食パン、「薄切り」の東日本・「厚切り」の西日本...その境界線は? 7000人アンケートで判明!

10月13日(金)6時0分 Jタウンネット

「食パン、何枚切りが好き?」(Jタウンネット調べ)

写真を拡大

食パンがおいしいのは、何枚切り? 関東では6枚切りが主流と言われるが......。関西では4枚切りや5枚切りなど厚切りが好まれるそうだ。本当だろうか。


そこでJタウン研究所は、「食パン、何枚切りが好き?」について、都道府県別にアンケート調査を行った(総投票数7316票、2017年8月31日〜10月10日)


はたしてその結果は? どんな地域差が出たのだろうか?


薄切りでパリパリした食感が好き、だから?


投票数で比べた結果は、4枚切り19.4%、5枚切り28.7%、6枚切り26.3%、8枚切り12.8%、10枚切り12.5%だった。下の円グラフのとおりだ。



また各県ごとの最多得票を色分けして日本地図上に落としてみた。上の日本地図をご覧いただきたい。


日本地図は西日本と東日本ではっきり色分けされている。西日本には5枚切りのオレンジ色が敷き詰められている。一方、東日本には6枚切りの水色が広がっている。一部、8枚切りの青色、10枚切りのグリーンも見えるが......。また境界に位置する愛知県や岐阜県は微妙ではあるが、西日本は5枚切り(厚切り)、東日本は6枚切り(薄切り)という傾向が見てとれる。


各都道府県別の詳しい調査結果を見てみよう。まず東京都は、総得票数2159票。そのうち4枚切りが14.5%、5枚切りが22.8%、6枚切り25.1%、8枚切り20.6%、10枚切り17.1%だった。わずかな差ではあるが、最多得票は6枚切りだった。


8枚切り・10枚切りの食パンは、第2次世界大戦後、進駐軍によって大量注文されたことがきっかけという説もある。関東では古くから、おせんべいみたいに薄切りでパリパリした食感が好まれる、という説も有力だ。


神奈川県の結果も見ておこう。総得票数169票、そのうち4枚切りが14.2%、5枚切りが18.3%、6枚切り30.2%、8枚切り18.3%、10枚切り18.9%だった。最多得票は6枚切りだった。


一方、大阪府の結果を見てみよう。総得票数308票、そのうち4枚切りが31.2%、5枚切りが35.4%、6枚切り24%、8枚切り5.2%、10枚切り4.2%だった。最多得票は5枚切りだったが、4枚切りもかなり多い。4枚切り・5枚切りを合わせると約3分2を占め、圧倒的に厚切りが好まれていることが、よく分かる。


うどん、お好み焼き、たこ焼きなど「粉もん」文化の関西では、もちもちしたやわらかい食感が好まれるという説が、なぜか説得力を持つ。食パンも厚切りでやわらかい方が支持されているようだ。


もう一つ、福岡県の結果も見ておこう。総得票数222票、そのうち4枚切りが25.7%、5枚切りが33.8%、6枚切り26.1%、8枚切り5%、10枚切り9.5%だった。やはり最多得票は5枚切りだった。


「薄切り」の東日本、「厚切り」の西日本、という構造が見てとれる、食パンの世界。でもなぜだろう、本当に。 Why Japanese people?!

Jタウンネット

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

食パンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ