「二次元に恋したペンギン」ことグレープくん、天国へ けもフレキャラのパネルから離れない姿が人気に

10月13日(金)11時20分 ねとらぼ

コラボ企画初日のツーショット

写真を拡大

 東武動物公園(埼玉県)の「二次元に恋したペンギン」として人気を集めていたフンボルトペンギンのグレープくんが12日、天に召されました。
 同園では4月から9月にかけて、「けものフレンズ」とのコラボ企画が実施。同作のキャラクター「フレンズ」たちのパネルをモデルになった動物周辺に展示したところ、グレープくんが「フルル」のそばを離れようとしない姿に話題が集まり、「二次元に恋したペンギン」として有名に。
 企画終了後の10月11日、グレープくんは体調不良に陥り、翌12日に息を引き取りました。東武動物公園のペンギン舎周辺には、14日から献花台が設けられる予定です。なお、死亡原因については現在調査中とのことですが、グレープくんはフンボルトペンギンとしては高齢の21歳。「グレープ爺」などの愛称で親しまれていました。
 これを受け、「けものフレンズ」公式Twitterアカウントは「フルルと並んでくれた愛くるしい姿、深く心に刻まれております。どうか安らかにお眠りください」とツイート。フルルの声優を務めた築田行子さんも「こんなに早くお別れが来てしまうとは思ってなかったので寂しい気持ちでいっぱい」と悲しみをコメントしています。

ねとらぼ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ペンギンをもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ