地震速報

8月24日13時52分頃、最大震度3の地震がありました

震度3 宮城県中部

自動車に革命が起きるかも!?金属に代わり柔軟性のあるボディ用新素材が開発される(英・米研究)

10月8日(月)9時30分 カラパイア

top

 今までにない製品をもたらす新たな素材の開発は世界中で行われているが、イギリスの研究者が、ほぼ不可能だと考えられていた新材料を開発したニュースが注目を集めている。

 それは金属と同じくらいの硬度がありながら、強い振動も吸収する柔軟性もあるという驚きの素材で、乗り物に使えば快適な乗り心地になるというのだ。

・高い剛性と制振性を持つ新素材

 この素材はイギリスのサリー大学の科学者が、アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学とカリフォルニア大学と共同開発したもので、高い剛性と制振性を持つ。その論文はScientific Reportsに掲載されている。

 曲げや変形に強い性質と、大きな振動も短時間で抑える性質。この二つの特性を一つの素材に持たせるのはほぼ不可能に思えるが、研究チームは特定の繊維と3Dの織物技術でそれを可能にした。


・特殊構造から生まれた複合材料

 この素材はシート状の複合材料で、剛性を保ったままで振動を吸収する柔軟性がある。その構造は以下のようなものらしい。
 
 素材は格子状で、多数のつなぎ目からいくつかを選択してロウ付けしてある。そのため、つなぎ目がロウで固定されてない格子の枠は、耐荷重性を持ったままもつれあうが、その自由な枠が振動を抑える働きをする。

 こうしてできたサンプルが、ポリマーに匹敵する制振減衰力を持ちつつ、多孔質でより耐熱性がある材料になったのだ。

no title


・揺れを感じない移動や旅行が可能に?

 論文の代表執筆者であり、サリー大学で材料および構造研究を行っているSzyniszewski博士は、剛性と制振性のパラドックスは解決不可能だと思われていたが、複合材料という発想が解決をもたらしたと話している。

 これが車などに使われれば、快適な乗り心地になるという。Szyniszewski博士と研究者たちは今回の発見で、揺れを感じない移動や旅行が可能になると語る。

 「とても刺激的な開発です。この新材料が乗り物をもっと快適にしますよ。電車や自動車、航空宇宙産業を通じてみなさんに大きな衝撃をもたらすでしょう」

References: scitecheuropaなど /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ