手を繋ぐのは何回目のデート?理想タイミングと即できる手汗対策

10月12日(土)12時0分 ハウコレ





何回目のデートで手を繋ぐのか?って悩みますよね。やっぱり彼のほうから繋いできてくれたら嬉しいけれど、女性から手を繋いでも全然問題ありません。 ただ自然な雰囲気で手を繋げたら良いけれど、「いつ繋ぐのか」を見極めるのが難しいんですよね。
今回は、デートで手を繋ぐタイミングについて見ていきましょう。


■初デートは手を繋ぐ?





■付き合う前は2~3回目のデートから

「ネットで知り合ったとかで初対面なら手を繋ぐのは2回目以降でしょう。ふたりで会うのが1回目だったら、いきなりは手を繋がないと思う。1回はとりあえずという感じで誘って、それで合わない感じだともういいやってなる場合もあるけど、2回目、3回目を誘ってくるときは確実に相手のことをいいと思ってる時なので」(26歳/建築関係/男性)


結局のところ、1回目のデートをするまでのふたりの関係性によって変わりますね。


たとえばアプリで知り合ったなど相手のことを全く知らないで会う場合は2回目以降のほうがいいでしょう。もし初対面なのにいきなり手を繋いでくる彼だったら、デートでいつも手を繋ぐ軽い人だと思って警戒したほうがいいですね。



■カップルは初デートから

すでに「付き合おう」という話になってからの初デートなら、そのときから手を繋ぐのは自然なことです。でも、もし自分が「まだ手を繋ぐのは早い」と感じているなら断っても問題ありませんよ。そのときは「嬉しいけれどもうちょっと待って」と伝えてあげれば相手も傷つかずに待ってくれます。


■デートで手を繋ぐときの心理





「いつ手を繋ごう」と考えているときってお互いちょっとぎこちない雰囲気になることもありますよね。そんなとき、男性はどんなことを考えているのでしょうか。男性の意見をもとに「こんなときに手を繋ぎたい」と考えている本音を見ていきましょう。デートで手を繋ぐときの心理に迫ります。



■つなぎたくなったから

「自然な感情の流れとか雰囲気とかで、手をつなぎたくなったときに繋ぐと思います。もしもまだ付き合ってないときに相手が断ったら、それはそれでしょうがないかなと思ってるので」(23歳/大学院生/男性)


1回目のデートだったとしてもとしても、お酒を飲んだ勢いで盛り上がって手を繋いでしまうことはあるようです。男性の打たれ強さによって手を繋ぐことへのハードルの高さが変わりそうですね。



■相手の反応を見たい

「腕などをさり気なくボディタッチしてみて、相手が嫌がらないかを見て自分がどのくらい受け入れてもらえているかを男は測ってますよ。ぶっちゃけ体目当ての女性にも手を繋ぐことはあるのでそこは気をつけたほうがいいと思います。」(27歳/広告関係/男性)


きちんと付き合っている関係ではなく「ご飯に行こう」と言われたような形で始まったデートの場合、相手の気持ちを見極めるのが難しいですよね。しかも、純粋な好意なら良いですが、体目当ての男性がデートに誘ってきている場合もあります。相手が手を繋いできても、自分がそれ以上のことはしたくない場合はちゃんと断りましょう。



■恋愛を先にすすめたい

「早くベッドに行きたいと思っていても、きっかけを作らないと言い出せないですからね。まずは手を繋いで相手が嫌じゃなかったら次はキスしても大丈夫かな、という目印にして先に進めたいサインを出してると思いますよ」(26歳/IT関係/男性)


確かにいつまでもデートで手を繋ぐタイミングがなかったら、その先にも進めないですよね。もうちょっと関係を進めたいときに手を繋いでみて相手の意思を確認するようです。自分もOKだったらそのまま握り返せばOKです。もちろん、女性から繋ぐのもアリですよ。



■男性をリードするために女性から手を繋ぐ場合も

「何回デートしていても全然手を出してこない男っているんですよね。でも、次のデートには誘ってくるから好きには違いないのに。あんまりにも相手が草食男子だったら酔ったフリしてこっちから手を繋いじゃいますよ」(24歳/HP制作会社勤務/女性)


いつまで経っても「好き」と告白してこない男性に対しては女性からアクションを起こさないと進展しないですよね。男性のほうも「告白して断られたら怖い」と思っているとタイミングを逃してずっと進展しません。そんなときは女性から手を繋ぐのが正解です。



■好意を示す

「自分が良いと思っていても女性から告白するのって何か悔しいじゃないですか。だから横並びの席でご飯食べてるときなんかにさりげなくボディタッチしてみて、相手が嫌じゃなさそうだったらお店を出て歩いてるときにこっちから手を繋いじゃいます」(23歳/女性/PR会社勤務)


「この人私のことどう思ってるんだろう」と聞きたくても、なかなかストレートには聞けないですよね。だから、態度で相手の好意を確かめるのが早いという女性も。いきなり手を繋いだらビックリされてしまうけれど、その前にボディタッチしたりして相手の表情が嬉しそうか、引いていないかを見てから手を繋ぐのは良い進め方です。



■好きな人に触りたい

「好きな子と一緒にいるときは手をつなぎたくなりますよ。恋人繋ぎしたいです。男なんてデートのときはいつも手を繋ぐことを考えてるんじゃないですかね」(20歳/大学生/男性)


「いつもデートのとき手を繋ぐことを考えている」という意見も。確かに、好きな人に対して触りたいと感じるのは本能的なものなので理由すらないのかもしれませんね。


■自然に手を繋ぎやすいタイミングと場所9選





女性から手を繋ぐ場合、うまく彼から手を繋いでもらう流れにしたい場合は、そういったシチュエーションに誘導するのが正解。自然に手を繋ぎやすいタイミング、場所について解説します。



■繋ぎたいと思ったとき

わざわざふたりで時間を割いてふたりでデートしようと思う時点で、お互いそれなりに好意はあるはず。外見など最低限の条件はすでにクリアした状態で会っているわけです。だから、その意味では「手を繋ぎたいと思ったとき」が繋ぎ時とも言えるのかもしれないですね。そうは言っても、なにかしらのきっかけが欲しい場合は以下のようなシチュエーションをうまく利用してみましょう。



■人混み

自然に手を繋ぐためには、「手を繋がないと困る」ような状況に持っていってしまうのが一番自然です。そうすればお互い余計なことを考えずに手を繋ぐことができます。人が多くてはぐれそうな状況や、渋滞した電車、初詣のときなど。とくに電車の中などは男性が女性を守るようなシチュエーションになるので、お互いにドキドキ感が高まります。あえて混む時間を狙って移動するのも良いでしょう。



■寒い時

筆者の知人で「暑い時に彼女から手繋ぎをせがまれると嫌」と言っている意見を何人も聞いたことがあるのですが、男性って基本的に女性よりも筋肉量が多いので暑がりです。だから、夏など暑い時期に手をつなぐと余計に暑くなって辛い人もいるようですよ。ただ、これは個人差があります。夏でも冷え性の男性もいますし、逆に暑がりの女性もいますよね。その点では付き合い始めのカップルが手を繋ぐのにはハードルが高い季節かもしれません。


寒い時期に「手が冷たい」「手袋忘れちゃったから手を繋いでもいい?」と切り出せばかなり自然な感じで手を繋げるでしょう。



■段差や階段で

ふつうに歩いているだけだと、手を繋ぐタイミングって見つけにくいかもしれません。そんなときは、階段や段差で歩きづらそうにするのも手です。あえて階段の近くにあるお店を選んでデートするという作戦も使えますよ。ぜひヒールを履いて出かけましょう。



■映画館

マッチングアプリ上のやりとりで盛り上がっていた場合など、初対面でもすでに手を繋ぎたいときはありますよね。映画館のように横に並んで座る席は、テーブルを挟んだ席に比べるとずっと手を伸ばしやすいのではないでしょうか。とくに、泣ける映画や怖い映画、アクションシーンがある映画などを選ぶと女性のほうからギュッと手を繋いだとしても全然不自然ではないですよね。


より迫力のある3D,4Dの映画なら、意識しなくても自然と手を繋いでしまうかもしれません。





■お祭り

お祭りは人も多くてはぐれやすいので、自然な流れで手を繋ぎやすいですね。せっかくなので浴衣やいつもと違うファッションで、少し慣れない感じでゆっくり歩くようにすると色気がアップ。彼も手を繋ぎたくなる気持ちが抑えられなくなってしまうかもしれませんよ。



■夜道

デートでの手の繋ぎ方がどうかでこちらの受け止め方も変わりますよね。いきなり恋人繋ぎされたら「この人遊んでそう」って思ってしまうのではないでしょうか。ただ、何回目かのデート手を繋ぐ関係になったら、恋人繋ぎにチャレンジしてみるとさらにふたりの仲が深まりそうです。


外で恋人繋ぎするのが恥ずかしいという場合は夜道なら恥ずかしくないのでは?明るい場所だとお互いの顔がじっくり見えてしまって気恥ずかしいですが、夜道で横並びに歩きながらならチャレンジしやすいはずです。



■別れ際

デート中に手を繋ぐタイミングを逃してしまったときは、別れ際までには繋ぎたい・・・・・・と考えますよね。無理に繋ぐ必要はありませんが、「いつもデートで手を繋ぐことが自然」という関係に慣れていきたいのであれば、別れ際に「今日はありがとう」とさりげなく握手して去るのも効果的です。そうすれば彼のほうも「彼女から握手してきてくれたってことは俺から手をつないでもいいんだな」という気持ちがちゃんと伝わりますから。



■手が触れ合ったとき

デート中、歩いているときに手が触れ合ったらドキッとしますよね。そこで「あ、ごめん」と謝って流してしまっていませんか?だとしたらもったいないです。せっかく手が触れ合ったなら、そのときにパッと手を繋いでしまいましょう。また、手が触れ合うような距離で並んで歩くことも大事ですよ。距離が遠すぎると触れ合えないですし、手も繋ぎづらいので距離感も意識してみてくださいね。


■付き合う前に手を繋ぐのは嫌?社会人が手を繋ぐタイミングは





高校生や大学生のデートと違って、会えるタイミング自体がなかなか会わないこともある社会人のデート。そうなると、何回目のデートで手を繋ぐか難しいこともありますよね。社会人のデートで手を繋ぐタイミングについて掘り下げていきます。



■関係性にもよる

社会人のデートって、学生時代に比べるとあまり共通の友人がいないところから始まることが多いかもしれませんね。お互いのことを全然知らない場合には、いきなり手を繋ぐのは不自然ですし、もしあまり知らないのにいきなり手を繋いでくる人がいたら、それは「体目当て」だと思ったほうがいいでしょう。


知り合ってからの期間が長くて信頼関係が出来上がっている場合は初回のデートで繋いでも問題ないと思いますが、逆に友達のように仲良くなりすぎていると「いまさら恥ずかしくて手を繋げない」となってしまうかもしれません。


そんなときは彼のイメージと違うファッションで登場するなど雰囲気を変えて女らしくしてみるのも効果的です。



■手を繋ぐのは受け入れてもらえるかの確認

社会人のデートの場合、半分は社交辞令のように「今度飲みに行きましょう」というやりとりから始まることもあります。こんな流れでの初デートだと、お互いの気持ちがわかりにくいんですよね。それを態度で測っていくために手を繋いで確認していくのです。


だから、男性が手を繋いできたとしたら「この先に進んでもいいですか?」「男として見ていますか?」の確認だと思ってこちらも対応しましょう。自分にその気がなかったら、受け入れなくてOKですよ。



■関係が曖昧なまま進むのは危険

もし、デートだったしても付き合う前に手を繋がれたらちょっと考えたほうがいいです。そこで流されて何も言わないと、「この子は付き合おうと言わなくても何も言わずにエッチさせてくれそう」と思われてしまう可能性があります。そうなったら嫌ですよね。後で後悔しないためには、ちゃんと相手の意思を確認してから手を繋ぐようにしましょう。


■気まずくならないための手汗対策



手汗をかく体質の方は、デートでいつも手を繋ぐのが億劫かもしれません。筆者もそうなのですが、手汗が気になってしまうと、ヨガなどのクラスでも「隣の人とペアになって押してください」などと言われただけで心拍数が上がってしまいます。デートで好きな人と歩いていたら余計に緊張しますよね。デートで気まずくならないための手汗対策を紹介します。



■手汗をおさえるツボを押す、刺激する

もっとも簡単にできる手汗対策としては、手汗に効くツボを押すこと。簡単で押しやすく、もっとも有名なのが「合谷」と言われるツボ。手の甲を自分側に向け、親指と人差し指の間の水かきの部分より少し根元側にあります。反対側の手の親指でぎゅっと押してみて、ズンと響く痛い場所があったらそこがツボです。


手のツボは彼と会話しながらでもテーブルの下でさりげなく押せるのもポイントが高いですね。



■手汗用の制汗剤を使う

デートで手を繋ぐタイミングがいつになるか・・・・・・なんて分からないですよね。そんなときは市販の手汗用の制汗剤を使うのも良いでしょう。自分に合うもの、合わないものがあるはずなので、何種類か試してみると良いですね。



■睡眠をしっかりととる

筆者の場合、ぎっくり腰で鍼に通っていた間になぜか手汗が軽減したことがありました。不思議に思って鍼の先生に聞いてみたところ、それは偶然ではないそうです。手汗は自律神経によるので、生活リズムが狂って夜型の生活をしたり、悪い姿勢で首にある自律神経が悪影響を受けたりすると悪化することもあるそうです。自律神経を整える方法の一つに鍼がありますが、もっと簡単に取り入れられるのは「睡眠」です。


決まった時間に寝る、決まった時間に起きて規則正しい生活で睡眠をしっかりとることが大事ですよ。デートの前日はワクワクや緊張でなかなか寝付けないかもしれないので、早めにベッドに入るようにしてみると良いのではないでしょうか。



■ハンカチを常備しておく

デートでいつも手を繋ぎたがる彼なら、手汗のことを気にしていないはず。でも、自分が気になってしまう・・・・・・という場合は、手汗用のハンカチを用意しておくのも良いですね。ふつうのハンカチと別に持ってタオルタイプのハンカチでマメに拭うようにすれば、それほど気にならないでしょう。



■「手汗かいちゃうけど大丈夫?」と聞いてみる

手汗って「相手に気づかれたらどうしよう」と思うからこそ緊張しますよね。彼が全然手汗を気にしない人だったり、彼自身を手汗をかく人だったら緊張しなくて済むはずです。
いっそのこと「私、手汗かくんだけど」と告げてしまうのも良いでしょう。


彼に「気にしないよ」と言ってもらえれば、安心して手汗をかきづらくなるかもしれません。手汗には緊張が良くないですからね。早めに言ってしまったほうが、お互い気にせずにデートで手を繋ぎやすくなるでしょう。


■手を繋ぐとこんな効果がある



デートでいつも手を繋いでいるカップルって、そこから安心感を得ているはず。デートで初めて手をつなぐタイミングでも、そこから色々分かることがあります。手を繋ぐことで得られる効果について見ていきましょう。



■生理的にどうか相性が解る

たとえば、マッチングアプリでの初デートのように事前に全く相手の情報がなく、かつ共通の友人もいないという状況で「この人のこと好きかも」と判断するのって直感ですよね。でも、「この人いいな」と思っていても、手を繋いでみたら「あれ、なんか生理的に無理かも」と感じる場合もあるでしょう。


それは無意識に相手との相性の悪さを感じ取っているはずなので、その直感は無視しないほうがいいです。


手を繋いでみて違和感を感じたり、なにか違う気がしたら、それ以上進まないほうがいいですよ。うまく断って帰るなど、次に進まないことをおすすめします。



■距離が縮まる

友達同士でふざけて手を繋ぐことがあっても、恋人繋ぎまではしないはず。デートで手を繋ぐときも、ただ軽く繋ぐのではなく「恋人繋ぎ」で握ると少し特別な感じがしますよね。


恋人繋ぎはカップルの象徴のような握り方なので、お互いに心の距離も縮まるでしょう。握り方で意識させることもできるので、頭に入れておくといいですね。



■リラックスできる

手を繋ぐのって「いつ繋がれるかわからない」と思っていると緊張してしまいますよね。でも、そこであえて自分から握ってしまうという方法もあります。デートでいつも手を繋ぐのが当たり前の関係になってしまえば、そのほうがリラックスして過ごせます。もう少し仲良くなりたいと思ったら、女性からも手を繋いでしまいましょう。



■恋愛がすすむ

マッチングアプリでのデートって、前からの知り合いとのデートに比べたら「1回限りで終わるかも」という場ですよね。だからこそ相手の印象に残るようなデートにしたいと思ったら、"恋人繋ぎ”で手を繋いで特別感を出すのもいい方法です。


自分が「この人と会いたい!」と強く思っているなら、態度で伝えることは大事ですよ。男性の方だって、「自分は好かれていないかも」という不安をデート中に感じています。そこで自分から手を繋ぐことで好意を伝えれば、「また誘っても大丈夫なんだな」と彼も感じるでしょう。


■まとめ



デートで手を繋ぐかどうか。これって皆が悩むことだし緊張することです。勇気を振り絞って女性のほうから手を繋いだのに、パッと振り払われたりしたらショックで立ち直れないかもしれません。でも、彼のほうだって緊張しているかもしれないのです。


実は嬉しいと思っているのに緊張しすぎて拒否したような態度になっているだけの場合もあります。そもそもデートでふたりで会っている状況なら、最低限の印象はクリアしているわけで、そこからうまく気持ちを伝えていくことが出来れば付き合える可能性は十分あいます。


手を繋ぐってすごく大事なコミュニケーション。手を繋ぐことで、「この人と合いそうだな」と感じることも、逆の場合もあるかもしれません。恋人繋ぎをするくらいの関係になれば、より相手への気持ちも高まりますよね。そこからさらに距離を縮めることもできるのが手を繋ぐという行為です。


今回は、手を繋ぐのに自然な場所や何回目のデートで繋ぐのが良いのかのタイミング、シチュエーションや男性、女性それぞれの考え方などをご紹介しました。


手を繋いで、改めて「この人好きだなあ」と思える関係になれるのが理想ですよね。ぜひ、参考にしてみてくださいね。(上岡史奈/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「デート」をもっと詳しく

「デート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ