『SAO』劇場版!『アクセルワールド』製作決定!…一方『禁書目録』3期はまだ無し!!

10月5日(月)18時0分 おたぽる

「電撃文庫 秋の祭典2015」公式サイトより

写真を拡大

 4日に東京・秋葉原UDXで「電撃文庫 秋の祭典2015」が行われた。いくつものアニメ・映像化もされた人気作を抱える電撃文庫のファンイベントだけに、数多くのライトノベルファン、アニメファンが集結。ステージイベントや展示物を楽しんだが、イベントでは気になる発表もあったので、ダイジェストでお伝えする。

 まずは作:川原礫+画:abecによる人気シリーズで、2度TVアニメシリーズ化もされた『ソードアート・オンライン』の劇場版アニメの製作が決定! 川原礫書き下ろしの新作ストーリーのアニメ化を、監督:伊藤智彦、キャラクターデザイン:足立慎吾、制作:A-1 PicturesというTVシリーズと変わらないスタッフ陣が手がける。

 同じく川原礫が原作の『アクセル・ワールド』も、完全新作アニメ『アクセル・ワールド —インフィニット・バースト—』が制作されることとなり、PVなどが披露された。こちらも川原礫書き下ろしの新作ストーリーとなるが、スタッフの情報や、TVアニメ、劇場、OVAなどどんな公開法となるのかは未発表なので、続報を楽しみにしたい。

 さらに作:宇野朴人+画:さんば挿、龍徹のファンタジー戦記『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン』のTVアニメ化や、『灼眼のシャナ』TVアニメ10周年記念イベントの開催、“小学生は最高だぜ”の名言でおなじみ『ロウきゅーぶ!』を手がけた蒼山サグ+てぃんくるによる、小学生音楽ライトノベル『天使の3P!』のユニットプロジェクトが始動することなどが伝えられ、ファンを喜ばせたが、一方で悲しいお知らせ。

 同イベント内で電撃文庫編集長・三木一馬氏が、『とある魔術の禁書目録(以下『禁書目録』)』の「(TVアニメ)第3期はありません!」「春でも秋でもありません!」ときっぱり断言、壇上で深々とファンに謝るといった一幕も。

『禁書目録』は2度のTVアニメシリーズ化に劇場化、さらにスピンオフコミック『とある科学の超電磁砲』(KADOKAWA/原作:鎌池和馬 作:冬川基)も2度のTVアニメシリーズ化、OVAもリリースされた、電撃文庫を支える人気・長寿シリーズだ。

 それだけにファンの落胆もひとしおだが、ネット上では「『ヘヴィーオブジェクト』もアニメやっているし」「原作が長すぎる。構成が難しいし、中途半端になるぐらいならやらないほうがいい」と自らを慰めるような声や、「三木さん、いつもそれ言っている気がする」「三木さんが『禁書目録』に触れてくれただけうれしかった」「今回は発表ないだろうと思っていた」といった声があがるなど、『禁書目録』ファンは冷静に受け止めていたようだ。

 むしろ「『はたらく魔王さま』2期は?」「『境界線上のホライゾン』こそやってほしい」「『ソードアート・オンライン』も『アクセル・ワールド』も、普通に続きをやってほしかった」など、多様な声が上がっていた。さまざまな意見が寄せられるのは、数多くの人気シリーズを抱える電撃文庫ならでは。次はどんな手を打ってくるか、どんな新作を生み出すのか、今後も期待したい。

※言及がない限り、出版元は全て電撃文庫

おたぽる

「アクセル」をもっと詳しく

「アクセル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ