誘う、吸い込まれる。男子が「あ、この子にキスしたい」って突き動かされる瞬間

10月15日(火)9時0分 ハウコレ



どうも、あかりです。


「好きな人にキスされたい」
こう思ったとき、例えば「彼女 キスしたくなる瞬間」なんてググって見たりすると「笑顔がかわいいとき」「二人きりになったとき」「寝顔を見たとき」など、「まあ、たしかにそうかもしれないけど、イマイチぴんと来ないなぁ」と思うアンサーたちばかりが並びます。


「キスされたい」って、女子にとっては重大な問題なのに、こんなチープでリアリティのないアドバイスしかないのは残念。「じゃあ、どうすれば?」というのがなかなか浮かんでこないし。


ということで今回は、”ちゃんと”彼に「あ、キスをしたい」って思わせられるようなそういうアイデアをご紹介してみたいと思います。ちゃんと、彼のキスの回数が増えるような、ね。


■■「やっと」二人きり

冒頭でも紹介しましたが、「二人きりになったとき」に男子が女子にキスしたくなる、というのは少し説明不足な気がします。もう少しかみ砕いて、そして、実践的に解説するなら、「二人きりの時間が貴重なとき」ということになると思います。「二人きり」というのが前提で、かつ、その時間が貴重である場合。この2つの条件が満たされて初めて、男子は「キスしたい」と強く感じる。


例えば典型的なエレベーターの中でのチュー。これはお外のデートで、二人きりになれる時間があまりなくて、エレベーターに乗った瞬間に、やっとそれが叶ったというシチュエーション。つまり、二人きりの時間が貴重なとき、にパチッとはまっているわけです。
反対に、お家デートで一日中二人きりというときには、あまりそれが貴重ではないので、キスはそこまでは連発されませんね。


だから、エレベーターに限らず、街を歩いていて一瞬人が少なくなったタイミングや、店内を階段やエスカレーターで移動していて周りから死角になったときなど、そういう「やっと二人きりになれたね」という瞬間を狙って、無言で彼を見つめて促す、といったことがキスを呼び込む有効な方法だと思います。


■■「前例アリ」ならキスを待とう

彼氏の心の中をそのまま読み取ることはできませんから、「彼がいつキスしたいと感じるか」は推測するしかありません。けど、かなり精度の高い推測ができるのは、「前、キスをされたことがあるシチュエーション」です。
そういうタイミングは、彼にとっても「キスしたくなる瞬間」である可能性が高いので、前回だけじゃなくて今回も、同じように感じている可能性がやっぱり高い。


お泊りのときにおやすみのチューをくれたなら、今度のお泊りでも、ベッドに入って電気を消すとき「ねえ、またキスして」と心の中でつぶやきながら彼を見つめてみましょう。


■■実はロマンティック

男子は、性に合わずロマンティックで、ドラマや小説などで登場人物たちがテッパンにキスをするような場面では、欠かさずにキスをしたくなる生き物です。


こういう「見たものに影響されやすい」のは彼らの習性で、AVを見て、それをそのまま彼女とのエッチに取り入れようとするのと同じこと。「ドラマで主人公がここでキスしてたな」と頭に思い浮かぶと、「俺もしてみよう。きっとここでキスするのが『イイ男』なんだ」とつい実践してみたくなる。


人気のない公園や、夜景のきれいな場所、イルミネーションの見えるところ、密室で二人きり、タクシーの中・・・・・・など、いわゆる典型的に「ロマンティック」なシチュエーションは、単純に「キスしたい」を感じやすい場面です。


■■圧倒的に終盤が多い

今までのデート、それからそこで彼としたキスを思い返してみると、デートの序盤よりも、終盤のほうが圧倒的にキスが多いことに気がつくはずです。


デートが終わりに近づくにつれて、バイバイをしなくちゃいけないさみしさがキスの衝動を強めているということがわかります。まさに駅の改札で「じゃあね」する瞬間にもキスをするカップルが多いことも、この表われですね。


なので、そろそろお別れの時間が視線の隅にちらつき始めたころから、これまでに紹介した「やっと二人きり」のシチュエーションや、「前例アリ」のシチュエーション、それから、「ロマンティック」なシチュエーションを増やしていくことで、たくさん彼からのキスが降り注いでくるようになるはずです。


■■おわりに

「男子が彼女にキスしたくなる瞬間」を少し真面目に、掘り下げながら考えてみましたが、こういう場面場面でのアプローチよりも、「キスをしたときの彼女がかわいい」ということが、大前提として重要です。「キスをするとかわいいから」というのが、今後彼が彼女にキスをしたくなる一番強い動機になるはずだからです。


なので、こういう雰囲気づくりだけじゃなくて、キスをされた後、ドキドキした目で彼を見つめる、キスされながら彼の手に軽く触れるといったキスに対するかわいいリアクションも身につけておいてほしいです。(遣水あかり/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「キス」をもっと詳しく

「キス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ