贅沢好きなの・・・?お金のかかる女と勘違いされやすい女性

9月28日(土)23時0分 ハウコレ



こんにちは、美佳です。




付き合う相手の金銭感覚というのは大事になってきます。




あまりにもケチな人ではデート時つまらないと感じることもあるだろうし、かといって浪費家でも将来が思いやられますからね。




何事もほどほどが大事。そう、多くの男性は“お金のかかりそうな女性”は苦手。




そこで今回は、お金のかかる女性と勘違いされやすい人の特徴をご紹介。




日頃こんな言動が多いと、男性に『お金のかかりそうな子だな・・・』と苦手意識を持たれてしまうかもしれません。


■バスや電車ではなくよくタクシーをよく使っている

普段の移動手段はなんですか? 


徒歩や自転車、バスや電車、という人が多いかもしれませんが、もっぱらタクシー! となると『お金かかりそう・・・・・・』と思われてしまうかもしれません。




もちろん、急いでいるときや、たまにしか移動しないから“車を買うよりタクシー”と、乗る回数と距離で比較した際でタクシーの方が安いからタクシーという人もいるかもしれません。




だた、『電車で行ったほうが安いし、そこまで時間も変わらなくない?』という場所にもタクシーを使ってしまう。




「お金なーい」と言いつつ「歩くの疲れたー」といってすぐにタクシーに乗る・・・・・・そんな日常では『お金がかかりそう・・・・・・』と思われてもしょうがないでしょう。


■高級レストランにやたら詳しい

高級レストランや高級ホテルなど、やたらお金のかかること(場所)に詳しいのも、男性からしたら『付き合ったらお金かかりそう・・・・・・』『喜ばせるのは大変そう・・・・・・』と思われてしてしまうポイントかもしれません。




知っててもいいんです。けれど、積極的に知っていることアピールしない方がいいですよ。




「昔、元カレが麻布の〇〇って予約の取りにくい高級和食屋さんに連れてってくれたんだけどさー」など話してしまうと、デートのハードルが上がってしまい、あなたのことを『いいなぁ♡』と思っていた男性はデートに誘いにくくなってしまいますから。


■家の中の家具家電や食器がお高い

そこまで値段が高い服を着るわけじゃないし、元カレに高級レストランに連れて行ってもらった話もしないけど、家の中にお金がかかっていることが発覚したら男性も一歩引いてしまうかもしれません。






例えば、家電が高めのモノばかりとか、ソファーが何十万円もするものだったり、食器も英国王室御用達のものだったりすれば、男性も『おしゃれだなぁ』と驚嘆しつつも『贅沢な生活が好きなのかな・・・・・・?』と、金銭感覚にちょっと疑問を持ってしまうかもしれません。






彼も家の中のインテリアに凝っているタイプだったり、質を重視するタイプなら、好感がかもしれませんが、そうじゃないなら難しいかもしれません。


■素敵な格好をしている割に「お金がない」発言

普段、ブランド物で着飾っている割に、口を開けば「お金なーい」「金欠でやばーい」では『いや、贅沢してるからじゃん!』と思われてもしょうがないです。




オシャレするために金欠になるまで散財するのは、しっかりしている男性からは理解されにくいもの。




収入に見合った使い方をしていないと『お金がかかりそう』と思われるだけでなく『お金にルーズそう』とまで思われてしまいます。
お金かかりそうと思われたくないのなら、あまり金欠アピールをしない方がいいです。


■『お金かかりそう・・・・・・』と嫌煙されたら交際、結婚は難しい

身なり以外の言動からも、お金がかかりそうと思われるポイントはあります。
一度『お金がかかりそう』と思ってしまうと、男性も交際をためらったりしますからね。勘違いさせないようにちょっと気をつけた方がいいですよ。
(美佳/ライター)


関連記事 : 彼にとって「最愛の彼女」になろう!常に愛される女子がしている「3つ」のこと


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「勘違い」をもっと詳しく

「勘違い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ