古代エジプトの「魔法の呪文」の解読に成功。それは恋のおまじないだった(フランス研究)

9月30日(日)9時30分 カラパイア

0_e0

 2羽の鳥のような図象が描かれた約1300年前のものと思われる、古代エジプトのパピルスに描かれた魔法の呪文が解読されたそうだ。
 
 どうやら、それは恋のおまじないであるようだ。

・2羽の鳥のような図象が印象的なパピルス

 一番象徴的なのはパピルスの中央に描かれた鳥のような図象だろう。

 左側の羽のある生物はクチバシで右側の生物のクチバシの中をつついているかのように見える。その周囲は人間の手らしきもので囲まれている。

 解読者であるフランス、ストラスブール大学のコシ・ドゾーズ氏によると、下の方で2羽をつないでいるものは、鎖や縄、あるいは男性器などが考えられるという。

 体の前は羽毛かウロコらしきもので覆われており、右側の生物には2つの耳(あるいはツノ)がある。こうした小さな違いは性別の違いを表している、とドゾーズ氏は話す。右側がメスで、左側がオスではないかとのこと。

3_e0
image credit: Macquarie University


・魔法の呪文は恋のおまじない

 肝心の魔法の呪文は、恋のおまじないだったようで、コプト語(ギリシャ文字を使うエジプトの言語)で図象の周囲に書かれている。

 長い年月のうちに文章の大部分が失われてしまっているが、残された断片を解読すると「汝に求める……イスラエルの神キリスト……」と読める。この時代、エジプトでは広くキリスト教が信仰されていた。

 次の部分は、「汝は消滅する」や「アダムのすべての子……」という記述がある。またアヒトフェル(ヘブライ語聖書によれば、ダビデ王を裏切った男)にも言及されている。


・まじない師が使った手引書の一部の可能性

 ドゾーズ氏によると、このパピルスはどうやらもっと大きな、たとえばまじない師が使った手引書のようなものの一部であったようだ。

 まじない師の依頼主は、この図象に強いインパクトを受けたことだろう。

 「見る者の立場から言えば、図象はまじないの効果を演出するでしょう。奇妙な図象のほか、全体的な雰囲気や儀式の印象に感銘を受けるはずです」とドゾーズ氏は説明する。

 パピルスが断片的であるために、詳しくはわからないが、三角関係や結婚したくても叶わないような女性を好きになってしまった場合のような、込み入った状況に使うものではとドゾーズ氏は推測する。

 彼によると、エジプトから出土しているキリスト教の文献には恋のおまじないが記載されているものがあるが、それらは女性の心を射止めるための呪文ではないことが多いのだという。

 むしろ若い未婚の女性の家族によるガードが堅く、男性が想い人に会えなかったり、意中の人がすでに結婚してしまっているといった問題を解決するためのものだ。


・謎めいた入手経緯

 このパピルスはオーストラリア、マッコーリー大学に所蔵されているものだが、どこから持ち込まれたものかは分からない。パピルスの入手経緯に関する記録がなく、そもそもいつからそこにあるのかも不明なのだ。

 同大学にはおよそ900点のパピルスが所蔵されており、それらは1972〜1985年に大学が購入したか、寄贈されたものだ。

 多くは、70〜80年代に活動していたオーストリアの古物商アントン・ファケルマンとミヒャエル・ファケルマンから購入された。

 そうした所蔵品の中には、やはり1300年前のおまじないの本(「儀式の力の手引書(Handbook of Ritual Power)」と知られる)もある。

 しかし同大学では2007年まで購入・寄贈の受け入れを行なっていたために、今回のパピルスがファケルマンから購入されたものかどうかは不明だ。

 こうした経緯のために、このパピルスには少々問題がある可能性がある。

iStock-964483136_e

 じつは1972年のユネスコ条約によって、この年以降に遺物を発掘された国から持ち出して販売することが禁止されている。

 エジプトでは現在も遺跡からの盗掘が横行しているために、専門家は1972年以降に持ち出された疑いがある遺物を扱うことを避ける傾向にある。それがさらに盗掘を促す結果につながるからだ。

 今回のパピルスの所有権もはっきりしないため、もしかしたらエジプト政府が本来の所有者である可能性もある。

 この研究は『Journal of Coptic Studies』に掲載された。

References:sciencealert/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「古代エジプト」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「古代エジプト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ