日本初のステーブルコイン「JPYC」が日本人の購買行動に革命を起こす。岡部CEOのビジョンと現代にマッチした年齢性別関係なく採用する企業の在り方

10月15日(金)19時0分 FINDERS

現在、日本の金融市場で話題を集めている前払式支払手段型日本円ステーブルコイン「JPYC」。その生みの親であるJPYC株式会社のCEOである岡部典孝氏にFINDERSがインタビューを行った。岡部氏のルーツから、JPYC発行に至るまでのアイデアとビジネスの変遷、そしてこれからの日本、若者へのメッセージまで単刀直入に聞いた——。

岡部 典孝(おかべ・のりたか)

JPYC株式会社CEO

2001年、一橋大学在学中に有限会社(現株式会社)リアルアンリアルを創業し、代表取締役、取締役CTO等を務める。 2017年、リアルワールドゲームス株式会社を共同創業。取締役CTO/CFOを経て、取締役ARUK(暗号資産)担当。 2019年JPYC株式会社を創業し、CEOを務める。 一般社団法人 ブロックチェーン推進協会理事、情報経営イノベーション専門職大学客員教授

ゲームの中での資産は現実世界でも利用できるようになると思っていた

岡部 典孝氏

ーー 岡部さんは学生時代から社会人にかけてどのような変遷を辿ったんですか?

岡部:大学に入ったら自由に時間が取れるようになったので、ゲームばっかりしていたんです。「ウルティマ オンライン」というゲームに寝食を忘れて没頭していました。ゲームの中では財産を持っていたんです。ゴールドと言われている通貨、あと不動産です。でも、それだけでは、現実の世界では食べられないです。なので、将来どうしようかなと考えていた時に、ゲームのサーバー間取引が少しずつ起こっていたんですけど、詐欺があったんです。そういうのが起こらないような仕組みをつくって運用しようと思ったのが最初の起業でした。でも、時代からちょっと早すぎて上手くいかなくて、ネットゲームを作る側とか、懸賞ポイントサイトを作ったり、ゲーム内のポイントの実装など、エンジニアとして活動していました。

ーー大学を出て、いったんは就職されたんですか?

岡部:いえ、ずっと起業です。一橋の在学中に起業して、そのまま大学をドロップアウトして、最初の会社は一応まだ残っています。ずっと自分の会社で、社長かCTOをやっていました。

ーー ゲーム内で獲得した財産がゲーム内で使われるのは分かるんですけど、仮想通貨がだいぶ広まって、現実社会でも使われるようになってきたじゃないですか。その結び目、コネクトみたいなところはどの辺から考えていたんですか?

岡部:当時、2000年ぐらいにあったものとしては、ゲーム内のコインを使って、ゲームで使えるソフトウェアを買うビジネスが出始めていたんです。ゲームに関するエコシステムだったら、ゲームの通貨で買えて日本円ではなくてゲームの世界で完結させたいというニーズがあって、ゲームのグッズとかもゲームのコインで売買するみたいなことが自然発生的に起こり始めていました。当時でも小さな国のGDPぐらいは、ゲームの中でも経済圏があったんです。20年前ですらそうなので、しかも起こり始めたばかりということで、その世界が将来もっと大きくなって現実と仮想現実の境界線が段々なくなって行くだろうということを予想していて、1社目の社名をリアルアンリアルという名前にしたんです。まさに現実と仮想現実の融合をテーマにつくった会社だったんです。実際20年経ってようやく今ぐらいまでに来まして大きな方向性としては間違っていなかったとは思っています。

—— ビットコインは2008年にスタートしたことはよく知られていますが、当時から知っていたんですか?

岡部:いや、それを知っていたら今頃お金持ちです(笑)。2013年の5年遅れぐらいで、それでも早いんですけど、ある意味別の方に行って遅れてしまったという感じです。ブロックチェーン上で初めて自分が設計したコインをつくったのが2018年です。2018年にARUKCOINというのをつくりまして、そこからブロックチェーンに行ったんです。

—— では、JPYCの前身は日本暗号資産市場という社名ですが、それに込めた意味はどういったものだったんでしょう?

岡部:暗号資産というものがどうしても投機、投資ばかりに使われていて、買い物で使えじゃないかという不満を持っていたんです。私も「ARUKCOIN」を発行してコインでクツが買えるとかお茶が飲めるという世界を夢見て作ったんですけど、なかなか買えるようにならない。色んな暗号資産で色んなものが買える世の中を作ろうと思って、楽天市場さんみたいな市場という名前が良いなと思ったので、ストレートに暗号資産での市場を作るぞという意味で日本暗号資産市場という社名にしました。

—— 日本暗号資産市場はどういうビジネスだったんですか?

岡部:色んなモノを扱っている市場に出入りして自分たちが売るものを安く買ってきて、他の人に現金、場合によっては暗号資産でお売りする、そういう仕事をしていたり、あとは市場主という競り人の資格も持っていたので段ボールとかで送られてくる中古品を競りにかけて売るというようなこともやっていました。

次ページ:コロナが転機になってブロックチェーンでコインを開発

---

コロナが転機になってブロックチェーンでコインを開発

—— 日本暗号資産市場の時期からJPYCへに流れはどういう感じだったんですか?

岡部:せっかく会社を作ったのは良いんですけど、コロナで古物市場が開けなくなったんです。中古品は物が仕入れられないと売るものがない。市場が閉まると自動的に古物商も営業停止業種に指定されましたし、商売があがったりということになったので、その間にデジタル化を進めようということで、うちの会社のブロックチェーンに詳しい人間が、DeFiと言われる分散型金融が盛り上がっていると話していたので、今だったら前払い(プリペイド)型のステーブルコインが受け入れられるかもしれないと思ったんです。

まず古物商が使えるデジタルコインを実証実験的にやってみようということで、JPYCの前身のICHIBAというコインを作りまして、それをうちの市場でも使えるようにしてみました。それがプロ向けにも関わらず意外と使っていただけて「これはいける!」と思ったんです。金融庁さんとお話ししたら一般向けにも出せそうだったのでそれで今年の1月にJPYCを出したところ晴れて大反響いただきまして今に至るという感じです。

ーー 2021年1月ってことは今から9カ月ぐらい前ですよね。暗号通貨の世界はそんなに短期間とは思えないほどの速さと濃さですよね。

岡部:毎週毎週、新しいニュースが出てどんどん新しい広がりを見せてますね。

ーー 僕も今年になって本格的にNFT、ブロックチェーンを勉強し始めたんですけど、毎日毎日状況が変わるので全然追いつきませんね(苦笑)。JPYCは世界的に言うと似たようなステーブルコインがあるんですか?

岡部:いえ、まったく日本独自だと思います。よく外国の分類で日本のJPYCは何になるんですか?と聞かれるんですけど、私ですら一言では説明しづらい。多分複数の組み合わせ型なんです。法定通貨担保型と言われて、法定通貨で100%あるから価格が安定しますよ、というステーブルコインもあるんですけど、うちは資金決済方に基づき一部の法定通貨しか担保していないですし、物に換えられるコモディティ型というものなのかな。と言えばそういう側面もあるけどそれだけではないし。最近だと外部の方が価格を安定させるためのプログラムとかを作り始めて、アルゴリズム的な要素も少し入ってきているし。組み合わせなんだと思うんです。法律的にも暗号資産ではなくてプリペイド(前払式支払手段)という違いもあるので。

—— FINDERSでも、仮想通貨、NFT、ブロックチェーンなどの記事を今年出しているんですけど、ことごとくPVが悪いんです(苦笑)。やっぱり一般の読者層にはまだちょっと遠いのかなと印象があるんですけど、ClubhouseとかTwitterなどのSNSをやっていると詳しい人がたくさんいて、ものすごい勢いでクリプト民の人口が増えています。そういう状況は今年に入ってからどう見られていますか?

岡部:そこはほぼ必然かなと思っていまして、コロナの影響で法定通貨、円でもドルでも刷り続けているので、相対的に、かと言って金の現物とか重いし、売る時に手数料も結構かかっちゃうんで、暗号資産は一定の需要は絶対あるし、伸びるんだろうな、とは思っているんです。あともう一つはDeFiと言われる分散型金融の領域が急激に去年から今年にかけて伸びたので、明らかに今まで中抜きされていて金融機関の方の給料になっていた部分を個人の皆さんが貰えるようになってきています。これは上級者向けですし、すごく難しいんだけど、リテラシーの高い人はどんどんそっちの方に流れてきているなと。当分金利差が埋まるまでは法定通貨の世界から一部が暗号資産とか、DeFiの世界に流れてくる、大きな傾向は止まりそうにないなというのは思います。

次ページ:クリエイターやジャーナリストなどのプレイヤーが儲かる世界に

---

クリエイターやジャーナリストなどのプレイヤーが儲かる世界に

—— 僕はネットメディアの編集をかれこれ15年以上やっているんですけど、命を削るようにコンテンツを作っている人たちよりも、日々何も生み出さなくても収益が上がっていく巨大プラットフォームばかりが儲かっている世界の構造がずっと続いてきた、と肌で感じてきました。でも、コンテンツクリエイターやジャーナリストなど、デジタルの作品をネットで発表する人たちの収益が全体的に上がって、アルバイトや副業をせずに本業だけで生活していける時代が来ると本気で考えています。例えば、JPYCの投げ銭機能が付いているブログサービス「HiÐΞ」は、プラットフォームが経済を支配する中央集権型ではない。クリエイター自身が収益を管理できる自立分散型の世界、いわゆる次のインターネットである、ウェブ3.0を目指しています。その辺はいかがですか?

岡部:仰る通りです。2000年頃から「投げ銭が出来たら良いね!」という話が同じような分野であったんです。銀行振り込みだと手数料高すぎて成り立たないよね、ということでほとんどのプロジェクトは上手く行かなくて、青空文庫さんのような完全無料モデルのようなことになっちゃったわけです。それをHiÐΞとかは変えようとしていて、その時の投げ銭のコインとしてJPYCが選ばれているといいうのはすごく光栄に思います。

ーー 投げ銭の先にNFTを販売するなど、大きいお金が動いて、コンテンツクリエイターやプレーヤーたちがそれだけでプロになれる世界というのはもうすぐそこに来ると思っていますか?

岡部:仰る通りで、今でも当然YouTubeなどを駆使してプロプレーヤーとして活躍されている方はいらっしゃると思うんですけど、JPYCをHiÐΞを使ったクラウドファンディングを組み合わせれば、より簡単になるとは思っています。面白い事例としてはブロックチェーンのゲーム大会の賞金をHiÐΞのクラウドファンディングで集めてそれを使ってJPYC杯という当社と関係ないJPYCが貰えるゲーム大会が開かれて入賞者の方にJPYCが配られるということがあったそうです。すごく面白いなと思うので、これでJPYC経済圏が仮に現在のPayPayみたいな状態になったとしたら、ゲームでJPYCを稼いで暮らしていけるプレーヤーさんが増えると思うんです。それは元々私も一日中ゲームをやっていた人間なのでぜひ実現してほしいなと思います。

——しかし、 PayPayやLINE Payなどは巨大な資本がバックにあるじゃないですか。一般に浸透する、いわゆるキャズムを越えるための戦略はどう考えられていますか?

岡部:基本的に今までのブロックチェーンとそれ以外のところとの違いとしては運用コストがだいぶ違うんです。裏側のサーバーを用意しないでブロックチェーンにお任せ出来るところもあって運用コストをまず下げられます。それと、パーミッションレスでつながれて加盟店契約をしなくても勝手にCtoCで送りあえる、分散型でやれる。この二つは大きな違いだろうと思っていて、費用が下がるからブロックチェーンに移すという方向性もあると思うんですね。

例えばPayPayさんがブロックチェーンに移ってくるみたいな方向性もあり得るし、もう一つはCtoC、まさにメルカリさんみたいな経済圏がブロックチェーン上で大きくなっていって、その時にJPYC、あるいは同じような技術を使ったコインが広く流通する、そういう世界になる可能性は十分ある。人間というのはコストが安い方に自然に流れていきますので。

—— アフターコロナの世界も未だ見えない状況ですし、コロナも何年続くか分からない。中長期的とも言えないですけれど、例えば5年後の世界ってどういうふうに想像されますか?

岡部:社会全体で言うと、分散型への移行は進んでいくだろうと思っています。その方が効率が良いので。一面では管理はしにくくなるんですけど、効率の良い方に世の中が流れると思っているので、分散型はもうちょっと進むかなと思っています。その時にJPYCという存在自体が今のPayPayみたいな形で社会に広く使われるようになると、分散型社会を後押し出来ると思うんです。例えば小さな仕事、記事を一個書くとかでも良いですけど、記事を納品したらJPYCが勝手に振り込まれますみたいな世界観というのが私は来るなと思っていて、そうしたら請求書も出さなくて良いし、インボイスも納税もそのまま自動化で出来るだろうし、お金のやりとりが全部記録に残っているから脱税みたいな問題も減るかもしれないし、世の中が便利になって手間が少なくなる方向に行くと思います。

次ページ:奇を衒う必要はなくて、正面突破する勇気を持とう

---

奇を衒う必要はなくて、正面突破する勇気を持とう

—— JPYCの未来と岡部さんのビジョン、最後に読者に対するメッセージを聞かせていただければと思います。

岡部:日本の話になっちゃうんですけど、学習性無力感に陥っている人が多いなと思っています。チャレンジすれば道は開かれるのにどうせダメだろうと思って挑戦しないという、そういうお国柄になっているのを個人的に憂いていて。私は正面突破するのが好きなんです。誰もやらないことを正面から行ったらドアが開いていたみたいなことってあるので、そういう発想で必ずしも奇を衒う必要はなくて、意外に正面突破してみると道は開けるよと伝えたい。まさにJPYCは正面突破したんです。堂々と金融庁へ正面からノックして、「これで行けますよね?」と突破したので。まだ空いている道はたくさんあるぞって。私が一本開けたと思うんですけど、皆さん、そういう形で正面突破出来る道はまだまだ実はたくさんあると思います。正面突破してもらえると日本はまだまだ良くなると思っています。

岡部氏へのインタビュー後、学生でありながらJPYCの社員として働くスタッフにも話を聞くことができた。JPYCという会社を覗くことで、才能と行動力があれば年齢や性別など関係なく採用して「社員が働くのが楽しい!」と正直に言える、21世紀の組織の姿が見えてくる。

財務総務部 坪田実那美氏

今は大学2年生です。1月にWantedlyからスカウトを受けて面接で即決採用されました。最初はインターンだったんですけど5月の頭から時短正社員になって、親には猛反対されたんですけど、CEOの岡部さんが親と密に連絡をとってくれて(笑)。4カ月くらい説得期間があって受け入れてくれました。今、会計士試験の勉強をしていて、就職は、JPYCを一度離れて、修行期間を経て、また戻ってこようと思っています。高校の時に金融経済を勉强していて、高校の金融経済のクイズ大会で優勝した経験がありました。なので財務は見れるんですが、他のところは一から勉强しました。

広報支援部長 茂木麻琴氏

人事的なところで、採用周りとか、福利厚生を整えております。採用は、リファラル採用(紹介)が多いです。この会社には、1年くらいですが、入った当時はカメラマンをしていました(笑)。ずっとブランド品を撮っていました。その後、採用記事を書くことになり、そこから採用をまるっと任せられることになりました。大学では、理学部の物理学科でまったく関係ないことをしています。私は、就職でもこの会社に残る気でいます(笑)。仕事は楽しいです!

実行部 広瀬楽人氏

コミュニティの運営、イベントの企画・運営、マーケティングや映像編集、数値解析などを行っています。16歳、高校一年生です。今年の5月からアルバイトとして働いていましたが、今は時短正社員です。僕は知り合い経由でJPYCを紹介してもらいました。他にも2社で働いていて1社は代表取締役です。高一で学校と合わせて4つやってることになりますね(笑)。部活はやっていません。会社が部活みたいなものですので(笑)。仕事は楽しいです。でも、自分のやりたいことはブレないように日々がんばっています。仕事で身に付けたことが、私生活でも応用できるようになったことは大きいです。


FINDERS

「CEO」をもっと詳しく

「CEO」のニュース

「CEO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ