【閲覧注意】虐待を子供目線で追体験するVR動画が公開 / リアルな表現に言葉を失います…

10月1日(火)18時45分 Pouch[ポーチ]

昨今増え続けている児童虐待のニュース。注意喚起をするべくYouTubeに公開されたのは、「児童虐待体験VR」動画です。

この動画では、2018年に横浜市で実際に起きた幼児虐待事件を再現したもの。

画面は虐待を受ける子どもの目線で展開され、非常にリアルかつショッキングな内容となっているので、閲覧には注意が必要です。

【あまりのむごさに言葉を失う】
登場人物は、子どもとその両親。終始行われるのは、父や母からの “言葉の暴力” や “身体的暴力” です。

そのためあたかも自分自身が虐待の被害を受けているように感じられて、あまりの辛さに目を覆い、耳を塞ぎたくなる瞬間も。

これを実際に幼い子どもが体験しただなんて、ショックで言葉を失います。

【児童虐待の早期発見を目指す】
「児童虐待体験VR」動画を公開した「WESTE & Co.(ウェスト アンド カンパニー)」によると、虐待の凄惨さを身近なこととして感じ取ってもらい、事件の早期発見につながるようにとの思いからこの動画を制作したとのこと。

厚生労働省の発表によれば、平成30年度の児童虐待相談対応件数は15万9000件以上と過去最多。統計を取り始めた1990年度から、28年連続で増加しています。

そして虐待の悲劇は、今この瞬間も起こっているかもしれません。

【閲覧は慎重に】
この動画がきっかけとなって、1人でも多くの子どもたちが救えるよう、強く願うばかり。自分自身も、日ごろから周囲を注視するよう心がけたいと思いました。

繰り返しますが、動画の内容は実にリアルでショッキングです。幼い子どもはもちろん、大人が体験しても辛さが伴う可能性があるので、視聴する際にはくれぐれもご注意ください。

参照元:YouTube、WESTE & Co.、厚生労働省
執筆:田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る

Pouch[ポーチ]

「虐待」をもっと詳しく

「虐待」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ