かわいいラマの形状をしているけど、強力な携帯用催涙スプレーが販売されている件

10月9日(水)18時30分 カラパイア

p1_e
image credit:Instagram

 このご時世、いつどこで悪いヤツに襲われるか分からない。そんなとき、催涙スプレーなど護身用グッズを持っていると安心である。

 しかし、いつでもどこでも持ち歩くとなるとそれなりに見た目にもこだわりたいかわいいものを選びたい。

 そんなオトメちっくなあなたの場合にはラブリーなクセにしっかり自己防衛できてしまいそうなラマの形の催涙スプレー・Pepperemなんかいいかも?

Pepperem Llama Shaped Pepper Spray: How to Use

・ラマの口から唐辛子スプレーが噴射される護身用グッズ

 ラクダ科の動物・ラマは、機嫌が悪かったり攻撃的な気分になったときとても臭い胃液を吐きかけて「これ以上近づくな!」と相手に警告する習性があるそうだ。

 その行動をモチーフにしたのがPepperemで、まるで本物のラマのごとく口から胃液ならぬ唐辛子スプレーを吐き出すというわけだ。


 使い方は、身に危険を感じたときにラマの背中にある赤色のタブを押すだけ。するとラマの口が開き、唐辛子スプレーが噴射される。

 唐辛子スプレーは最大約3mの範囲まで飛び、最大25回まで噴射可能。唐辛子スプレー液は大手メーカーがアメリカで製造しており30ヵ国以上の法務執行機関が使用しているものと同じなのだとか。

 キーホルダータイプのため便利に使うことができるのもポイントだ。アメリカのアマゾンなどで約3200円で販売されている。


・かわいらしいルックスだけど安全対策にもしっかり配慮

 あまりにもかわいい見た目のため海外ネット民からは「子どもがおもちゃにして遊ぶのでは?」や「ペッツ(キャンディ)が入ってそう!」、「ラマというよりアルパカでは?」といった声があがっている。

 しかし遊び心のあるルックスながら誤ってスプレーされることを防ぐための安全ロックが付いているなど対策もされているようだ。


・悪用厳禁、正当な目的のみに使用推奨

 なお、アメリカ国内では合法のため問題はないが他国で使用する場合は法律に触れないか確認が必要とのこと。

 日本でも現状では催涙スプレーの売買や所持に対する法的規制は存在しないものの、使用方法によっては非常に危険な器具となりうるため、正当な理由がないと携帯することはできない。

 催涙スプレーを護身用に携帯することは問題なさそうだけど、悪用すれば刑法的責任をとることとなる。くれぐれも誤ってスプレーしちゃわないように注意が必要なんだ。

References: Technabob/ written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「催涙スプレー」をもっと詳しく

「催涙スプレー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ