校内をいつもきれいにしてくれる清掃員に感謝を。お金をためてスポーツシューズを贈った高校生(アメリカ)

9月30日(日)14時30分 カラパイア

top

 高校生活といえば授業や部活がメインになりがちかもしれないが、アメリカの高校生が、いつも感謝をしてやまない清掃員に行ったサプライズが話題になっている。

 今月初め17歳のトリスタン君は、校内の清掃などを担当するアンヘルさんに日頃の感謝をこめてスポーツシューズをプレゼントした。

 ホームレスの経験があるアンヘルさんはとても朗らかでやさしい人物で、2年にわたり10代の彼にいろんなことを気づかせてくれたという。

・元ホームレスの清掃員と高校生の交流

 バージニア州のスタンフォード高校に通うトリスタン・マッカリスター君は、ホームレスから清掃員になったアンヘル・エチェバリアさんととても仲良しだ。

サプライズをしたトリスタン君と清掃員のアンヘルさん
113
image credit:fredericksburg

 彼と31歳のアンヘルさんとは歳の差もあり、これまでの生い立ちや環境にも共通点はなかった。

 だが遅くまで自主トレするトリスタン君は、夜に体育館を清掃するアンヘルさんと顔見知りになり、野球が得意なトリスタン君の進路や趣味などいろんなことを話すようになった。

 それ以来、彼らの交流はもう2年になる。トリスタン君は感謝と笑顔をつねに忘れないアンヘルさんと話すうち、そのすばらしい人柄を尊敬するようになった。


・アンヘルさんが選んだスニーカーを贈ることに

 今回のサプライズは、スニーカーコレクターだったトリスタン君が次のスニーカーを買う話をアンヘルさんに相談したのがきっかけだった。

 「僕がどんなのを買えばいいと思う?とアンヘルさんに聞いたんです。そしたら、ナイキのエアジョーダン8がいいんじゃないかって選んでくれました。それで、アンヘルさんもその靴持ってるの?って聞いたら、いやいやうちは4人も子どもがいるから自分に買い物なんてできないよ」って言ったんです。

 アンヘルさんは妻と4人の子どもがいる。そのうち2人は妻と前夫の間の子どもだが彼にとっては当然「みんな私の子」だ。

 家族のために毎日遅くまで働き金銭的な余裕が無いのに、いつものように親身になって高校生の趣味の買い物相談に乗るアンヘルさん。

 いつか彼にスニーカーを贈りたいと思っていたトリスタン君は、その瞬間「このエアジョーダンを贈るぞ!」と心に決めた。

 そしてサプライズ当日。以下がその瞬間の映像だ。

 アンヘルさんは当初これをジョークかと思ったそうだ。

111
image credit:twitter

 でもサプライズのプレゼントだと知ってとっても喜び「本当に驚いたよ!」と話している。それを見たトリスタン君も思わずうれしくなったそうだ。

112
image credit:twitter
 
 この動画はアンヘルさんの反応を楽しみにしてたトリスタン君の母親のために撮ったもので、ネットで話題になるとは思いもよらなかったそうだ。


・トリスタン君の人生観を変えたアンヘルさん

 アンヘルさんがホームレスだった期間は4年だったが、その人となりは当時の苦労や困難を感じさせないほど朗らかで、自らの人生に感謝しながら幸せそうにいつも笑っている。

 そんなアンヘルさんが大好きなトリスタン君は、いつも彼のアドバイスに耳を傾けていた。また最近はスニーカー集めをやめて野球で活躍できる大学進学に備えてトレーニングに専念することにしたそうだ。

 「僕はこの出会いにとても感謝してます。アンヘルさんは僕の人生観を変えてくれました」

 この話を知ったスタンフォード高校の校長は「それこそ本当の学びです。学校には私たち教師では教えられない生きかたの教訓がいくつもあり、生徒たちはそれを習得しています」と語っている。

References:sunnyskyz / nbcwashingtonなど /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「清掃」をもっと詳しく

「清掃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ