金井飛行士「準備は万全」…NASAで最終訓練

10月13日(金)12時17分 読売新聞

宇宙空間がドームに映し出される施設で、ロボットアームの使い方を訓練する金井さん(右)(テキサス州ヒューストンで)=三井誠撮影

写真を拡大

 【ヒューストン(米テキサス州)=三井誠】12月に国際宇宙ステーション(ISS)に向かう金井宣茂のりしげ宇宙飛行士(40)は12日、米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターで最終段階の訓練を行った。

 終了後、金井さんは「準備は万全です。『行くぞ』という感じです」と笑顔で語った。

 ロボットアームで宇宙船をつかむ作業の訓練は、宇宙空間でのアームの動きがドームに映し出される施設で行った。ISSを模した別の実物大施設では、火災や空気漏れなどを想定した非常事態の訓練も行い、米露の同僚飛行士とともに手順を確認しながら作業に当たった。米国での訓練はこの日が最後。今後、日本やロシアなどで訓練を重ね、12月17日に予定の打ち上げに備える。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

訓練をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ