いま、熱海がおもしろい。2020年11月1日、静岡県熱海市に温泉宿「SOKI ATAMI」開業

10月7日(水)11時30分 ソトコト

いま、熱海がおもしろい。2020年11月1日、静岡県熱海市に温泉宿「SOKI ATAMI」が開業します

 UDS株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:黒田哲二 以下UDS)は、2020年11月1日(日)、静岡県・熱海市小嵐町に企画、設計、運営を手がける温泉宿「SOKI ATAMI」(そき あたみ)を開業します。9月1日(火)より公式サイトso-ki.jpにて予約販売を開始しています。

SOKI ATAMI

 UDSはデザインホテルの先駆けと言われる「CLASKA」をはじめ、「ホテル カンラ 京都」、「ホテル アンテルーム」(京都、那覇、ソウル)、「MUJI HOTEL」(BEIJING、GINZA)、「ONSEN RYOKAN 由縁」(新宿、札幌)、「由縁別邸 代田」など多くのホテルの企画、設計、運営を手がけています。

 今回、新たに展開する温泉宿「SOKI ATAMI」は、品川駅から新幹線で約40分「熱海の奥座敷」と呼ばれる熱海市小嵐町に開業します。

熱海の湯治場・温泉宿の本質的な価値や体験を再考し、都会の喧騒から離れた自然の中で、気張らずに、あるがままの自分を取り戻す、これからの滞在スタイルをご提案します。

「SOKI」ブランドコンセプト - あるがままの自分を取り戻す、無為自然に過ごす宿。

施設名称のSOKIは、素(す)の器(うつわ)を由来とします。「素」には、ありのままの、飾らない、手を加えない本質の、といった意味があります。訪れた土地の自然に触れ、季節を感じ、素材を嗜む場所=「器」としての宿でありたい。訪れた人々があるがままの自分と向き合い、無為自然に過ごしていただける宿を目指します。

「SOKI ATAMI」ストーリー

約1260年前に温泉が湧き、江戸時代に徳川家康が湯治に訪れたのをきっかけに病気や怪我の療養の場として栄えた熱海は、数々の文豪や芸術家も滞在した、日本を代表する湯治場・温泉地として愛されてきました。SOKIATAMIでは、今まで熱海に脈々と受け継がれてきた「温泉宿」や「湯治」の文化を現代的に再構築し、地域の自然や文化、歴史を感じていただけるこれからの温泉宿を目指します。

施設特徴

緑に囲まれた海を一望できる立地に広がる、レセプション棟と客室棟、レストラン棟からなる温泉宿です。敷地内にある「里庭」では、伊豆半島ならではの柑橘類をはじめ、地域の生活や風土に根付いてきた農作物や植物を栽培し、施設内でお客さまに提供していく予定です。

施設詳細

名称 : SOKI ATAMI(そき あたみ)
所在地 :〒413-0029 静岡県熱海市小嵐町4番36号
アクセス :JR熱海駅から車で約10分 
開業予定 :2020年11月1日(日)
URL :http://www.so-ki.jp/
Instagram :https://www.instagram.com/soki_atami
構造 :鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
規模 :地上8階建
敷地面積 :3,359.05㎡
建築面積 :1,441.77㎡
延床面積 :5,716.16㎡
施設 :客室 54室 / 料飲施設(レストラン・茶寮) / 大浴場
事業主 :株式会社リビングコーポレーション
開発コーディネート:ユニ・アジア キャピタル ジャパン株式会社
企画・設計 :UDS株式会社
インテリアデザイン:TONERICO:INC.(レセプション棟 / 客室 / 大浴場 / 茶寮) / age co.,ltd(レストラン棟)
グラフィックデザイン:desegno ltd.
運営 :UDS株式会社

ソトコト

「熱海」をもっと詳しく

「熱海」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ