いい女といい男の条件から見る、いいカップルの定義はコ・レ・ダ!

10月15日(火)23時0分 ハウコレ



「いい女・いい男」という表現がありますけど、何がいい女で何がいい男なのか、いまいちはっきりしないですよね。


ぼんやりといい女、いい男と思っていても、定義が曖昧だと自分の行動に取り入れにくいものですが、具体的な指標にすることでそれが目指しやすくなります。


僕は仕事がら、いい女とは?いい男とは?をよく考えるので、自分への戒めの思いも含めて「いい女といい男の定義」をハウコレ読者の皆さんにも共有したいと思います。


あなたはいい女?それともそうじゃない女?


■いい女はNOが言える、いい男はYESを強要しない

いい女は「自己主張のはっきりしている人」が多いです。決してワガママであるということではなく、簡単に周囲の意見に流されないということ。


彼の好みに自分を合わせようとして自分の性格を殺してしまい、突然の「今日会える?」という無茶ブリにも、好かれたいからという理由で無理して会いに行ってしまう。


そんな女性はどちらかというと「都合のいい女」だと言えます。


逆に、いい男であれば「彼女の個性を殺してまで自分好みに染め上げよう」なんて微塵も思わないですし、彼女の恋心を利用して自分の欲求を満たそうとしないものです。


相手の価値観を大事にし、女性がNOとハッキリ言える安心感を与えられる男こそ、いい男だと僕は思います。


言い換えれば、いい男は「ハッキリしない女」が大嫌いですし、いい女は「無理やりハッキリさせようとする男」が大嫌いです。


■いい女は会えなくても寂しくないし、いい男は忙しさを言い訳にしない

男女のすれ違いあるあるナンバーワンとも言える「会えない」問題ですが、個人的には「会えなくて寂しい」と思う女性も、「忙しくて会えない」と言う男性も、どっこいどっこいでお似合いのカップルだなと思います。


なぜなら「どちらも自己都合を優先している」から。相手の気持ち、相手の都合を考えない自己中心的な考えに甘え、「私(俺)の気持ちもわかってよ」と、言葉を尽くす努力を放棄している人たちです。


いい女は寂しさを紛らわすために男を必要としないですし、いい男は仕事ができるので「忙しくて会えない」なんていう状況をそもそも作りません。


お互いが自立し、お互いが相手の生活を尊重している(結婚していたとしても)からこそ、会えた時の時間を最大限充実させたものにできるんです。


■いい女は恋愛「以外」も充実しており、いい男は仕事「以外」も充実している

こういうと女性を敵に回してしまいそうですけど、恋愛に悩んでいる女性に限って、恋愛「以外」に真剣になれるものを持っていないんですよね。


だからいつも頭の中は「恋愛」のことばかり。彼氏がいなければ「出会いが!」と叫び、周囲が結婚すれば「幸せが!」と叫ぶ。恋愛に人生を振り回されているんです。


いい女は恋愛を「人生を豊かにするオプションのうちの一個」ぐらいにしか思っていません。


恋愛なんてなくても幸せ、あったらあったでそれはそれで幸せ。そんなスタンスの人の方が、得てしていい恋愛をするものです。


一方の男性の方は、恋愛はおざなりにして仕事だけに精を出している人も多く見受けられます。


「仕事に生きる男」というと聞こえはいいですが、裏をひっくり返すと、家庭を省みず不倫と浮気にまみれたボロボロのプライベートを送っている人がゴロゴロいます。(特に経営者や著名人に多い)


経済的な成功は必ずしも人生全体としての成功には繋がりません。仕事以外を犠牲にして仕事を充実させても無能の証明にしかなりません。


いい男は、仕事も彼女も妻も子どもも、そして自分自身も全部大切にできる男です。


■いい女といい男が出会えば、当然いいカップルの出来上がり

以上のことをまとめると、いいカップルの定義も自然と浮かび上がってきます。


・お互いが自立し自分を大切にしているからこそ、お互いが相手を尊重し大切にできる、それがいいカップル。


・会っている時しかラブラブになれないのではなく、会えていない時にこそラブラブになれるのがいいカップル。


・2人の恋愛も大事にしながら、2人の恋愛以外も全部大事にできるのがいいカップル。


さて、あなたの彼はいい男でしたでしょうか?また、あなたはいい女でしたでしょうか?どちらもYESなら、きっとこの「いいカップル」の定義に当てはまってるはず。


もしどちらか、あるいはどちらもNOだったとしても落ち込む必要はありません。もしあなたがいい女になれる素質があるなら、今この瞬間から変わっていけるはずですからね(川口美樹/ライター)


(ハウコレ編集部)


ハウコレ

「条件」をもっと詳しく

「条件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ