男女に聞いた! 恋愛で運命を感じた瞬間、ある?

9月26日(水)11時0分 yummy!

ライターの大久保 舞です。
運命という言葉がありますが、第三者から見ても、この二人は運命的な出会いだな⋯⋯と感じさせられるカップルもいますよね。
実際のところ、恋愛で運命を感じたことがある人は、どれくらいいるものなのでしょうか。
今回は、筆者が男女に「恋愛で運命を感じた瞬間はありますか?」とリサーチした結果を元にお伝えします。

運命は必然?


「全ては必然」(20代・女性・自営業)
「ありません。必然だと思いました」(20代・男性・接客業)
運命ではなく、必然、という意見がありました。
運命とは「人間の意思にかかわらないもの」で、必然とは「必ずそうなること」です。
似ているようで全然違うこの言葉ですが、恋愛でご縁があったからこそ、運命も必然も起きるということは確かかもしれません。
「新卒で入った職場の先輩に運命を感じました。しかし、運命はただの偶然に変わりました」(40代・男性・営業)
残念ながら、運命でも必然でもなく、偶然だった、という意見も。

運命は、こんな瞬間に感じる!


「何回か偶然が続いたとき、です。たとえば選択した授業が何度も重なったり、偶然隣の席になることが何度か続いたり。そういうことが何度かあったときは、運命を感じます」(20代・女性・大学生)
「人に合わせがちな、小さな価値観も一緒だったときや、マニアックな趣味が同じだったときなど」(20代・女性・クリエイター)
「この人と一緒にいたい、幸せにしたいと思える人に出会って、それを運命と呼ぶならそうなりますね」(20代・男性・大学生)
人によって運命を感じる瞬間はバラバラですが、どれもステキな運命の形ですね。
両思いになって、結果的に、これは運命の出会いだったのかも⋯⋯と思う、ということもありそうです。
「ナンパがきっかけで出会って、はじめて会ったのに、相手が私の名前を当てた」(30代・女性・自由業)
こちらの意見は、運命というか、ひたすらびっくりです。
筆者は、間違い電話で自分の名字を言われたことがありましたが、これは明らかに運命ではなさそうですね(笑)。

まとめ


「一人だけいまして、それが現在の妻です。出会いはアパレル関係でバイトしていたときの店員(私)とお客さん(妻)。何度か来店してきているうちに私が連絡先を聞いて、仲良くなり、付き合って結婚しました。何気ない会話中に、自分のコンプレックスなどの他人には話しづらいことを、なんでもすんなり話せた瞬間に運命を感じました」(40代・男性・事務)
これは、まさに運命の出会いではないでしょうか。
運命を感じただけで終わらず、そのまま結婚し、今でも仲むつまじく暮らしているということですから、とても素晴らしい話だと思います。
一番大切なことは、運命を感じたときに、そのチャンスをどういかすか、なのかもしれないですね。
(大久保 舞/ライター)

yummy!

「運命」をもっと詳しく

「運命」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ