東は魚介、西は肉 日本全国鍋マップ

10月12日(金)5時0分 OVO[オーヴォ]

 そろそろやってきたお鍋の季節。ご当地色が出る献立の一つでもある。鍋料理に関するアンケート調査(さとふる・東京)によると、鍋の具材は、東日本で魚介類、西日本で肉類が好まれているらしい。

 全国の20〜69歳の男女2,350人(各都道府県50人)を対象に調査。まず、人気の具材はというと、鶏肉(73.5%)、豚肉(65.%)、タラ(56.1%)の順。このうち、タラは関東、東北、北海道と、東日本で使われる割合が高かった。一方、鶏肉は九州で80.4%(特に福岡県が84%)、豚肉は四国で76%と、西日本はどうやら肉派が多いようだ。



 鍋つゆにも郷土色がくっきりで、九州ではあごだし、東北では味噌、近畿ではうどんだしなどの比率が高い。またつけダレは、全国的にポン酢が人気。シメは、讃岐うどん(香川県)やちゃんぽん(長崎県)などの有名な食材がある地域では、やはりその食材の使用割合が高かった。

OVO[オーヴォ]

「全国」をもっと詳しく

「全国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ