実際にキスをしてもOK 『ドラ恋』前代未聞のオーディションルールに衝撃走る

10月13日(日)14時0分 AbemaTIMES

 10月12日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.10(AbemaTV)が放送され、前代未聞のオーディションでのキスに注目が集まった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあが務め、act.10にはスペシャルゲストとしてPerfumeのあ〜ちゃんを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 オーディションで受かった主役のふたりだけが実際にキスをするというルールのもと進められてきた同番組だったが、最後のドラマの主役の座をかけたオーディションでは、なんとオーディション中からキスをしても良いことに。そんな前代未聞のルールにメンバーたちは大混乱。

 1組目に選ばれたりょう&ミキのペアは、「キスどうする?」と相談。役者としての意地を見せようと「やる」とキスをする意向を見せたりょうにミキは驚くも、その意思通り、実際にキスをしてリアリティのある演技を披露した。

 すると、ふたりに続き、シュンスケ&めぐのペアも実際にキス。ももとペアとなったダイチも「ももちゃん選んでいいけど、本気で獲りにいくんだったらキスした方がいいと思う」と諭し、ももは役者としての道を選択。ダイチのリードで実際にキスをした。

 しかし、こいはるに想いを寄せるとむは、かおるとオーディションに挑むも、キスの直前でひるんでしまい、実際にキスはできず。一方、とむのことを想うこいはるも、とむの演技をみたからか、りょうからのキスを拒んでしまった。

 意中の相手が目の前で違う人とキスをするという役者ならではの厳しい状況に心かき乱される様子や、恋愛と仕事どちらを優先させるのかという窮地に立たされた様子を見たスタジオメンバーは、「これは俳優として、やんなきゃっていう誠意をみせたんですね」「キスすると演技がリアルになるね」「複雑だなぁ」など終始VTRに釘付けだった。

▶︎動画:『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.10

AbemaTIMES

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ