私、見下されてる・・・・・・?彼と対等な関係を築く心構え

10月2日(金)8時20分 ハウコレ


「なんとなく彼に見下されている気がする・・・・・・もっと対等な関係でいたい!」と思ったことはありませんか?

カップルにおいての「対等な関係」というのは一言では定義できません。
お互いに敬意を払っている関係を指したり、同じぐらい好きである関係を指したり、はたまた金銭の負担においての対等を指したりと、色々ありますよね。

その中でも今回は、あなたが彼に見下されている場合を想定し、「お互いに敬意を払っている」関係になるための心構えについて紹介します。


■彼中心の生活にしないこと

彼から敬意を払われるためには、まず彼中心の生活から抜け出すことが必要です。

あなたは彼のことが好きすぎるがゆえに、「好き」が「執着」になってしまっていませんか?
そしてその結果、あなたの生活は彼中心になっていませんか?

いつも彼のことばかり考えてしまい、彼のご機嫌をとったり、身の回りのお世話をするなどして尽くしたりしているなら要注意です。

男性は、女性から好き好きアピールをされたり尽くされたりすると「こいつはほっといても俺から離れられない」と思います。 
その結果、あなたを喜ばせたりする努力をしなくなり、あなたはどんどんナメられるのです。

ナメられたくないなら、まず彼中心の生活から抜け出してください。
抜け出すためには、趣味や好きなこと、資格の勉強など何でもいいので自分だけの時間を持ちましょう。

急に自分の時間を持ったあなたを見て、彼は「あれ?今までは俺に構ってばかりだったのに・・・・・・。」と思うはずです。
そうなればしめたもの。

彼も「もう少し大事にしなきゃ俺から離れちゃうかも・・・・・・。」と焦ってあなたを大切にしてくれるようになるでしょう。


■信じること

あなたは彼のことを、そして彼から愛されていることを心から信じていますか?
信じていない場合、彼が他の女の子と会っているんじゃないかとか、こんなことを言ったら彼に嫌われるんじゃないかとか、常に不安な気持ちを持ち続けてしまいますよね。

そして不安になった結果、先ほど言ったようなご機嫌とりや尽くすといった行動をしてしまうんですね。
そうなると、1と同じように「ナメられる」という結果になってしまいます。

彼のこと、そして彼から愛されているということに自信を持ち、心から信じましょう。
信じることが、対等な関係を築く第一歩になるのです。


■NOと言える強さを持つこと

彼から敬意を払われるには、嫌なことにはハッキリ「NO」と言える強さを持つことも大切です。

彼から、あなたを見下したような、尊厳を傷つけるようなひどい発言をされた場合でも、嫌われたくないからと言ってヘラヘラ笑ってみたり、なんとか聞かなかったことにしたりしていませんか?
だけど本当は傷ついて、一人で泣いたりした経験はありませんか?

確かに、ハッキリと「やめて」と伝えることはとても勇気がいりますよね。
でも、ちゃんとNOを伝えられない女性は、男性から「何をしても、何を言っても許される」と思われ、見下される原因になります。

本当に傷つくようなことをされたり言われたときは、勇気を出してはっきりと「それは傷つくからやめて」と伝えましょう。

とはいえ、ちょっとしたからかいなどはあまり深く考えすぎずにスルーすることも大切ですよ。(男性は好きな女性にはいじわるを言いたくなる生き物なのです。笑)


■まとめ

いかがでしたか?
どんなに大好きな彼でも、見下されるのはつらいことですよね。
しかし、あなたでも彼と対等な関係になることはできます。
自分を信じて、彼との素敵な関係を築いていってくださいね。
(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「カップル」をもっと詳しく

「カップル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ