走行中の車のリアバンパーが壊滅状態。目撃したドライバーが教えてあげるも、そのまま走り去っていった件

10月7日(月)16時30分 カラパイア

var1
image credit: youtube

 自動車を運転していると、他のドライバーがこちらの気付いていない不具合を知らせてくれることがある。例えば、ブレーキランプが切れているよとかずっとハイビームになっていてまぶしいよとかそういったことだ。

 赤信号で停車したときにわざわざ車をおりて教えてくれる人もいれば、ライトをチカッとさせて気付かせてくれる人もいてありがたかったりもするんだ。

 さて、こちらの動画に登場する男性も、走行中のドライバーにあることを伝えてあげることにしたようだ。ところが、大胆すぎる不具合を抱えたままそのドライバーは走り去ってしまったようで・・・。

Bumper Barely Hanging On || ViralHog

・リアバンパーをぶら下げて走行する車がデンジャラス!

 こちらの動画に登場する男性が目撃したのは、リアバンパー(自動車の後部の緩衝装置)がかろうじてぶら下がっている不安定な状態で走行する車だ。

 この状態でさすがに気付いていないはずはない。だが一応、と思った男性は赤信号でその車の横に停車した際、ドライバーに知らせてあげることにした。

「窓を開けて」とジェスチャーで伝えると、問題の車を運転していた女性ドライバーが窓を開けた。

car2
image credit: youtube

 「リアバンパーが車の後ろにぶら下がっているのを知っているよね?」とたずねると女性は「知っている」と答えた。だが、何らかの処置を施すこともなくそのまま走り去ってしまったのである。

car4
image credit: youtube

・バンパーを引きずりながら走り去った女性ドライバー

 男性は、リアバンパーをずるずると引きずりながら走り去る女性の車に向って「クレイジーだぜ!」と口にするがもちろん女性には聞こえない。

 女性のリアバンパーはどうして壊滅状態だったのだろうか?もしかしたら衝突事故にあった直後だったのかもしれないし自動車を修理しようと急いでいるところだったのかもしれない。

 しかし、バンパーをとりあえずハズして走行した方が危険が少ない気もするのだが・・・。こんな時、君ならどうする? 

written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「ドライバー」をもっと詳しく

「ドライバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ