ヤキモチを妬く人の心理はなに?ヤキモチの正しい対処法までご紹介

10月14日(月)13時0分 ハウコレ



片思いの彼にヤキモチを妬いてしまう自分が苦しいなら、客観的な視点に切り替えてみることがおすすめです。ヤキモチの感情に振り乱されるのは、主観的な思考によりすぎているから。


つまり、あなたは良くも悪くも《恋は盲目状態》。視野が狭くなりすぎているため、ヤキモチに苦しんでしまうのです。ではいったい、どうしたら客観的な視点をキープして冷静な自分でいられるのでしょうか?


これから、ヤキモチを妬くことの本当の意味を知り、どんな心理状態に陥っているのか、自分の心と向き合っていきましょう。自分を深く理解することこそが、客観的で冷静な自分作りにつながるはずです。


■ヤキモチを妬くという意味とは?



恋人でもない片思い中の男性に、なぜかヤキモチを妬いてしまう自分。そこにはいったい、どんな感情の変化が生まれているのでしょう?


ヤキモチに苦しくなってしまうのは、自分でも自分の感情がよくわからないから。自分を客観的に捉えれるようになれば、時間をかけてヤキモチを上手に消化できますよ。まずは、あなたが《ヤキモチを妬く》意味についてお伝えしていきましょう。



■それだけ相手が好きだという証拠

あなたがヤキモチを妬くのは、それだけお相手を異性として好きだからです。頭と胸のなかは、愛しい彼のことでいっぱい。だからこそ、相手にも自分だけに目を向けて欲しい、自分のことでいっぱいになってほしいと強く願ってしまうのです。


また、ヤキモチを妬いてしまったことで、初めて自分が《彼に片思いをしている》と気づく場合もあります。友達だと思っていたのがいつの間にか好意に変化していたり、嫌いな面が目に付くのに、逆にそこが魅力となって惹かれてしまっていたり・・・。


ヤキモチとは、好意を持つ人にだけ発生するマイナス感情です。そのため、ノーマークと認識していた男性にヤキモチをやいてしまったのなら、確実に彼の魅力に落ちてしまっているといえるでしょう。


しかし、いまのあなたの立場は彼の恋人ではなく、片思いするひとりの女性。客観的に捉えると、ヤキモチに苦しむあなたは《彼氏でもない男性に、なぜか激しくヤキモチを妬いて苦しんでいる女性》とも判断できるわけです。


ヤキモチを妬いてしまうほど誰かを好きになるって、素敵なこと。しかし、まだ彼の特別な存在になったわけではないのだから、自分を見失うほどのヤキモチに苦しむのは、少し思い詰めすぎともいえそうです。



■基本的に独占欲が強いという証拠

ヤキモチと独占欲は、意味が似ているようで違っています。ヤキモチとは、好きな異性への報われない想いが、マイナス感情となって表面化してしまうこと。独占欲とは、男女関わらず、相手の注目を独り占めにしたいという欲望そのものを指しています。


いわば、《独占欲は、ヤキモチの種》ともいえるでしょう。そのため、片思いの彼にヤキモチを妬いてつらくなってしまうあなたは、基本的に独占欲が強い性質だということになります。


好意を持っている友達や異性に対して、いつも自分が一番でありたい。いつも自分のことを考えていて欲しい。あなたは無意識かもしれませんが、他者の感情を支配したいという強い気持ちを持っている人なのです。


そんな独占欲の強い友達や異性が、もしあなたの周囲にいたとしたらどうでしょう?付き合いづらそうじゃないですか?客観的にみれば、そんなにも独占欲が強い人は、ちょっと怖いと感じてしまいますよね。


そして、この悩ましい性質は、年齢を重ねても完治することがありません。そのため、周囲の人たちと仲良くしていったり、幸せな恋を手に入れたりするためには、自分のヤキモチの答えに上手く対処しながら、強い独占欲と一生付き合っていく必要があるのです。


だからこそ、自分の独占欲を思うがままにコントロールできるようになったほうが精神的にラク。ヤキモチ妬きに苦しむ自分に対処できるようになれば、穏やかな日々を送れるようになるといえるでしょう。


■ヤキモチを妬いてしまう人の4つの心理



あなたがヤキモチを妬いてしまうのは、基本的に独占欲の強い性格で、相手を異性として好きすぎるという要素があるから。では、あなたがどんな心理になったときに、その要素が爆発してしまうのでしょう。自分でもわかりづらい心の動きに、焦点を当てて行きましょう。



■相手を独り占めしたいという気持ちが強い

あなたは、片思いの彼を独占したいと強く思ったときに、ヤキモチを妬いてしまいます。相手を好きになった分だけ、好きになって欲しくなるのが自然な恋愛心理。そのため、自分が注いだ愛情の分だけ、彼に愛をもらおうと必死になってしまうのです。
しかし、片思いの今は、彼が誰を好きかなんて神のみぞ知るというところ。こんなに恋焦がれても、彼が自分を恋人として選んでくれるかどうかわからないなんてつらいですよね。
また、他にも彼を狙っている女性がいたとしたら、その子を選んでしまうかもわからない不安に押しつぶされそうにもなってしまうでしょう。


彼という男性への、果てしなく強い独占欲。激しくてやるせない自分の恋心。ほかの素敵な女性に、彼を取られてしまうかもしれないという恐怖心。あなたのヤキモチは、これらの心理が複雑にからみあって発生しているのです。





■自分に対する自信がない

あなたは、自分に自信がないことでも、彼に対してヤキモチを妬いてしまいます。そんなにかわいい顔をしているわけではないし、モデルさんのようにスリムで華やかなスタイルでもない。また、みんなが羨むほど、勉強や仕事に秀でているというわけでもない。
《ないないづくし》の状態では、誰だって自分に自信なんて持てるはずがないでしょう。そんな自信のない自分が、女性から人気があって、まぶしくて素敵な彼を射止めたいと望む。


光と影の落差に「どうせ私なんか、彼に選ばれるはずがない」と、つい卑屈な心理になってヤキモチを妬いてしまうのです。まして、ライバルが誰もが羨む美人で、恋に積極的な性格だったとしたら、なおさら!


「きっと、自分に自信のある彼女のほうを選ぶよね」「私だって、もっとキレイに生まれていたら、堂々と彼にアプローチできるのに」などと自信のなさが原因で、いまのスペックをついつい呪ってしまうのです。



■相手の気持ちを疑い始めている

「もしかしたら、彼は私にオンナとしての興味がないのかも・・・...」彼の気持ちを疑う心理に陥ったときも、あなたはヤキモチを妬いてしまいます。彼に話かけると笑顔で対応してくれるし、もちろん彼からも気軽に話しかけてくれる。また、ちょっとした頼み事も、快く引き受けてくれる。しかし、その彼の姿に自分への恋心があるかどうかなんて、時間の経過に連れて、残酷に判明してしまうものです。


オトナの世界は、常に本音と建て前。両思いになれるかもしれないという期待が失望に変わると、人は自分の純粋な恋心をもてあそばれたような気がして、《ヤキモチやき》に豹変してしまうのです。


「私を好きになってくれないのなら、こんなに期待させた彼を罰してやる!」もちろん、付き合ってもいない彼を罰する権限なんて自分にはナシ。しかし、そんなドロドロした気持ちになってしまう女性もいるのです。



■もっと自分に構って欲しいと思っている

もっと自分に構って欲しい。愛情を向けて欲しい。あなたはそんな心理からも、片思いの彼にヤキモチを妬いてしまいます。日々暮らしている中で、嬉しいことや楽しいことがあれば、真っ先に好きな彼に話をきいてもらいたくなるでしょう。
勉強や仕事など、いままでに努力してきた成果が出たのなら、好きな彼に「頑張ったね!」と褒めてもらいたくなります。嫌なことがあったり、迷うことがあったりすれば、好きな彼に相談して、慰めて欲しいと望むでしょう。彼がほかの女性と楽しそうにしている姿を見たら、自分にも同じだけ関わってもらいたくなります。でも現実の彼はあまり構ってくれないし、そればかりか冷たささえ感じる。
自分の期待が一方通行になっているから、寂しいと感じてヤキモチを妬いてしまうのです。さらに、このままの構ってくれない状態では、彼に見捨てられてしまうかもしれないという焦りもあります。彼が自分の期待に応えてくれない絶望感が、余計にヤキモチを大きく膨らませてしまうのです。


■ヤキモチを妬いてしまう瞬間はいつ?



あなたがヤキモチを妬いてしまう心理は、片思いの彼に愛されたいのに、なかなか上手くいかないことが原因のようです。


次は、あなたがどんな瞬間にヤキモチを妬いてしまうのか、深堀りしていきましょう。ヤキモチの流れを細かく分析することで、より客観的な視点で冷静に対処できるようになるでしょう。



■好きな人がほかの女性に興味を持つ時

あなたがヤキモチを妬く瞬間は、彼がほかの女性に興味を持つときです。自分だって彼に愛されようと一生懸命に話しかけたり、彼をもっと知ろうと理解に努めたりしているのに、肝心の彼はほかの女性に興味津々!
「どこに住んでるの?」「LINE教えて」「今度、飲みに行こうよ」なんて、人の気も知らず、無邪気なキラキラした目で交流されたら怒りが爆発してしまうでしょう。それと同時に、自分の想いや努力を無にされたような気がして、ヤキモチも妬いてしまうのです。
さらに、彼が興味を持った女性が、自分とは真逆のタイプだったり、かなりの美人だったりすれば、女性として負けたような気にさえなってしまいます。ショックで奈落の底に突き落とされたような気持ちになることでしょう。


頑張っている自分には目もくれず、気に入られる努力をしていたわけでもない他の女性と仲良くしようとする彼。「恋人ではないけれど、私の存在って、いったい何なの?」と、彼に問い詰めたくなってしまいますね。



■ほかの女を目で追う時

大好きな彼がほかの女を目で追っているのに気づく瞬間も、あなたがヤキモチを妬いてしまうときです。さっきまで一緒に会話を楽しんでいた彼なのに、かわいい女性が目の前を通っただけで、あっという間に上の空。興味の対象をかっさらっていくかわいい女性と、そんなかわいい女性に視線を奪われる彼に「あの女のほうに魅力を感じているのね」「きっと、私なんかよりあの女のほうが好きなんだ」と、視野が狭くなって、どんどんヤキモチがオーバーヒートしてしまうのです。
たとえ、まだ恋人になっていない段階であっても、やっぱり自分以外の女性に目を奪われている好きな人の姿は許せないもの。自分より魅力的な女性に、惹きつけられているんだと思うと、本当にやるせなくなってしまいますよね。


おまけに、男性が女性を目で追うのは、恋の脈ありサインだともいわれています。その事実が脳裏をよぎるので、自分から彼が離れていってしまうのではないかと、強烈なヤキモチをあおってしまうのです。





■元カノの話を聞いた時

彼と別れて、過去の女性になっているはずの元カノ。もう彼とは無関係になっていなければならない女性でもあります。そんな元カノ話を彼の口から聞いた時も、あなたがヤキモチを妬く瞬間!「なんで私の前で元カノの話なんかするの?」「もしかして、いまでも仲良くしていて、連絡取り合ってるの?」「まだ未練を引きずっていて、忘れられないの?復縁でも狙ってるの?」と、心の中が彼への疑問でいっぱいになってドロドロしてしまうことでしょう。彼に元カノと復縁でもされたら、自分が彼の彼女になる未来はお蔵入り。元カノは一時期でも彼が夢中になっていた女性ですから、一度は別れたとはいえ強力なライバルであります。
別れてもなお、彼を繋ぎとめているかもしれない元カノの魅力に、あなたは女性として強烈なヤキモチを妬いてしまうのです。


そもそも、男性が元カノの話をするのは、だいたいがいまでも元カノを女性として忘れられないから。女性は失恋すると元カレの思い出を次の男性で上書き保存するけれど、男性は未練がましく別フォルダに元カノを保管し続けるといわれています。


もう好きという感情は消え去っていても、彼が元カノの思い出を後生大事に保管しているは確か。元カノの影なんかに負けたくない、でも勝てる自信もない。元カノ話を嬉しそうにする彼の表情には、恨めしくなって激しく動揺しちゃいますね。





■ほかの女性と比べられた時

「Aちゃんのほうが、オマエより顔小っちゃい」「Bちゃんのほうが、オマエより胸が大きくてセクシー」「Cちゃんて、本当に性格いいよな。見習えば?」など、好きな男性に、なぜか他の女性と比べられて下位にランキングされる瞬間。
自分のすべてを否定されたようで、とても悲しくなってしまいますよね。そんなときは、憤りに近いヤキモチを妬いてしまうものです。それと同時に、そんなヒドいことを口にする彼の神経にも、疑問を持ってしまうことでしょう。


このショッキングな出来事をよい意味だとすがりつくのなら、彼の好意からくる《男のヤキモチ行動》と考えられます。それはなぜかというと、男性には好きな子をいじめたくなる特有の心理があるから。好きだから気に入られようとするのではなく、男はいじめることで好きな子の興味をひこうというのです。


また、男性特有のヤキモチによる態度でなければ、単にディスって楽しんでいるだけともいえるでしょう。どちらにせよ、こんなに散々な目に遭っているのに、それでもまだ彼が好きだなんて、自分の男の趣味にも呆れてしまいますね。



■「見出し⑤」好きな人が他の物に夢中になっている時

仕事、スポーツ、ゲーム、漫画、そして男友達・・・...。好きな人が他の物に夢中になっているときも、あなたがヤキモチを妬いてしまう瞬間です。話しかけても上の空だったり、連絡を後回しにされたり。
ときには、男友達を優先して、せっかくとりつけた約束をドタキャンされたりすることだってあるでしょう。こんなとき、あなたに対する彼のなかの優先順位は、最下位といってもよいくらいの状態です。


自分の愛情と、彼からの愛情をシーソーに乗せたら、自分の愛情のほうが確実に地面にめりこんでしまうでしょう。ほかの女性に夢中になっているわけではないため、まだ気はラクですが、それでもやっぱりヤキモチやきになってしまいます。


彼のやりたいことに余裕を持てない自分もイヤだけれど、彼の一番になれない自分はもっとイヤ!強引にでも振り向かせようと、「自分だけを見て!」と猛アピールしてしまうこともあります。


彼にヤキモチを妬いてしまう瞬間は、すべて自分を一番に見てくれていないとき。つらい気持ちにはなってしまうけれど、それでも彼のことは諦められないくらいに好きなのです。彼一点に視線が集中している自分に、ちょっと怖いとさえ思ってしまいますね。


■ヤキモチを妬いた時に見せる5つの行動



あなたがヤキモチを妬く瞬間は、片思いの彼に大切にしてもらえなかったときのようです。そんなときのあなたは、感情に飲まれて自分が見えなくなってしまっているときでもあるので要注意!。


もしかすると行き場のない想いが、とっても痛々しい行動へと変換されてしまっているかも?せっかく彼に恋した気持ちを大切にするためにも、自分のプライドを大切にするためにも、思わずしてやってしまうヤキモチ行動に気をつけていきましょう。





■ヤキモチの対象について調べようとする

ヤキモチの感情に支配されてしまったとき、あなたは彼の心を奪ったヤキモチの対象について大調査してしまうかもしれません。「あの女の名前は?」「どんな仕事をしていて、どんな生活を送っている人なの?」「彼女は、彼に惚れているの?」


友人という人脈を使って調べたり、卒業アルバムからチェックしてみたり、Facebookやツイッターのアカウントを検索してみたり。あなたは、ありとあらゆる方法でヤキモチの対象をリサーチしてしまうのです。それもこれも、自分がその女性にオンナとして勝てる存在なのか、彼を奪っていかない存在なのかを確かめたいため。よくない考え方ではありますが、《自分より下》と判断できる女性なら、安心してヤキモチを引っ込めることができるのです。


ヤキモチがひどくなると、リアルな姿を確認するべく相手を待ち伏せしてしまったり、あえて友達になって内面を知ろうとしたりするケースも実際に起こっているようです。
これでは、ストーカーに近い行為というもの。道を踏み外さないためにも、ヤキモチの対象を調べすぎないようにしていきたいですね。





■彼は自分のものだとアピールしようとする

激しいヤキモチに狂ったあなたは、周囲が見えなくなって、彼は自分のものだと猛アピールしてしまうかもしれません。現在の時点では、彼があなたに気があるかどうかも不明なのに、自分の恋人だと決まったわけでもないのに、です。


冷静な判断ができなくなったあなたは、片思いの彼を失いたくないばかりに大勢の前で彼との親密な様子を見せつけようとしたり、ヤキモチの対象がいない状況で、彼が自分の味方になってくれるべく画策したりしてしまいます。


周囲のひとたちは、そんなあなたにもちろんドン引き。自己顕示欲の強烈な女性になると、彼がちょっとでもよい反応をしただけで、「彼は私が好きみたい」と吹聴してしまうような行き過ぎたケースもあります。


自分のモノだと実力行使に出ることで、ライバルやライバル予備軍を思いっきり追い払って遠ざける。「私から、彼を奪うと怖いのよ」と、自分の強さを見せつけようとしてしまうのです。


自分のモノアピールがエスカレートすると、ほかの女性が用事で接しただけでも、過敏に反応して彼をガードしてしまう女性も。片思いの彼からすると「彼女じゃないんだから、そんな無茶苦茶するの、もうやめろよ」って、ウザがられてしまうかもしれないのです。



■嫌な気分になってテンションが下がる

片思い中の彼が、ほかの女性となんだかラブラブモード。肩を寄せ合って歩いたり、ふたりで共同作業を進めたり、キラキラした笑顔を向けあったり・・・...。
自分だけが置いてきぼりにされた孤独感と、ふたりに対するうらやましさから、あなたは激しいヤキモチを妬いてしまいます。さらに、自暴自棄になってしまったあなたは、嫌な気分からテンションが下がって、ふてくされた行動に出てしまうのです。
自分の恋心を知ってか知らずか、無邪気に他の女性と仲良くする彼。自分の大好きな彼に興味を向けてもらえるほかの女性への妬み。そんな楽しそうなふたりに、思いっきりヤキモチを妬いてしまうみじめな自分・・・・・・


私はキレイじゃないし、明るくもない。スタイルもイマイチだし・・・なんて、自分に自信が持てないコンプレックスも絡み合うと精神状態はどん底に!長期的にテンションの回復が計れずに、嫌な気分を引きずって、あなたは重症なネガティブにも陥ってしまいます。
しかし、周囲はそんなあなたの姿を憐れんでくれたりはしないでしょう。自分のマイナス感情をまき散らす、自己中な女性だと踏んだり蹴ったりみたいな烙印を押されてしまうのです。





■メールやLINEの返事がそっけなくなる

ヤキモチに乱されてしまったあなたは、好きな彼を罰してやれとばかりに、行動がそっけなく激変してしまうこともあります。代表的なのが、メールやLINEの返事がいままでとは別人のようにそっけなくなってしまうという行動です。


これは、ヤキモチの対象となる他の女性や物が存在するため、「私からのメールやLINEなんて簡略的なものでいいよね!」「ほかの気に入った女性と、楽しくやりとりしとけばいいでしょ?」という八つ当たり的な心理になってしまうのです。


ほかにも、片思い男性の態度のせいで気分を害したと、本人に気づいて欲しいと望む側面もあるでしょう。メールやLINEの女の子らしい文章は身を潜め、あっという間に他人行儀で事務的な文章に。さらに、絵文字やスタンプも消滅してしまいます。


まるで、それは嫌いな人に向けるメッセージのよう。彼もあなたの態度急変に「いったいどうしたんだろう?もしかして、ヤキモチ?」と対応するのが面倒くさくなってしまうでしょう。


大好きな彼にメールやLINEをするのだから、本当は楽しくコミュニケーションしたい。自分でもわかっているのですが、底なし沼のようなヤキモチの心理に捉われているため、どうしてもメールやLINEの返事が冷たく、そっけなくなってしまうというわけなのです。





■彼の愛情を確かめようとする

ヤキモチとは、ときに恋する女性の心を悪魔のように狂わせてしまう衝動でもあります。片思いの彼が自分に愛情を持っているのかいないのか、あなたは白黒ハッキリつけようと感情的に行動してしまうかもしれないのです。


彼への愛の告白もまだ。彼が恋人になってくれたわけでもナシ。それなのに、彼から「私のこと好きなの?」と愛情を確かめようとするなんて、相当に自分を見失っている証拠だともいえるでしょう。


無茶ぶりとも思えるワガママを言ってみたり、ライバルになりそうな他の女性のことをどう思っているのか問い詰めてみたり。好きな彼にヤキモチを妬かせようと、他の男性とこれみよがしに仲のよい様子を見せつけようとさえしてしまいます。まさに、恋は盲目。ヤキモチで理性を崩してしまった女性は、自分を見失うほど大好きな男性なのに、攻撃してしまうという自滅的な行動に身をゆだねてしまうのです。


以上のように、女性がヤキモチを妬いたときに見せてしまう行動は、すべて一方的でお相手から嫌われそうな要素ばかり。ひどく視野が狭くなってしまっていることも、明らかであるでしょう。また、一歩間違うと自分のプライドを貶めてしまうような品格に欠ける行動のオンパレードなので、感情に流されてしまわないよう十分に気をつけておきたいですね。


■ヤキモチに対する正しい対処法はなに?



ちょっとくらいなら可愛いと思ってくれる人もいますが、ほとんどの男性にとって、女性の妬くヤキモチはかなりの不評。「怖い」「重すぎる」「ドン引き」など、恋愛成就のためにプラスになるとはとても思えないシロモノなのです。


そのため、片思いの彼に愛されたいなら、正しい対処で客観的な視点へと矯正する必要があります。ヤキモチを妬いたとしても感情をコントロールできるようになれば、自分の醜い気持ちに悩まされることがなくなるでしょう。





■いつも素直に愛情を表現する

彼氏・彼女という特別な関係になれるかどうかは、まだ未知数のふたり。それなのに、肝心のあなたがヤキモチに狂って、そっけないねじれた愛情表現をしてしまうようでは、彼だって「恋人でもないのに、面倒くさい女だな」と呆れてしまうことでしょう。


そのため、ヤキモチを妬いてしまったときの対処は、《いつも素直に愛情を表現する》が正解!彼が他の女子と楽しそうに喋っていたり、美人を目で追っていたりしたとき、あなたが望むことは、決して彼にヤキモチをぶつけてふたりの関係を悪化させたいのではないでしょう。本当は、彼からの優しい愛情がたっぷりと欲しいはず。それなら、素直な愛情表現でたくさん甘えちゃいましょう。メールやLINEも可愛いスタンプやハートマークで埋めつくしたり、飛び切りの笑顔で話しかけるのです。


自分が求めているものを先に彼に与えれば、彼もきっとあなたに素直な愛情をリターンしてくれるでしょう。そうなれれば、ふたりの愛情も少しずつ深まっていくのです。客観的な視点で考えても、ヤキモチをあらわにしてムスッとしているより、笑顔で話しかけてくれるほうが男性からしても理想的ですよ。



■相手のいい所を見つけて褒めてあげる

片思いの彼が、人の気も知らずに元カノの話をしてきたり、ほかの女の子にグイグイと興味を示したりする。あなたはヤキモチに負けて、「無神経すぎる」「オンナ好き」などと、せっかく好きになった彼を悪く見てしまうようになるでしょう。


しかし、これは間違い。一旦、悪いように見てしまえば、どんどんと彼の悪い面しか見つけられなくなってしまいます。誰だって、自分を悪くしか見ない人に好意を持つことはしないでしょう。ヤキモチのせいで彼を悪く見てしまう時の正しい対処法は《相手のいい所を見つけて褒めてあげること》。


想いを寄せる彼が元カノの話をするのは、なにも考えていなくて、単に聞いて欲しいだけかもしれません。ほかの女の子に興味を示すのは、基本的に人好きだったり、シンプルに欲望に素直なだけだったりするのでしょう。


「素敵な彼女と付き合っていたんだね」「いろんな人とナチュラルに喋れて、社交的なんだね」と、プラスに捉えて彼を褒めてあげましょう。そうすれば、彼もあなたを、自分を認めてくれて安心できる女性だと、より身近に感じることができるでしょう。





■そっけない態度を取ったことを謝る

ヤキモチを妬いてしまって自分を見失いそうなときこそ、素直な愛情表現を心がけたり、相手のいい所を探して褒めてあげたりすることが大切!しかし、頭ではヤキモチへの対処法がわかっていても、好きだからこそ感情的になってしまって、彼を避けたり、ムスッとしてしまったりすることがあるでしょう。そんなときは、感情の波が落ち着いてからでも、《そっけない態度を取ってしまったことを謝る》のが正しい対処法です。


自分の愛する恋人が妬くヤキモチならまだしも、彼女でもない女性からヤキモチをあらわにされるのは、ほとんどの男性が「受け止めきれない」と負担に感じてしまうものです。そもそも、そういったマイナス感情を目にしたくないという男性も多いです。あなたに対して全く恋愛感情を抱いていない彼であれば、「いったい何なの?」と気分を害してしまうかもしれません。


そのため、明らかにヤキモチによるそっけない態度であっても、「体調が悪くて余裕がなかった」とでも説明して謝っておけばよいでしょう。謝ってくれる健気な姿勢に、彼もあなたをよりクローズアップして意識するようになってくれるでしょう。





■かってに誤解することをやめる

実は、女性のヤキモチは、ほとんどが主観的な誤解によるものといった見方も強いです。「私のヤキモチが誤解だなんて、そんなわけないでしょ!思い込んでなんかないわよ」と、憤慨されるかもしれません。


しかし、ほかの女性を目で追うのは「その女性を好きだから」なんて、彼はひと言も宣言していないはず。元カノの話をしてしまうのも、彼が「元カノに未練があるんです。心の底では復縁を狙っているんです」と、口にしたわけでもないでしょう。
未確認な事柄へのヤキモチは、多くが主観的な誤解によるものである可能性が高いです。それもこれも、女性は性質的に想像力が豊かな性であるから。


そのため、ヤキモチの対象を目にしたからといって「彼は私より、あのキレイな女性が好きなんだ。私と喋っていても楽しくないんだ」とか「きっと、元カノと復縁しようとしてるはず」など、《かってに想像して誤解しない》ようにしていきましょう。


ヤキモチに飲まれて視野が狭くなりすぎると、どんどんと誤解がヒドくなり、最終的には妄想にとりつかれるようになってしまいます。なかには、その妄想に苦しんで疲れてしまい、彼への片思いに終止符を打たざるを得ない女性も少なくはないのです。





■かわいい方法でヤキモチを妬く

男性は、恋愛したいとは思っているけれど、面倒くさいことが大嫌い。そのため、女性からのうざいヤキモチには関わりたくない、見ることすら勘弁願いたいと思っているひとが多いです。


しかし、かわいいヤキモチなら大歓迎という男性も多いもの。ヤキモチを妬いてしまって隠しきれないのなら《かわいい伝え方で対処していく》のもよいでしょう。ほんのちょっとだけスネてみたり、ほっぺたをプクッと膨らませてみたり。無言で悲しい顔をしてみたりしてもよいですね。男性に気に入られるポイントは、恨みがましい言葉を発することなく、表情だけで表現することです。


ヤキモチで感情的になっているときの女性は、どうしても口調がキツくなってしまいます。男性は、プライドが山のように高いひとが多いです。口調がキツイ女性だと、それだけで「面倒くさくて、気のキツい女だ」と、嫌がられてしまう可能性が大!


さらに、ヤキモチをネチネチとしつこく妬き続ける女性もうざがられる傾向にあります。そのため、可愛いヤキモチであっても、長々と引きずらないように、サクッと妬いて終わりにするようにしていきましょう。


「好きです」と言葉にしないまでも、ヤキモチを妬くことで、片思いの彼にはしっかりと好意が伝わります。後に引きずらないサッパリしたヤキモチなら、きっと彼の目にあなたがいじらしく映ってくれることでしょう。


■【まとめ】





ヤキモチとは、相手への好意と独占欲が生み出すマイナス感情です。そのため、ヤキモチを妬いているときは、自分でも気づかないくらいに、かなり視野が狭くなっています。
だからこそ、「自分が」ではなく、「お相手や周囲から見たら、ヤキモチやきの自分はどう見えるのか」という客観的な視点にチェンジすることが大切です。また、今はまだ恋人ではなく片思い中なので、彼を独占する権利は一切ないことも胸に刻んでおきましょう。
また、正しい対処をしてもヤキモチが止まらないというのなら、片思いの彼と恋愛に対する価値観が違いすぎるのかもしれません。


他の女性に目を奪われたりせず、仕事や趣味が忙しくても、きちんと気遣える男性も実際にはたくさんいますよ。一緒にいると苦しくなってしまう片思いの彼とは、恋の相性がよくなかったと方向転換してしまうのもよいでしょう。


ヤキモチ妬きの自分とは、一生上手に付き合っていく必要があります。ヤキモチに苦しんでばかりだと、恋愛成就どころか、自分さえもダメにしてしまうため、頑張って自分のヤキモチ感情をコントロールしていけるようになりましょうね!

ハウコレ

「心理」をもっと詳しく

「心理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ