彼女がかわいそう…!「小悪魔女子に翻弄された彼氏」の体験談2つ

9月26日(火)17時10分 Menjoy![メンジョイ]

男を振り回す「小悪魔女子」。そんな女に、自分の彼氏が取り憑かれてしまったら……!? 今回は「小悪魔女子」に振り回された経験のある男子たちに、そのときの恐ろしい体験談を語ってもらいました。いやあ……彼女さんがかわいそうすぎますッ! みなさん、彼氏に小悪魔が近づかないよう、くれぐれもお気を付けください。

1:彼女との約束をドタキャンして……!
マサシ(33歳) V.S. 小悪魔・マリ

マサシ:マリ(仮名)っていう元カノなんですけど、結構ずっと好きで、振り回されちゃった経験がありますね。付き合っていた彼女との約束を、その元カノのためにドタキャンしちゃいましたから。


ーードタキャンした彼女の前に、付き合っていた子なんですね?


マサシ:そうですね。別れたから新しい子と付き合ったんだけど、結局マリのことがずっと好きだったんだろうな。俺は。


ーーそれはひどい。


マサシ:リハビリ彼女って、いるじゃないですか?


ーーまあね。でも、自覚してやるのはどうかと思いますよ。


マサシ:俺だって過去の話だから、結果論ですよ。


ーーそうですね。失礼しました。で、ドタキャンの経緯は?


マサシ:渋谷で彼女と、お互いに友達連れて、男2女2で仕事帰りに飲もう……って話をしてたんですけど、待ち合わせの店に向かう途中、道玄坂のあたりで見つけちゃったんですよね。マリの白いチェロキーが停まっているのを。


ーーいい車乗ってますね、小悪魔は。


マサシ:で、「あ! マリのチェロキーだ!」となり。「あいつ、今、渋谷にいるのか……」ってなって。LINEしてみたんですよ。「もしかして今、渋谷いる?」って。そしたら「いるよ。友達とカラオケしてる」って。だから俺も友達に、「カラオケにしない?」って。


ーー彼女さんは!?


マサシ:たぶん、そこでなんとなく気づきましたね。俺、マリのほうが大事だって。彼女よりも全然。


ーーひどいなあ。


マサシ:友達も「彼女さんに悪くない?」と言ってたけど、俺の真剣な気持ちを説明したら、わかってくれましたよ。で、「来てもいいよ」というのでカラオケに行って合流。「マリたち、このあとどうするの?」と聞いたら、「クラブ行く」って言うから、俺たちも追いかけるようにタクシーで向かったんです。


ーーそこは別行動なんだ。


マサシ:「来てもいいけど、一緒には行かないよ。中で会ったら合流しよう」と言うから。


ーー確かに振り回されてますね。それで、中で会えたんですか?


マサシ:会えたけど、とくに進展はなかったですね。なんかクラブで見ると「前より遊び人になっちゃったな」って感じがして。俺は、マリとだったら落ち着きたいと思っていたんだけど……。俺が求める方向と違う方向へ進んでいました。


ーーだから別れたんですよね? たぶん。


マサシ:改めて、それがわかりましたね。


ーードタキャンされた彼女さんが、本気でかわいそうですよ……。


 


2:人妻の小悪魔
カツヤ(25歳) V.S. 小悪魔・アミ

カツヤ:当時、僕には7年くらい付き合った彼女がいたんですが、友達のために合コンをセッティングしてあげました。その合コンに来た人妻アミ(仮名)が、小悪魔でしたね。


ーー彼女がいるのに合コンを開催した当時のカツヤさんのことは、とりあえず棚上げしておいて、人妻なのに小悪魔とか、合コンとか。いろいろおかしい……。


カツヤ:しかも1時間くらい遅刻してきたし、しかもみんな20代前半なのに、ひとりだけ28歳ですからね。


ーー……なんでそんな女に振り回されたんですか? どこに魅力が。


カツヤ:今、冷静に考えると、そこまででもないのですが、まず第一印象が、「こんなにかわいい子いるのかよ!」でした。


ーーえー。20代前半の中に28歳がひとり……なのに!?


カツヤ:服装が若いんですよね。髪型はウェーブのかかったロングヘアで、こう、登場からふわ〜っとさせて。ほのかに香るボディクリームが、すごいセクシーで。喋り方は、知的なんだけどブリッコで、わざとらしさをわざと演出している……というか。


ーーで、人妻なのにハマってしまったと。人妻ということを隠していたとか?


カツヤ:2回目か3回目のデートで、「えっ、知ってると思った!」なんて言ってましたけどね。「場が白けると思ったし、友達に悪いから、そのときは言わなかったけど……」なんて、まるで善の心をもってそうしたかのような口ぶりでした。


ーー悪いやつですね。


カツヤ:終始「イイ子ブリッコ」なキャラなんですけど、そこにグッとくるんですよね……。自分は人妻で、夫の稼いだ金で遊んでいるくせに、「夫が悪い」というイメージを植え付けてきて。


ーーなんで、そんなのに騙されたんですか?


カツヤ:なんでだろ。そういう女がタイプだったんですかね……。心底疲れたから、もう嫌だけど。結婚まで考えていた彼女とも別れちゃったし。


ーー相手は人妻なのに、そこまでハマるって凄いですね。話だけ聞くと、本当にその理由がわかりません。


カツヤ:酒かな。別れた彼女は飲めるけど、あまり飲まないタイプだった。僕の健康のことも気遣ってくれて。でも人妻は、なんかデカダン(廃退)的というか。こっちの悪ノリにどこまでもついてきて、いつも泥酔。僕も悪ノリ好きだけど、僕以上に悪ノリする。そこに惚れましたね。


ーー今でも好きなんですか?


カツヤ:恋するには、いい相手でしたね。結婚したり、長く付き合ったりは無理ですよ。でも、あの時間の素晴らしさを知っちゃったら、「相手のことを思いやって、安定した幸せをふたりで育む」とか、本当にいらないと思っちゃう。毎晩、自分たちが主役のようで、輝いていました。


ーーふえー、なに言ってるんですか!? 小悪魔って本当に恐ろしいなあ。


 


紹介した小悪魔には、「そのとき付き合っている彼女をないがしろにしても、ハマってしまう……」という恐ろしい共通点がありました。みなさんの彼氏も堕ちてしまわぬよう、しっかりとつかまえていてあげてくださいね。


【特集】「それを載せたら男はドン引き!」非モテSNSの特徴は

 

Menjoy![メンジョイ]

この記事が気に入ったらいいね!しよう

彼女をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ