博多男子が東京女子に告白!史上最多のカップル成立 『恋ステ』東京女子×博多男子 最終回

9月26日(水)9時30分 AbemaTIMES

 9月25日よる10時〜、AbemaTVオリジナル恋愛リアリティショー『恋する♥週末ホームステイ』(通称『恋ステ』) のシーズン5、最終回が放送された。今回は、いよいよ博多男子が東京女子へ運命の告白。史上最多のカップル成立となった。

 『恋ステ』の舞台は2か所。「東京の女子高生4人が、福岡の男子高生3人の元へ週末ホームステイ」「大阪の男子高生3人が、北海道の女子高生4人の元へ週末ホームステイ」という、現役高校生男女2つのグループの恋愛模様を追ったリアリティショー。高校生たちが会えるのは3回の週末2日間、合計6日間だけ。それまでに彼らは恋に落ちるのか? ピュア恋見届け人はゆいP(おかずクラブ)、工藤大輝(Da-iCE)だ。


 東京女子×博多男子では、女子は恋に奥手なギャルモデルで、フィリピンとのハーフの関口さくら(さくら/高3・18歳)、一途女子の白川怜奈(れな/高3・17歳)。さらに新メンバーとして、初恋相手を10年想い続けた高2の古小路志音(こしょうじ・しおん/高2・16歳)と、ハーフ好きの元アイドル・舞石まこと(まいし・まこと、ニックネームは「まこ」/高3・17歳)。男子はスポーツ好きの爽やかイケメン、大西敦之(あつし/高3・18歳)、イギリス生まれのムードメーカー・大槻陵(りょう/高3・17歳)、カナダとのハーフ、アイスホッケー現役国体選手のウィルソン嶺(レイ/高3・17歳)。全員高校3年生。


告白直前、ギリギリまで不安な女子

 一番思い出に残っていることとして、りょうは追加メンバーが来て、しおんか指名優先権をもらったことを挙げるが、まこがりょうとの想い出を明かし、しおんは複雑な気持ちに…。その後向かったスケートでは、アイスホッケー国体選手のレイがしおんにマンツーマンのレクチャーをし、密着度の高い2人にりょうとさくらが嫉妬する。最後、縁結びと厄除けの竈門神社で、さくらがレイを誘い、寂しかったことを吐露したが、レイは、あくまでも他の女子と話したうえで気持ちを固めたかったと説明。さくらの不安はぬぐえなかった。

運命の告白 博多男子が選んだのは…

 最初に告白を待つのは、れな。やって来たのは、あつしだった。当初かられなといい感じになりつつ、中間告白ではれなから電話がかかってこず、ゼロから女子のことを考え直した。しかし、そのうえでやっぱりれながいちばんだったことを伝え、「忘れられない存在。れなとだったら遠距離でも大丈夫」と告白した。

 れなの答えは、あつしに惹かれたのは事実だが、あつしが優しすぎることに不安をおぼえたと言い、実際、途中で「ないな」と思ったことも認めた。ただ、その後、自分が不安を口にしたとき、あつしは「それをちゃんと受け止めてくれて考えてきてくれて。今はあつしのことをもっといっぱい知りたいし、もっといろんなところ遊びに行ったりしたいし、いろんなこと話したりないこといっぱいあるし。何よりも本当に大好きだから、お願いします」と頭を下げた。

 カップル成立で、「落ち着いた」というれなの目には涙。あつしも「めっちゃ嬉しいっす」と喜び、れなを抱きかかえた。

 次はしおん。りょうが来ると、指名優先権で2ショットになってからどんどん好きになり、一時しおんのことがわからなくもなったが、自分がまこといるときに、しおんとレイが話していたのをみて、ストレートにヤキモチをやいたことを振り返り、自分はしおんが好きだと確信したことを伝えた。「これからもずっといちばん近くでいたいと思った。ずっと俺の横でしおんの笑顔をみせてください」。

 しおんは、第一印象でりょうがいいなと思ったが、次第にレイも気になっていたことを認める。レイの気持ちを確かめるために2ショットになったとき、「りょうくんが好きだな」と気持ちが固まったが、その頃りょうはまこのことが気になっている様子をみせており、りょうを諦めたいと思ったという。そして長い沈黙の後、しおんは「だけど諦められんかったの」と告白。「もっとりょうくんのことを知りたいし、りょうくんに似合う人になりたい。しおんもりょうくんのことが大好きです」と笑顔をみせた。

 りょうのまっすぐな恋模様を見守ってきたゆいPは「嬉しいよあたしゃ」と感動。りょうも「夢じゃないよね? 横にいるかわいい女の子は僕の彼女です!」と喜びを爆発させ、ゆいPは「最高の男だぜ!愛してるよ!」と祝福した。

 最後に告白をするのは、レイ。想いを告げる相手は、さくらだった。第一印象で、さくらのことはタイプじゃないと思っていたけど、話してみると純粋だということがわかってきて興味をもったと回想しながら、新メンバーがきて、それぞれ話してみて心が揺らいだことも正直に明かした。そして、レイは「でも、どんなに揺らいでもさくらちゃんのことが頭から離れなかった」と実は一途にさくらのことを想ってきたことを告白。「さくらちゃんは見た目によらず、めっちゃピュアで純粋で笑顔がかわいくて、優しくて素直でめっちゃいい子。そんなさくらちゃんに、俺は恋をしました。俺はさくらちゃんのことが好きです。よかったら来年の誕生日はさくらちゃんと2人で祝いたい。付き合ってください」と伝えた。

 さくらは、新メンバーが来てから不安で嫌だったが、誰とどんな話しをしていても、自分のなかからレイのことが消えなかったと言い、「もう、フラフラしないでさくらのことだけ見てくれますか?」と質問。レイは「もちろんです」とまっすぐに答え、さくらは笑顔で「今でもずっとレイくんのことが大好きです お願いします」とレイの気持ちを受け止めた。

 不安な気持ちを抱えながらも、レイから気持ちを動かすことはなかったさくら。嬉しさで泣きながら、いたずらっぽくレイに「信用していい?」と再確認。レイは「信用して」とうなずき、「待っとってくれてありがとうね」と優しくさくらを抱き寄せた。

 告白がなかったまこは「時間のせいにしたくなくて、自分のアピール不足だったなって思いました」と涙。「でも、本気でいったので、悔いはないです。次に向かってがんばります」と前を見た。


 史上最多の3組が成立したシーズン5。次回は恋ステ総選挙スペシャル、そしてシーズン6は10月9日よる10時〜スタート! 史上“最ピュア”シーズンが始まる。

(c)AbemaTV

▶︎【無料配信中】恋する♥週末ホームステイ

AbemaTIMES

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ