大迫力サウンドとLEDイルミネーションで空間を演出 Pioneerブランドのワイヤレススピーカー「Club 5」がMakuakeでクラウドファンディングを開始

10月10日(木)16時30分 ガジェット通信

大迫力サウンドとLEDイルミネーションで空間を演出 Pioneerブランドのワイヤレススピーカー「Club 5」がMakuakeでクラウドファンディングを開始

写真を拡大

オンキヨー&パイオニアは10月10日、Pioneerブランドのワイヤレススピーカー「Club 5」のクラウドファンディングプロジェクトをMakuakeで開始しました。大迫力サウンドとLEDイルミネーションにより、自宅をクラブやバーのように雰囲気のある空間に演出できるのが特徴です。

50mmツイーターを左右に2基と130mウーファーを上下に2基搭載し、定格出力は60W+60W。1台でもステレオサウンドの再生に対応します。重低音と高音の響きを共存させているのが特徴で、独自技術により、低音をブーストする際にアタック音の高域成分を残した、キレのあるサウンドを実現しています。

横置きで設置することも可能。2台設置する場合には、Bluetoothのステレオペアリングに対応します。

Bluetooth 4.2に対応し、A2DP、AVRCP、HFP、HSPの各プロファイル、SBCのコーデックに対応。Bluetoothのほか、RCA、3.5mm ステレオミニによる有線接続、USBケーブルやUSBメモリーの接続にも対応します。

上面パネルには電源、重低音、ライトなどを操作するボタン、ボリュームのツマミを配置。

前面と背面にLEDイルミネーションを搭載し、リズムに合わせて点灯。背面からのイルミネーションが間接照明のように雰囲気のある光を作ります。高揚感を感じたいとき向けの“RAVEモード”と、落ち着いた空間を演出する“CHILLモード”が選択できるほか、スマートフォンアプリから光り方をカスタマイズすることも可能。

クラウドファンディングは、目標金額を達成しない場合には販売しないAll or Nothingで実施。早割で50台限定の4万4800円(税込み)、100台限定の4万9800円(税込み)のコースが支援を受け付けています。プロジェクトは12月27日まで公開。支援者には2020年5月末の出荷を予定しています。

プロジェクトの公開期間中、秋葉原のONKYO BASEでは実機を試聴・体験できるコーナーを設置。気になる人は一度、その迫力のサウンドと光を体験してみては。

「Club 5」主な仕様
定格出力:60W+60W(1kHz、10%、T.H.D 4Ω)
Bluetooth:Ver. 4.2
対応プロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP
対応コーデック:SBC
Bluetooth最大通信範囲:約15m
スピーカー形式:バスレフ式
スピーカー構成:2-way
Tweeter:5cm Cone型
Woofer:13cm Cone型
入力端子:CHAIN IN(RCA)×1、AUX IN(3.5cmステレオミニ)×1
出力端子:CHAIN OUT(RCA)×1
USBバージョン:USB 2.0
USB再生可能フォーマット:MP3
USB最大供給電流:1.0A
電源電圧:100-240V 50/60Hz
消費電力:
42W
完全スタンバイ:0.5W
BTスタンバイ時:0.5W以下
BTスタンバイ&イルミネーション:2W以下
最大外形寸法:W262×H592×D281mm
質量:12kg

Makuake|大迫力サウンドと光が彩る特別な空間への扉。Pioneerスピーカー[Club5]|マクアケ – クラウドファンディング
https://www.makuake.com/project/club5

—— やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「LED」をもっと詳しく

「LED」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ