「デジタル花火」でプログラミング×ものづくり体験、大阪ATC11/2

10月11日(金)12時45分 リセマム

ワークショップのようす

写真を拡大

システム開発のAMG Solutionは2019年11月2日、大阪で開催されるATCロボットストリートにて親子プログラミングワークショップを出展する。花火職人を取材して作られたテキストをもとに花火を原理から学び、デジタル花火を打ち上げる。小学生親子が対象、参加費は1,000円。

 大阪南港アジア太平洋トレードセンター(ATC)では11月2日と3日、ロボットなどに触れる体験型展示やワークショップを通じてテクノロジーを楽しく学ぶ「ATCロボットストリート」が開催される。

 AMG Solutionが実施する「花火を自由に操ろう!デジタルプログラミングワークショップ」は期間中実施される親子向けワークショップのひとつ。仕組みを”知る”ところから始まり、実際に“作る”ことによって、ものづくりの楽しさを体感できるプログラムとなる。

 当日は、花火職人を取材して作成したドリルを使用し、打上げ花火の原理から作り方、大きさや種類などを、親子で楽しく調べながら学ぶ。次にパソコンの使い方やプログラムとは何かについてレクチャーを受け、花火を作るプログラムを書くことに進む。

 色や形、大きさ、打ち上げる高さなどを自由自在に組み合せて自分だけのオリジナルデジタル花火を作成し、最後は参加者全員の作成した花火で花火大会を開催する。体験で使用したツールは11月末まで利用できるため、自宅でも楽しむことが可能だ。

 小学1年生から6年生とその保護者が対象で、参加費は1,000円。「ATCロボットストリート」Webサイトより参加申込みを受け付ける。空席がある場合は当日参加が可能。

 なお、「ATCロボットストリート」では2日間にわたり、企業や団体が主催する26種のワークショップやテクノロジーふれあい体験を開催。Webサイトでは事前申込みを受け付けている。

◆花火を自由に操ろう! デジタルプログラミングワークショップ
開催日: 2019年11月2日(土)
開催時間:(1)10:30〜11:30(2)13:00〜14:00(3)15:00〜16:00
開催場所:大阪南港アジア太平洋トレードセンター(大阪府大阪市住之江区南港北2-1-10)
参加費:1,000円
対象:小学1〜6年生(7〜12歳)
人数:各8組(保護者の同伴が必要)
応募方法:「ATCロボットストリート」Webサイトから申込みページに進み申し込む
募集締切:2019年11月1日(金)14:00

◆ATCロボットストリート
開催日時:2019年11月2日(土)〜3日(日)10:30〜17:00
開催場所:ATC(大阪南港アジア太平洋トレードセンター)

リセマム

「花火」をもっと詳しく

「花火」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ