ネギ塩豚バラ焼などなど、なんでもござれ。これは、「まぁ飲め」と言われているようなものである。

とはいえ車なので、残念ながらそうもいかない。ビールを飲みながら定食を食べるはす向かいの席のおじさんを横目に見つつ、「いつか、飲むためだけにここに来たいものだ」などと考えていたのだった。

さて、そうこうしているうちにお待ちかねのチャーハンが登場した。皿の端に添えられた福神漬けの、人工着色料っぽい色味がいい感じ。つけ合わせのスープはお椀に入っていたりして、いろいろな意味で昭和感満載だ。

しかも先ほどのお姉さん、「せっかく東京から来てくれたんだから」ともやしのおひたしまでサービスしてくれた。言ってみるものである……じゃなくて、ありがたい話である。

たっぷり盛られたチャーハンは、卵、細かく刻んだ焼豚とナルト、そしてグリンピースというシンプルでベーシックなスタイル。パラパラ系としっとり系の中間あたりで、味は昔ながらの正統派。

だが、ひと口食べるごとに、これはいい意味で“普通”ではないと実感する。奇をてらわず基本に忠実で、押さえるべきところをしっかり押さえていることがわかるのだ。

すべての具材のバランスがよく、それぞれの味が伝わってくる。なかでも特筆すべきは、大きめに刻まれたチャーシューの存在感である。噛めば肉の味わいがはっきりと感じられ、ほどよいアクセントになる。だから、さらに食欲が進むという、理想的なローテーションを生み出すのだ。

引き戸の向こうにはためくのれんを見ながら、「うまいなぁ」と実感する。高級志向の“炒飯”よりも、こういう当たり前すぎる“チャーハン”のほうが好きだ。スープもおひたしも文句なしだったし、訪ねてみて本当によかった。

お昼が近くなって、またお客さんが増えてくる。長居をするのもなんなので、食べ終えたらすぐ失礼することにする。帰りしなに「このお店はいつからあるんですか?」と聞いてみたら、「2020年で創業56年目です」と、先ほどのお姉さん。

なるほど。長きにわたり、地元とともに歩んできたお店なのだな。古いながらも掃除の行き届いた店内、柔らかな接客、そして間違いない味と、すべてにおいて納得のできる話だ。

次ページ:音楽ファンはぜひBig Benが経営するセレクトショップ「太平」にも!

---

音楽ファンはぜひBig Benが経営するセレクトショップ「太平」にも!

店を出てからは山梨市駅方面へと30分ほど車を走らせ、Big Benが経営するセレクトショップ「太平(Big Flat)」に顔を出した。

彼の音楽知識が反映されたレコード・CDショップであり、他にもTシャツやアクセサリーなどを揃えたセンスのいいお店だ。少し離れた場所から、昨年夏にこの地に移転したそうなので、ちょうど1年ということになる。

2年ぶりくらいの再会だ。人気商品のコーヒーをいただきながら、話に花を咲かせた。

「若奴食堂は、中央店に行ったんですか?」

「そうだよ」

「もうひとつ、城東店っていうのもあるんですよ」

「ああ、さっき前を通ってきた。新しい感じのところだよね」

「そうです。メニューも違って、あっちもすごく繁盛してるんですよ」

「へー。でも俺は、中央店のレトロな感じがいいかな」

「あー、わかります。ところで、なにを食べたんですか?」

「チャーハンに決まってるじゃん。あのMV観たら、チャーハンを頼まずにはいられないでしょ」

地元の人にしかわからない情報まで聞けたし、ゆったりといい時間を過ごすことができたのだった。次回は、城東店にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。

若奴食堂 中央店
住所:山梨県甲府市城東2-10-17
営業時間:11:00〜22:30
定休日:日曜日

FINDERS

「住宅」をもっと詳しく

「住宅」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ