【車のクイズ】自動車のグリルだけで何処のメーカーか分かる?Part1

10月6日(水)11時0分 MOBY

提供元: MOBY


フロントグリルでメーカーが分かる!

自動車メーカーは、自社の車であることを分かりやすくするため、フロントグリルのデザインを統一する傾向にあります。

メーカーごとに統一されたフロントグリルは「ファミリーフェイス」と呼ばれ、覚えればひと目見ただけでそのメーカーだと分かるようになります。

今回は国内外のグリル形状からメーカー名を出題。あなたは何問分かりますか?

車のフロントグリルってどの部分?各メーカーのデザイン&名称も紹介

第1問

  1. トヨタ
  2. アウディ
  3. レクサス

第2問

  1. マツダ
  2. スバル
  3. ホンダ

第3問

  1. ダイハツ
  2. ホンダ
  3. 日産

第4問

  1. アルファロメオ
  2. フェラーリ
  3. フィアット

次の項目ではいよいよ各設問の答えを発表します!


各設問の回答はこちら

設問解答メーカー名
第1問3レクサス
第2問2スバル
第3問3日産
第4問1アルファロメオ

第1問

レクサス LS 2020年モデル

第1問目の答えは「レクサス」です。レクサスのグリルは「スピンドルグリル」と呼ばれ、2012年から採用され始めました。

スピンドルとは紡績機の糸を巻き取る紡錘のことで、台形を上下逆さまにくっつけたような形状をしています。紡績機をモチーフにしているのは、かつてトヨタが織機メーカーから独立したことに由来しています。

【自動車の歴史】レクサスの歴史、ルーツと車種の特徴を知ろう!

第2問

スバル レヴォーグ 2020年モデル

第2問目の正解は「スバル」で、グリルは「ヘキサゴン(六角形)グリル」と呼ばれます。

ヘキサゴングリルの由来として、スバルいわく「六角形は自然界で最も安定した形である」ということや、スバルというメーカー名自体に六連星という意味が含まれていることなどがあるようです。

【スバルの歴史と名車】革新と熟成を繰り返し、着実に前へ!

第3問

日産 セントラ 2020年モデル

第3問目の答えは「日産」です。日産のグリルは「Vモーション」という名称で、その名の通り銀色のメッキ部分がV字の形状をしています。

V字型メッキは年々主張が強くなっていき、一定の大きさに達した2017年に「Vモーション2.0」が発表されました。現在は新型ノートやアリアといった車種を筆頭に、控えめなVモーションが見られはじめています。

日産新型Vモーション2.0コンセプトを公開!特徴的なVmotionグリルデザインとは

第4問

アルファロメオ ジュリア クアドロフォリオ 2018年モデル

4問目の答えは「アルファロメオ」。アルファロメオはイタリアの自動車メーカーで、日本ではジュリアやジュリエッタ、最近だとSUVのステルヴィオなどの車種で知られています。

グリルは逆三角形の形状から「盾型グリル」と呼ばれています。

【アルファロメオの歴史と名車】2020年で創業110周年

あなたは何問解けましたか?

MOBYでは車に関するクイズをお届けしています。

全部解けたという方も、そうでない方も、ぜひ次のクイズにも挑戦してみてください!

【車のクイズ】初心者から上級者向けまで幅広く出題!

各メーカーのフロントグリルはこちらから

車のフロントグリルってどの部分?各メーカーのデザイン&名称も紹介

MOBY

「グリル」をもっと詳しく

「グリル」のニュース

「グリル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ