干された“のん”こと能年玲奈、完全復活に向けて再始動へ! 水面下で内定した新所属事務所と“ウラ事情”を関係者が暴露

10月1日(土)9時0分 tocana

画像は「のん 公式ブログ」より引用

写真を拡大

 事務所独立騒動の渦中にあるのん(本名・能年玲奈)が9月、出世作となったNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の舞台となった岩手県に出現した。徐々にだが仕事が入るようになったのんだが、いまだ元所属事務所のレプロエンタテインメントとの間に抱える問題は解決していない。すっかり“危険物件”となってしまったのんだが、実は水面下で新しい所属事務所が内定しており、わずかながら復活への道が開けてきた。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/10/post_11063.html】

 昨年、無断で個人事務所を設立したことなどが発端となりレプロとトラブルになったのんは、一気に干されて仕事がなくなり、今年6月に契約が満了。だが、独立騒動はこれで終わりではなかった。ワイドショー関係者は次のように語る。

「お互いに言い分があるので、どちらが正しいとは言えないが、レプロが能年に対し意地になっているのは事実。一部係争中であり、契約が満了したとは認めていない。まだ事務所のHPに、能年玲奈のプロフィールを掲載している。一方の能年はすでに契約満了しているという立場で、のんに改名して芸能活動を再開した」

 これだけ大々的なトラブルが表面化してしまったため、レプロ退社後、のんの素質を評価する事務所は多いにもかかわらず、どこの芸能プロダクションも獲得に手を挙げない、挙げられないと目されていた。そのため一部では「あまちゃん」で母親役を務め、プライベートでも仲が良い小泉今日子が救いの手を出すのでは? などと報じられていたが、引き受け先はすでに内々で決まっているというのだ。芸能プロ関係者は次のように明かした。

「『あまちゃん』で能年と共演した橋本愛が所属するソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)です。能年と橋本はドラマの中でアイドルユニット『潮騒のメモリーズ』を結成。『あまちゃん』以外の作品でも共演しており、公私にわたって親交があります。SMAと話をするにあたって、橋本が間に入ったとも言われています」

 ただSMAに正式に所属となるのも、すべてはレプロとの問題がきれいに解決してからとなりそうだ。今のところまだこじれたままだが、一縷の望みは見えてきた。

「ソニーとレプロは一緒にオーディションを開催するなど、良い関係を築いている。ソニーが間に入って、能年とレプロのトラブル解決に乗り出すでしょう。このままだと両者にとってマイナスですから」(前出)

 もう少し時間は必要なようだが、能年玲奈改め、のんの完全復活の日が近づいていることは間違いなさそうだ。


※画像は「のん 公式ブログ」より引用

tocana

「暴露」をもっと詳しく

「暴露」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ