心斎橋のカフェで会える希少動物「ビントロング」

10月1日(月)7時16分 Jタウンネット

画像は「Animeal(アニミル)」のサイトより

写真を拡大

[ちちんぷいぷい—毎日放送] 2018年9月20日放送の「今日の☆印」のコーナーで、大阪心斎橋珍しい動物に出会えるカフェについて紹介していました。



ポップコーンのニオイ?


動物とふれあえるカフェといえば、ドックカフェ、ネコカフェ、フクロウカフェなどが有名ですが、最近ではイグアナやペンギンにふれあえるカフェやバーも登場しています。


そんな中、珍動物がいる動物カフェ「アニミル」が、9月20日、大阪心斎橋にオープンしました。


こちらでは、犬やネコなどはもちろん、モルモットやうさぎ、カピバラなど11種もの動物がいて、触れ合ったり、エサをあげたりすることができます。


入場料は30分540円(税込み)ワンオーダー制で、その後30分延長ごとに540円です。


アニミルには珍しくて貴重な動物、ジャコウネコ科のビントロングもいます。もともとは、インド北部や東南アジアなどに生息する夜行性の動物で生息数が減少していることで知られています。


そしてこのビントロングの特徴は香りです。独特なにおいがして、アーモンドや、ポップコーンの香りがするといわれています。大阪心斎橋という街の真ん中で、希少な動物とふれあえるなんてとても興味深いですね。


お買い物、観光の際に、珍しい動物にふれあえるカフェ「アニミル」に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(ライター:Nana.)

Jタウンネット

「カフェ」をもっと詳しく

「カフェ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ