できれば側にいたい!遠距離を我慢して笑顔で送り出す極意

9月29日(火)12時0分 ハウコレ


遠距離は、一緒に過ごしている時間は何より幸せですが、やはりさよならをするのは次会うまでの間寂しさから辛いものです。
もし、笑顔でまたねといえたらどれだけ良いか遠距離中の女性なら尚更思うことです。

今回は遠距離中の女性が楽しく遠距離ができる極意をお伝えします。


■次に会う日を決める

寂しい時間を耐えるのではなく、次に会える楽しい時間を考えることで前向きに遠距離を楽しむことができます。
好きな人に会えない日々は、辛いはずですしだからこそお別れの日は涙することもあるのです。

しかし、泣いてしまってはまた離れ離れになって恋愛をするにあたり前向きに進むことは不可能と言えますので、なるべく涙はみせないように前向きに考えることが大事です。


■約束をする

次会う約束を別れる際に決めると、次はこの日に会えると次に会う日までのカウントダウンをすることができます。
この日にあえるのだから頑張ろうと思い、その気持ちは男女問わず思います。

別れたから寂しいではなく、別れたから次会う日の楽しみができたのだと解釈するべきです。
約束の日はできるだけ変更しないことが重要であり、何があってもお互いを優先する方が良いです。


■お揃いをもつ

離れ離れになってもお揃いのものを持っているのなら、まるで相手とつながっており相手の代わりだと思う事ができます。
お揃いをもつことで、自分の精神状態を抑える事ができるのは凄いことといえます。

もちろん、お揃いだけではなく相手から渡されたプレゼントも同様の効果があるようですから、是非彼だと思って過ごして見てみると良いです。


■毎日連絡する

毎日こまめに連絡をとりあうことが、遠距離恋愛には必須といえます。
寂しい感情を他のなにかで埋めることは難しく、きちんと埋められるのは相手だけなのです。

お互いに忙しい日もあり、連絡をこまめにすることが難しい人は寝る前にかならず連絡をすると決めると良いです。
1日の終わりが彼でしめくくられ、また明日も頑張ろうという前向きの気持ちで進められます。


■まとめ

遠距離恋愛は、できるかぎり恋愛をするにおいて避けたいものです。
何故なら、やはり寂しさが先にきてしまい結果長くお付き合いする事が難しいからです。

そうならないためにも、一度実行して効果を確かめると納得していただけるはずです。
どんな困難もふたりで乗り越えたからこそ、ゴールがあるかもしれないです。
(ハウコレ編集部)

ハウコレ

トピックス

BIGLOBE
トップへ