紅白司会候補にまさかの元SMAP・中居正広が急浮上! 「ジャニーズの推しは関ジャニ・村上信五だったが…」関係者が明かす選考の内幕

10月13日(金)9時0分 tocana

画像は、Thinkstockより

写真を拡大

 2017年もいよいよ終盤に突入した。大晦日の風物詩・紅白歌合戦(NHK)の司会の座を巡って、水面下での争いが激しくなっている。白組司会はジャニーズ所属アイドルということで「ほぼ決まり」(NHK関係者)とのことだが、ここにきて候補として急浮上しているのが元SMAPの中居正広だ。昨年、SMAPとして熱烈なオファーを受けたが、最後までメンバーの足並みは揃わずに断りを入れた。そのお詫びとばかりに、中居が司会就任という説が流れている。

 少なくともこの10年間、紅白はジャニーズに頼り切りだ。2006年から司会の一角は必ずジャニーズが務めている。

「今年も白組司会はジャニーズでほぼ決まり。ジャニーズのアイドルは日本全国の老若男女に知られており、イメージも良いから。間もなくの発表に向けて、最終的な選考に入っている」(前出・同)

 ジャニーズで番組MCといえば、中居が代名詞だった。実際に紅白でも1997〜98年、2006〜09年と合計6度も司会を務めている。だが今年は、その様相も変わってきた。

「ジャニーズはポスト中居として関ジャニ∞の村上信五を必死に売り出しており、その努力も実ってきた。現在、グループも含めるとテレビ9本、ラジオ2本のレギュラーを抱える超売れっ子となった。その集大成として紅白の司会をさせようと、ジャニーズはNHKに働きかけている」(テレビ局関係者)

 ジャニーズがこれだけ推している以上、村上で決まりかと思われたが、決してそうではないという。村上を押しのけて名前が浮かび上がってきたのが、まさかの中居だ。

「NHK内にはまだ村上では“弱い”と考える人もいます。そこで再登板の目が出てきたのが、中居です。司会としての技量に加えて、地方のお爺ちゃんお婆ちゃんにまで知られた圧倒的な知名度は、まだまだ村上に勝っています」(音楽評論家)

 昨年大晦日をもって解散となったSMAPは、紅白を最後の舞台としてほしいNHKから熱心なオファーを受け取ったが、最終的にジャニーズを辞めた香取慎吾や草なぎ剛、稲垣吾郎が反対したため、実現しなかった。

「ジャニーズに残留した中居はそこまで反対していなかった けど、香取らに押し切られる形で出場しなかった。最後まで待ってくれたNHKへの借りを返すためにも、今年は司会としてオファーがあれば出るつもりはあるとのこと」(前出・同)

 最終的に香取らと行動を共にせず残留を選んだ中居ならば、ジャニーズとしても納得するだろう。ソロとして初めての年の締めくくりが紅白というのは、大きな話題となること必至だ。

※イメージ画像:ThinkStockより引用

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

SMAPをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ