行くも地獄、留まるも地獄! 元彼に二度フラれて気づいた「セオリー無視の復縁チャレンジ術」

10月14日(金)1時0分 messy



みなさんこんにちは、みほたんです。今回は婚活パーティーの話でもナンパの話でもありません! 実は少し前に、元彼に復縁を迫りフラれるという悲しい事件があったので、そのことについて綴らせてもらいます。

出会いのある場所に赴いていろんな男性と知り合っていても、ピンとくる人がいなくて、やっぱり別れたあの人が一番良かったのかもしれない……。なんて思い悩む人って多くないですか? え、私が囚われすぎてるだけ!?

事件勃発

連絡を一切取っていなかった元彼から電話があったのは、別れてから数カ月経った頃。また電話ってズルいですよね! LINEとかメールなら内容見て返事するか考えられるのに! しかも運悪く着信してる最中に画面を見ちゃった私……。そりゃ出てしまいますよね。深夜ですよ、深夜。何事!? って反射的にさぁ。

当然のように緊急を要する話でもなんでもなくて、他愛ない会話を交わしました。「よくもまぁあんな朝までボロボロになって別れ話した相手と、たった数カ月で普通に会話できるなぁ、こいつ……」と思いつつもにこやかに喋っちゃうんですよねぇ。それからはたまに連絡を取ったり、友達を交えて遊んだりしてるうちに、家に泊まるようになって……。典型的なズルズル関係になりました。

そうなるとね、私は結構「乙女」と書いて「メンヘラ」と読むタイプの女なので、いろいろと不安になってくるわけですよ。何気ない話でLINEが来て、それに返事して何通か続くけど、どのタイミングで返事来なくなるのかな……とか! 「近くまで来てるから家寄ってもいい?」と連絡しながらも、断られたらどうしよう、他の女が来てるかもしれないし……と内心ハラハラしたり! 割り切ってたらいいんですよ! 元彼だろうがセフレだろうが「こいつと一緒にいても不幸にしかならないから、新しくいい人見つかるまで今だけ楽しんでおくか」みたいな。残念ながらずっと好きだったんですよねー!!

こっちはやれ合コンや婚活パーティやクラブやらで、話も合わなければ顔もタイプでもない相手と山ほど喋って疲弊しきってたわけですよ。友達の少ない東京砂漠で、初対面の人から「変な婚活パーティーのレポートなんて誰が読むの」とか鼻で笑われることもある。そんな時に久々に会った自分をよく知ってる男から「面白いことやってるね」「さすがだね」とか言われたら、少々難があってもこの人が一番かも……って思っちゃうんですよ。そうなると、会っていない時でも頭は元彼のことでいっぱい! 破滅の道しか想像できないのにどうしよう!

誰かに相談しても解決なんてしない

さて、一応日々恋愛のことばかり考えて生きてきましたし、これまで人の恋愛相談に乗ることも多かったわけです。私の経験上、こういう時に人の協力をもって問題を解決しようとしてもダメなんですよ。周りに相談して「やめときなよ」って言われてもどうせやめないし! 他の男を探そうとしても、今は頭の大半を元彼が占めてるから、そうそう勝る人は見つからないし!

そこで、私のとった手段は自分の気持ちの整理です。iPhoneのメモに2スクロール分は綴りました。

OK、冷静に考えましょう。相手が了承するかしないかは置いといて、もう一度付き合った場合のメリットとデメリットを箇条書きにします。ヨリを戻した場合のメリットは“とりあえずこのモヤモヤから解放される”。最大のポイントですね。デメリットは恐らく“痛い目を見るであろう予想”と“その結果自分がメンヘラ化する”ということです。

戻さなかった場合のメリットはやはり“もっと素敵な人に出会えるかもという可能性”。デメリットは恐らく“向こう3カ月は頭を悩ませ続けるであろう”そして“相手が先に興味を失った場合自分がメンヘラ化する”という点です。

あれ? 行くも地獄、留まるも地獄じゃね? という暗雲が立ち込めましたが、ダメだったらしょうがないし、また痛い目見たらさすがに懲りるだろ! ってか痛い目見ないとわからんわ! とりあえず「ヨリ戻してくれって言おう!」という結論に達しました。

その結果が、まぁフラれたわけですが。

「このまま会ってるの辛いんだけど」って言ったら「何で?」って返されましたからね。「好きだから辛いんだよ!!」って交差点で泣きましたよ。ドラマばりに。失恋ソングを聞きながらタクシーで帰りました。

でも、言ってよかったですよ。だって言わなかったらもっと闇落ちしてたもん! 会っていても憂鬱、会っていなくても憂鬱、おかしいですよね。そんなの! すぐに結論を出したかのように書きましたが、最初はしばらくネットの知恵袋か女子キュレーションメディアばっか見てたもんね。「元彼 復縁」で検索かけまくってたもんね。

でも100人いたら100通りのパターンがあって、自分に最良の方法なんてグーグル先生は教えてくれません。「元彼から連絡が来てもすぐ返してはいけません」「体を求められてもセフレになるだけなので応じてはいけません」って言うけど、知るか! 返事するよ! セックスさせてくれよ! 好きにさせてくれ!

彼は頑張りたくない

世の中に『復縁マニュアル』なんてものは山ほどあって、私の行動はそのセオリーには従ってないし、結果うまくもいってないからデカいことは言えないですけど、言わせてくれ!

男性が昔の恋人に連絡を取る時は心の中で「あわよくば」と思っているなんてよく言いますが、実はもっと男の人って小心者で、他愛のない話に返事してくれるか、電話に出てくれるか、そもそもブロックされていたり着信拒否されていないかチェックなんじゃないかと思ってしまいます。いや、そこまで不安に思うなんてどんな酷い別れ方をして、なおかつ連絡を取ろうとしてるって、どこまでヤバい男やねんって感じですけど。でも連絡をしてみたものの、それ以上は頑張りたくないわけですよ。

だから、もし元彼から連絡が来たり、また距離が近くなったりして「ヨリ戻したいかも……」と思ったら変に画策せず言っちゃえばいいよ! 周りから「絶対ダメ」って言われるような相手でも、もう一回痛い目見たらいいし、「ここで自分から言ったら負けだ」って思っても勝ち負けとかじゃないからいいよ! 「中途半端な関係は嫌なの」とか言って距離を置いたら追って来てくれるかも……なんて妄想妄想。いくらこちらが優しくしても、相手が自発的に「やっぱりお前が一番」なんてパターンが一番ないからね! 「こいつもこの関係がいいと思ってるよな」って勝手に思われていて、罪の意識すらないかもしれませんからね。男の人は察さない、頑張らない。だから思い知らせようぜ! こっちは好きだって!

というわけで、私はこの「元彼に再びフラれた事件」のことを「断捨離」と呼んでいます。ちなみにフラれた2日後に、前からお近づきになりたいと思ってた人からデートのお誘いがあって断捨離の効果ありでした。元彼との微妙な関係に悩んでる人は蹴りつけましょう。スッキリしたらいいことあるよ!

messy

「無視」をもっと詳しく

「無視」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ